2016年 11月 30日
デルフト染付盃



11月も最終日です。


" デルフトの白釉盃 " と言っているものは、元はクリームポットで、
酒器好きの日本ならではの見立ての盃である。
オランダに行くと、意外に見つかる。
(と言っても状態次第でして、ちゃんと使えるようないいものはかなり少ないですが)

それより、見つけるのが難しいのが、
向うでもティーカップとして使われたこの形のタイプ。
そのまま酒器です。


状態よきものを見つけた。これも発掘もの。

薄手ゆえに、割れているいるものがほとんどの中、よくぞ、残っていた品。

e0111789_10473420.jpg
e0111789_10473196.jpg
e0111789_10472363.jpg
e0111789_10472453.jpg

e0111789_10472467.jpg
瀟洒な花柄。上品ですね。

肌がかせていますが、
日本酒で生き返らせてほしいかと。

艶が増すと名品かと。

e0111789_10473996.jpg
e0111789_10474484.jpg
e0111789_10474864.jpg
e0111789_10475009.jpg

割れてるものがほとんどだと思うので、超レア。

デルフト 18世紀




直径6.0cm 高さ4.6cm (Sold)









by muntkidy | 2016-11-30 12:00 | Comments(2)
Commented at 2016-11-30 12:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by muntkidy at 2016-11-30 13:22
鍵コメ Tさま
コメントありがとうございます。
柄物も、いいもんでしょ。


<< 逸品の箱がやってきた      本日は >>