2011年 01月 31日
ヤオ族の民画


お知らせをまず。まだ、知らない人がほとんどかな。

2月から毎土曜日に、青山の骨董通りにて、小さな骨董市が開かれます。
(実は裏通り、まずは、ほんの小さなマーケットです。)
アンタイディー、以前は青山界隈だったものですから、
それは是非に参加ということで、出店いたします。

毎週はムリでありますから、週替わりの出店者となる模様です。

アンタイディーは第1土曜日の初っぱなな予定でありましたが、
都合により、2月12日の第2土曜日。
その次からは第1土曜日で、3月5日、4月2日となります。

国連大学前のファーマーズマーケット、立ち寄りついでに、
是非。骨董通りまで。
場所はアニエスベーの斜め前、小原会館隣ビルの裏側であります。
西荻まで、足を運ぶのが面倒な皆さま方、
ぜひ、2月12日の骨董通りマーケットまで、おいで下さいませ。
詳細はまた後日お知らせいたします。



さて、全国の皆さま方には、このブログでございますよん。

本日は民画。
オバカな絵を堪能してもらいましょう。

e0111789_10445478.jpg


中国南部、東南アジア北部の山岳地帯に住むヤオ族のもの。
シャーマンの家に飾られる絵です。
これはラオス側に住んでるヤオ族のものらしい。全体はこう。

e0111789_10462471.jpg


馬と龍にのったシャーマン、願い事の書かれた手紙を天に届けるところ
といった絵柄でありますか。アップ目を。

e0111789_1048471.jpg

e0111789_10481723.jpg


裏はこう。
e0111789_10491619.jpg


中華系の民族でありますから、漢字が書かれています。
もっと、中華チックな柄が多い中、
これは、その程度は薄まっています。(だから買ったのだけど)

素朴な民画、龍の表情、オレンジの彩り、参りました。



ヤオ族って、けっこうこんなフォークアートの宝庫なのであります。
なるべく中国っぽくないやつ、もうひとつ、見つけました。

e0111789_10524665.jpg

e0111789_1053980.jpg

e0111789_10532069.jpg


木彫りの版、これもシャーマンの使うもの。
天 / 神さまに贈るお金の版なのでありますが、
これはあまりにふざけています。彫師の遊び心で作られたものかもしれない。
もっとぴしっとした紙幣版が多いのです。
版で押したお金を燃やし、天に届けるという儀式があるらしいのですな。

それにしてもカワイイ!
馬をつれたシャーマン、もう一方は、飛翔する天馬ですか。


民画 44cm × 19cm (売約済)
木彫 11cm × 5.5cm 厚み1cm (売約済)

by muntkidy | 2011-01-31 11:08 | Comments(0)


<< ビルマの白釉      珍しいピッチャー 2点 >>