2016年 06月 26日
チベットより。

昨日は親族だけの挙式と披露宴、こじんまりとした静かないい結婚式でした。
(私は初めての、なんちゃってチャペルの式でしたよ)


お知らせです。

7月の大江戸骨董市は、第1日曜の出店となります。
3日に出店です。第3日曜は仕入れでいないのだ。


本日手に入れた品を早速紹介しよう。

渋い品2点。

e0111789_10394934.jpg


まず、スプーンから。

真っ黒なパティーナが渋い薬用の匙。

チベットで使われていたものらしいが、作られた場所ははっきりしない。
鉄製です。

e0111789_10425027.jpg

e0111789_1043289.jpg

e0111789_10431633.jpg

e0111789_10432923.jpg


アジアのこういった品は、時代によっての、作りの違いがない、(あまり調べられていない?)ので、
○○世紀とはっきりとは言えないのですが、
コレ、結構古いと思います。

なかなかの存在感のある小品。小さきながら、の品であります。


焼物のほう。

これもチベットからやってきているそうだけど、
中国のものでしょう。(チベットも今は中国ですが)

魅力的な釉色で、焼物好きをくすぐります。

緑にぶれた、灰釉ですか。
渋いな〜とつい見てしまいます。

e0111789_10541676.jpg

e0111789_10542747.jpg

e0111789_10544477.jpg

e0111789_10551598.jpg


平盃にならないことはないけれど。どうですかの。

ちょっとがたつきます。


2品一緒に。
e0111789_10562985.jpg




匙  長さ 8cm  幅 3cm    (Sold)
皿  直径 7.8cm  高さ 2.5cm  (Sold)

by muntkidy | 2016-06-26 12:00 | Comments(0)


<< 四角いレシュフリット      面白い取り合わせ >>