2016年 12月 01日
逸品の箱がやってきた


今年も残すところ、一ヶ月となりました。師走です。
誰も言う言葉だけど、やはり、早いね。




さて、本日はこちら。スウェーデンの小箱。

なんと、夏の仕入時、ヘルシンキで見かけたものの、
店が閉まっていたために、手に入れられなかった品である。

縁がなかったのね。ちゃんちゃん ! と、インスタに投稿していたものが、
数奇なことに、やってきました。

すごい!うれしい!

これもインスタをやっていなかったら、
私の元にはやってこなかったね。

ありがとうございます。譲っていただきまして、感謝です。




e0111789_15043128.jpg
e0111789_12452378.jpg
e0111789_15050561.jpg

e0111789_15043687.jpg
e0111789_15050914.jpg
e0111789_15060580.jpg

フォルムもテクスチャーもばっちりでしょ。

ここがまた面白い。ワイヤーの取っ手。
e0111789_15061846.jpg

回すと、中はこんなになる。
e0111789_15062775.jpg


天板の蓋、裏側にも小さな引っかけがあり、
ここに入りわた、蓋が開かないという具合になるのです。ココ↓
e0111789_15092128.jpg

底面。
e0111789_15093061.jpg

ね〜、秀逸でしょ。

しかし、記憶というものはあやふやなものでして、
ウインドウ越しにだけど、実際に見ていたものなのに、
頭の中でだんだんとイメージが大きくなってたみたい。
思っていたより、少々小さい箱でした。
とはいえ、雰囲気はやはりバッチリ。
なかなか、見つからないナリをしていると思います。



幅16.5cm 高さ7.1cm 奥行8.6cm
開けた時の内部i入口 13,2cm x 4,9cm 高さ5.6cm (Sold)







by muntkidy | 2016-12-01 12:00 | Comments(0)


<< アフリカの片口      デルフト染付盃 >>