2016年 07月 23日
稚拙な彫り


今日は昨日と一転、プリミティブなもの、行ってみます。

インスタ(クリックしてみて下さい)で、写真のみ、UPしていたもの。



エチオピアの枕はよく紹介している品なので、
何かしらの新奇さがないと、もうそれほど触手は伸びないのですが、
これは違いました。


綺麗でもないフォルムに、稚拙な彫り。
でも、いいんだよな、これが。


美しいフォルム、といったような表層のものではない、
人間の作るものの、根源的な暖かさ、というか、
何といって表現していいのか、わからないのですが、
何か、ぐっとくるものをもっているな〜と、思っています。
単に "味がよい"、でもない、何か。

e0111789_11382811.jpg

e0111789_11521243.jpg

e0111789_113839100.jpg

e0111789_11441692.jpg

e0111789_11524766.jpg

e0111789_11443380.jpg

e0111789_1144592.jpg

e0111789_1145944.jpg

e0111789_11452166.jpg


実際、見たほうがヨシです。

見てると、どんどんよくなってくる。

これこそ、フォークアートだと思っています。




高さ16.5cm  巾14cm  (Sold)



.

by muntkidy | 2016-07-23 12:00 | Comments(2)
Commented by yonpiru at 2016-07-23 22:28 x
「実物を見てみたいなあ」と思いました。
人間の作るものの、根源的な暖かさ←これとってもいい文ですね。本当に根源的な温かさに触れてみたい。たくさんあるはずだから。何だかこの頃機械的なおよそ人間からかけ離れたものばかりが増えているような気がして滅入ります。
Commented by muntkidy at 2016-07-24 10:15
yonpiru さま
コメントありがとうございます。
うすっぺらいものが増えてる中、残していきたいものはあるはずで。そんなものを大事にしたいです。


<< 裂織りのラグ      ガラスのプレート >>