2014年 02月 20日
ガラス ジャー
今日はコチラ。


ベルギーにて、ドライミント入りの蓋付きガラスジャーだったもの。

中身を開け、蓋も取ってみると、
春先の花瓶にピッタリになりました。

e0111789_10353523.jpg


細身で、花が映えると思う。

どちらも中身を取り出しました。

e0111789_1040519.jpg

e0111789_10403563.jpg

e0111789_10411114.jpg



吹きガラスなので、微妙に形が違います。
2つの違いは左のほうが首が長く、少し太め、全体の高さが高くなっています。

e0111789_10425978.jpg

e0111789_10431335.jpg

e0111789_10432421.jpg




蓋を置いてみると、保存容器としても使えるね。(密閉はできない)
e0111789_1041311.jpg


蓋の感じもよろしい。
e0111789_10421014.jpg

左の瓶の蓋(こちらが、緑が強い)
e0111789_10512583.jpg

右の瓶の蓋
e0111789_10423723.jpg


中身はこんなにはいってました。(これが1瓶の量)
e0111789_1044638.jpg


ご希望の方には、このドライミントもおつけします。



ベルギー 19世紀末


左  ガラス単体の高さ22.5cm 口径8.7cm 底径10cm 蓋の直径9.7cm  (売約済) 
右  ガラス単体の高さ21.8cm 口径8.5cm 底径10cm 蓋の直径9.2cm (売約済) ありがとうございました。

   

by muntkidy | 2014-02-20 11:28 | Comments(0)


<< 2つの曲げわっぱ      コンド族のシカ >>