2016年 12月 08日
キリスト教回りの品。


そうそう、年末年初の休暇のお知らせを。

年末は29日(木)まで、営業いたします。
年始は6日(金)からの営業となります。



本日は久しぶりに、朝からヨガ。
中央線から、富士山が望めました。
冬は空気が澄むので、晴れると見える日が多いですね。



お品紹介はこちら。
クリスマスに向けた小物を2個。

e0111789_17534468.jpg


左上のものは、初めて眼についたもの。
聖油を入れた容器だと聞きました。

十字架のついた蓋が印象的です。
e0111789_17540620.jpg
e0111789_17541194.jpg
e0111789_17541535.jpg
e0111789_17542240.jpg
e0111789_17541948.jpg
素材はシルバープレート。

2つ連なっているのは1個だけ、見かけたもの。
1個だけのはよくあるようです。

O.S とS.Cの明記があります。





天使のついた十字架。
プラスチック製のこのタイプのもの、オランダでよく見かけます。

妙に高く扱っているディーラーもいますが、
これはリーズナブルに見つけました。
子供用に、と言ってたような。


e0111789_17542928.jpg
e0111789_17543513.jpg
e0111789_17544541.jpg
e0111789_17545058.jpg


聖油入れ 高さ5.8cm 幅6.8cm (Sold)
十字架  15.5cm x 5cm  ¥3,800


クリスマスのプレゼントにでも。






# by muntkidy | 2016-12-08 12:00 | Comments(0)
2016年 12月 07日
ドアロック


1996年の12月6日に福岡で開店したアンタイディーは
東京に移転し、場所を変えながらも、20周年を迎え、
21年めの日々が始まりました。

長年のいろんな場所での皆さまのご愛顧のおかげと、感謝いたします。
どうもありがとうございます。

これからもコツコツ、モノさがし、モノ紹介と続けていきたいと思いますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。




さて、本日はコチラ。

アフリカ、バンバラ族のドアロック。
穀物倉庫の鍵、というか、錠前にあたります。


世界の他に地域に置いてもそうですが、
動物など、吉祥の彫刻を施してあることが多く
富を守るための、縁起のものです。

これは抽象的に、シンボリックになっているほうだと思います。
(2つの突起が、人だったり、動物だったりすることが多いのですが。)



e0111789_10202664.jpg
e0111789_10203569.jpg
e0111789_10203787.jpg
e0111789_10203108.jpg


いい彫刻のもの、ほとんど見かけなくなりました。
これは木味もよく、古手です。


小さめなので、場所を選びません。



高さ27cm 幅20.5cm (Sold)










# by muntkidy | 2016-12-07 12:00 | Comments(0)
2016年 12月 06日
サフランの観察


火曜日、定休日となっております。

本日は、お品とは関係ない写真。


いただいたサフランの球根の変化をずらりとどうぞ。

無精の私にピッタリの、水もいらない、放置してるだけで、
こんなに楽しませていただきました。

インスタに載せてきた写真ですが、1度にどうぞ。


花は計5個咲いた模様。
今はこんな、花はしおれ、青い茎のようなものが出てきています。

これからどうしたらよいのかしらん。

e0111789_11195796.jpg
e0111789_17310240.jpg
e0111789_17310620.jpg
e0111789_17311179.jpg
e0111789_17311656.jpg
e0111789_11200271.jpg
e0111789_17312077.jpg
e0111789_17312485.jpg




実は本日アンタイディーは、20周年を迎えたのであります。

悲しいかな、なんの展示会も企画できず、20周年本も作れず、
静かにしておくことに決め込んだ次第。



20年のご愛顧、皆さま、ありがとうございます。


あらためて、明日にでも、ご挨拶。
今日はこれぐらい。













# by muntkidy | 2016-12-06 12:00 | Comments(4)
2016年 12月 05日
襞のある皿 2点


本日は月曜日、定休日となっております。



通常通りにお品の紹介といたします。


縁がうねうね、東西から、襞のある皿・浅鉢と、どうぞ。


e0111789_16521327.jpg


右は、ルクセンブルグのクリームウェア。
19世紀前半のもの。

マイナーな国、ルクセンブルグですが、
こんな皿もあるんですね。
どんな国なんだろう。
見たことのない柄が新鮮でした。

貴族的な瀟洒な皿だという印象だったのがー

e0111789_16523206.jpg
e0111789_16522462.jpg
e0111789_16522918.jpg


この柄を見て、パンクだと言った人が二人もいて、驚いた次第。
えっ、なんでやねん!と思って、聞くと、
鉄条網に見えるそうです。。

エレガントな鉄条網 !

不思議なイメージのお皿らしいです。
ほんま? 私にはそうは見えないが。

e0111789_16535307.jpg
e0111789_16535744.jpg
e0111789_16540052.jpg


左は御深井。
このサイズのは、見つけるのムズカシイにで、うれしかった品。

深すぎない高さで、とても使いやすいと思う。いい大きさです。

e0111789_17001607.jpg
e0111789_17002952.jpg
e0111789_17003349.jpg
e0111789_17003769.jpg
e0111789_17004393.jpg

後ろ姿もいい雰囲気を醸し出していますね。

小皿はあっても、この大きさ、もうなかなか見つからない。
出会えて、うれしかった品です。




洋皿  直径23.5cm 高さ2.8cm (Sold)
御深井 直径20.2cm 高さ5.2cm (Sold)







# by muntkidy | 2016-12-05 12:00 | Comments(0)
2016年 12月 04日
タパの新しい柄


ピグミー、mbuti族のタパ、
今までは線描タイプのものばかりの紹介だったが、
今回、初めて柄を見つけた。

こんなのもあるんだ〜と、発見の品。

大きさも細長です。

壁に飾った写真から。

e0111789_11023069.jpg



幅のないスペースに飾れる品。

e0111789_11023707.jpg
e0111789_11024215.jpg
e0111789_11024753.jpg



クバの刺繍布もそうだが、
アフリカの染織の柄って、ずう〜っと見てると見え方が変わってきて、
面白さが増すように思う。
単調なようで、単調じゃない変化があるから、
見ていて、発見があるのですね。
これもそうです。



幅27cm 長さ135cm ¥20,000









# by muntkidy | 2016-12-04 12:00 | Comments(0)