2016年 07月 06日
ダッチマヨリカの陶片
●12日(火)〜19日(火)まで、仕入のために、お休みとなります。


日本の骨董好きは陶片も愛でる方、多いですよね。
ダッチマヨリカの陶片が入荷しました。

イタリアの錫釉陶器(多色の色絵が多い)を指すマヨリカですが、
それが伝わり、オランダでも、その後有名になるデルフト陶が焼かれる前に、
焼かれていたものです。
日本で出土しているオランダ陶器は、多くがこのダッチマヨリカみたいですね。

これはオランダから来ています。

e0111789_1045196.jpg

e0111789_10452924.jpg


1個づつ。

小さいの。これが古く1620年ごろだと。
あとの2つは1650年ぐらいだそうです。


e0111789_10533538.jpg

e0111789_10534727.jpg



こちらは黄色がありませんが、
使うには大きさもあり、1番。
e0111789_1054292.jpg

e0111789_1054423.jpg



2つを継いであるもの。
e0111789_1055353.jpg

e0111789_10551556.jpg



完ピンだとあれば、めちゃ高なんでしょうが、
大きい大作が多いだろうから、
日本では、陶片のほうが、手元で愛でやすい気がしてます。


小  約10cm x 7.7cm(Sold)
丸  約13cm x 14cm(Sold)
継ぎ 約16cm x 14cm (Sold)

by muntkidy | 2016-07-06 12:00 | Comments(2)
Commented by desire_san at 2016-08-28 12:39
こんにちは。
デルフト陶器が焼かれる前に焼かれていたダッチマヨリカの陶片の貴重な写真をありがとうございます。デルフト陶器とは一味違った美しさがありますね。デルフト陶器に通ずる美意識も感じました。

私はデルフト陶器について写真とともにレポートしてみましたので、是非覗いてみてください、ご感想などコメントいだけると大変うれしいです、
Commented by muntkidy at 2016-08-28 13:26
desire_san さま
コメントありがとうございました。
じっくり読ませていただきますね。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


<< 驚きの足輪      ある夜 >>