2016年 06月 10日
超薄の白磁


本日は涼やかに行きましょう。
コチラ、2点。


e0111789_10265175.jpg

横から見た姿はグレーバックの写真より、
店内のガラス棚で撮ったほうが綺麗に見えるので。
e0111789_11275281.jpg



右は古伊万里。
ころ茶碗の形ですが、
とつても、薄くて繊細な器胎です。

e0111789_11281375.jpg

e0111789_10274428.jpg

e0111789_1027561.jpg

ゆがみも個性。
それにも増して、見込みの風情がいいのです。
降りものと、回りのうっすらと釉が厚めになってブルーっぽい感じの部分。
e0111789_10291626.jpg

残念ですが、にゅうが2本。
e0111789_10293891.jpg

e0111789_10295189.jpg

e0111789_1030473.jpg


江戸中期ぐらいはあるのかな。




小さいほうは、中国ですか。
すみません。時代よくわかりません。
e0111789_10311121.jpg

ポイントはココ。
e0111789_10313562.jpg

e0111789_10315046.jpg

e0111789_1032089.jpg

e0111789_1032116.jpg


手軽に日々の盃として使っていただきたい。


どちらも、なかなかいいフォルムと、質感。


伊万里   直径8.5~9cm  高さ5.5cm (Sold)
中国   直径 7.6cm  高さ 4.2cm  (Sold)

by muntkidy | 2016-06-10 12:00 | Comments(1)
Commented at 2016-06-11 09:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 錆びたワイヤーバスケ      European MINGEI >>