2016年 08月 04日
2種のマグカップ
●明日、金曜は骨董ジャンボリーに行ってきますので、
遅い開店となります。午後4ぐらいかな。

●夏休みは、12日(金)~16日(火) とさせていただきます。

●21日(日) は大江戸骨董市に出店いたします。


まだ硝子ものがあるので、
早いうちに紹介しないと。

特大のガラス ビアジョッキと、黒釉のマグカップ。

e0111789_954275.jpg


ガラスのほうから。涼しげに。

うん、実にデカイ。1リットルははいる(上から1.5cmのとこまで)

e0111789_956731.jpg

e0111789_9561774.jpg

e0111789_9564626.jpg

e0111789_9565950.jpg

e0111789_1001321.jpg

e0111789_100279.jpg

ガラスの気泡がすごい。
白いのが1点。ほかは全てクリアー。
e0111789_1005630.jpg

e0111789_1012415.jpg


これはフィンランドで手にいれたが、
はっきりどこ産かは、わからないと言う。
多分、ミッドセンチュリーの作家の作品だと思う。

裏にサインがはいっていたが、判別できなかった。だれかわからず。
e0111789_1051411.jpg


花器にも素敵だと思います。





左の黒釉のマグ。スウェーデン。

マグカップサイズが見つかって、とても嬉しかった。

数日前に紹介した。 数日前に紹介した。四角の鉢 は、コレクター的な業者から買っていて、
びっくりするほど高かったのだけど、
ポロポロと普通に見つかる時もあるもので、これはそれ。

大きいサイズの取っ手付きは、今まで、3、4度ぐらい見つけたが、
マグに使えるタイプは初めて。

e0111789_10727100.jpg

e0111789_1073876.jpg

e0111789_1075087.jpg

e0111789_108113.jpg


男のコーヒー好きの方に使ってもらいたいものである。
カッコいい、男気のある焼物です。

e0111789_109194.jpg

にゅうがはいっているように見えるが、これは写真の写り具合のせいです。
にゅうははいっていません。
e0111789_10913100.jpg

e0111789_1092753.jpg


底にも魅力ありますね。


7分目ほど、入れて、400cc。
大きめのマグカップって感じです。




ガラス  直径 11cm  高さ 15cm  ¥15,000
黒釉   直径10.2cm  高さ11.7cm (Sold)




.

by muntkidy | 2016-08-04 12:00 | Comments(1)
Commented at 2016-08-04 12:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ヴィンテージの器。      寄木細工のハコ >>