2016年 06月 08日
デルフトブルーのタイル


instagaram 始めています。 ブログと合わせてどうぞ、



オランダの骨董屋に行くと、ものすごい量のデルフトブルーのタイルがあるので、
ほとんど眼はスルーしていたのだけど、
この前の仕入の時、ふと眼にとまった1枚。


17世紀も前半のタイル。
1620年ほどに中国の染付磁器がオランダに輸入されてきて以来、
それをまねて作られるようになったというブルータイル。
その当初のタイプです。

丸枠に、その外の文様など、中国染付磁器から来てるものです。


e0111789_10502897.jpg

e0111789_10504291.jpg


線のタッチが素朴て、のびやか。
いい絵付けだと思う。
e0111789_1050555.jpg

あまり状態よしとは言えませんが、
でも、このキズも時代の変遷を醸し出す雰囲気を与えていると思えます。

e0111789_105221100.jpg

前ヨーロッパでもってた人の手作りかな、
壁掛け飾り用のワイヤーも錆びてて、味がありますな。





13.3cm x 13.4cm  厚み1.8cm (Sold)






.

by muntkidy | 2016-06-08 12:00 | Comments(0)


<< European MINGEI      近所の紫陽花 >>