2016年 06月 25日
面白い取り合わせ
本日は都合により、臨時休業となっております。


ブログはいつもどおりの更新です。
本日はコチラ。


フランス、ファイアンスの珍しい柄付きの皿と、日本の器を合わせてみた。

意外に相性がいいように思う。
色調があっているのだ。肌の感じも悪くない。

e0111789_14551915.jpg


フランスの、多分ヌベールと思われる皿、
柄の感じがこんなの初めてです。

古手の18世紀のもので、白の肌もしっとりと落ち着いています。
e0111789_1457433.jpg

e0111789_14575389.jpg

e0111789_1458464.jpg

e0111789_14582286.jpg

e0111789_1458365.jpg

e0111789_14584811.jpg



日本のどこの窯かは不明だが、(越前あたりかな〜よくわからない)
焼締のおろし小鉢。

e0111789_150121.jpg

e0111789_1503373.jpg

e0111789_14595867.jpg

e0111789_1504717.jpg

e0111789_151095.jpg


神経質じゃない、おおらかな作りで、
今の時期だと、枝豆なんか盛るのに最適なのでは。


なんだかこの2枚、取り合わせの妙かと思っています。

e0111789_1525051.jpg




フランスの大皿、古さあるのに、とてもリーズナブルなお値段での提供となります。

直径 30.5cm 高さ 5.5cm   (Sold)
焼締おろし小鉢 直径14cm 高さ6cm ¥4,800





.

by muntkidy | 2016-06-25 12:00 | Comments(0)


<< チベットより。      インドの古箱 >>