2016年 07月 08日
フレンチ民藝の皿 2点


●12日(火)〜19日(火)まで、仕入のために、お休みとなります。


今日紹介のような
ぼてっとしたタイプのキュノワールの皿は、
民藝の器でもあり、かつ適度に泥くささも抑えられていて、
私の好きなタイプの焼物です。
石皿のヨーロッパ版のイメージ。


それに加え、茶釉のお皿も見つけました。
茶釉のお皿とキュノワのお皿。



e0111789_1785693.jpg


大きさもそこそこ、大きすぎず、使いやすいと思います。

茶色のほう。

e0111789_1794493.jpg

e0111789_179562.jpg

e0111789_17101381.jpg

e0111789_17102744.jpg

e0111789_17104138.jpg



キュノワールのほうは、ホント、いいサイズです。直径25.5cm。

e0111789_1711372.jpg

e0111789_17115210.jpg

e0111789_1712465.jpg

e0111789_17121552.jpg

e0111789_17122712.jpg



どちらもぼてっと、厚めで、素朴。
味わいも汚れ過ぎず、ちょうどいいと思っています。


レアさは茶釉のほう。
見込みに釉剥げがありますが、そう気になりません。



茶釉   直径 28.5cm  高さ 5.8cm  ¥25,000
キュノワ  直径 25.7cm  高さ 5.8cm ¥25,000





.


by muntkidy | 2016-07-08 12:00 | Comments(0)


<< ワインクーラーに      驚きの足輪 >>