2016年 07月 31日
ガラスの徳利と盃
●夏休みは、12日(金)~16日(火) とさせていただきます。

●21日(日) は大江戸骨董市に出店いたします。


やっと都知事選、投票をすませてきた。
いつもは期日前投票なのだけど、
今回は、投票日まで、どうしたもんかと、迷いに迷い、
熟考の上、でも、結局のところ、
K都知事にならぬようにとの最初の考えにおちつきました。。
やっぱり、右寄りになったらいけないんだもんな。

東京都の皆さま、本日の午後8時までですので、お忘れなく。



さて、今日も暑い。
またガラスもので行くことにする。

今回は古いガラス。

e0111789_10104289.jpg


ぐい呑みにできる、ガラスの盃は、ドイツ、森林ガラス。
時代は1700年前後との説明だったが、
18世紀の前半ぐらいだろう。

ぐい呑みのフォルムは超珍しである。
レーマー盃はあっても、この感じはあまり見つからないと思う。

e0111789_10155658.jpg

e0111789_10161130.jpg

e0111789_10162354.jpg

e0111789_10163681.jpg

e0111789_10165615.jpg

e0111789_1017922.jpg

e0111789_10172549.jpg

e0111789_1018434.jpg


少々のうっすらとした銀化、あります。
フォルムのゆがみが面白いとこ。
やはり、質感がなんとも言えない古い硝子であります。





徳利のほうは、スウェーデンの19世紀のもの。

端正なフォルムが、自然で、美しいと思います。
胴の膨らみがいいんですよ。

e0111789_1020548.jpg

e0111789_1021697.jpg

e0111789_10212092.jpg

e0111789_10213333.jpg

e0111789_10215197.jpg

細かい気泡がいっぱり。
e0111789_10221025.jpg


なみなみに入れて、ちょうど3合。
首の下のあたりで、2合。
冷酒、いかがでしょうか。


もちろん、一輪挿しにもいいと思っています。



盃    口径 4.5cm  高さ 4.5cm (Sold)
徳利  胴径 約12cm 高さ 16.5cm (Sold)






.

by muntkidy | 2016-07-31 12:00 | Comments(0)


<< 木皿とカトラリー      ヴァーゲンフェルドのティーセット >>