2016年 10月 09日
久々に現像用バット

●明日は月曜ですが、祝日ですので、開店いたします。

●10月16日(日)、大江戸骨董市に出店です。

●10月29日(土)、30日(日)目白コレクションに出店です。


白磁の現像用バットは、もう卒業かな、と思っていながら、
これはやっぱり買っときたい!
と思ったバットでした。


大きさも大きめ。(特大ではない)

白磁の肌とエッジの作りが、キリッとして、
なんとも男前なナリをしてるんですよん。
そいで醸し出す色気も感じます。
(たかが白磁になんという賛辞)

e0111789_10513543.jpg
e0111789_10514236.jpg
e0111789_10514697.jpg
e0111789_10581561.jpg
e0111789_11042675.jpg

e0111789_10532691.jpg

すぱっと斬れた面、角のエッジの清々しいこと。


肌も。私の写真ではわかりにくいけど。わかるかな。
均等なようで、均等でない、ゆらゆら感がありまして。

e0111789_10531727.jpg
e0111789_10532031.jpg
内面になぜか1箇所のへこみ。
e0111789_10580077.jpg
裏は。



という白磁現像用バットには手を出さずにいられません。

けっこう使い方は考えられるかと。





35cm x 29cm 深さ6cm ¥12,000








by muntkidy | 2016-10-09 12:00 | Comments(0)


<< 小さな発見      煤だらけのバスケット >>