2016年 12月 22日
襤褸なラリーキルト


昨日は冬至だったんです。
いただいた柚子がありましたので、柚子湯堪能いたしました。




久しぶりにラリーキルトを買わせてもらった。

最近みかけるラリーキルト、綺麗め系の新しいものが多かったのだけど、
使われて摩り切れた、イイ加減のものに出会ったから。

サイズも小さめでよろしです。


アップめの写真から。


e0111789_10385671.jpg
e0111789_10451188.jpg



全体はこんな感じ。おとなしめで、飽きがこないと思います。
実はこれは裏のほう。

e0111789_10383080.jpg

表、ピンクが強い。
私の個人的好みからすると、もう少し、鈍キタナ系のピンクのほうがお好みですが、
これはこれで、好きな方も多いでしょう。
(年になってきて、はでなピンクも、あり!になってきている傾向)
e0111789_10470918.jpg

e0111789_10444306.jpg

ここも、楽しいポイント。黄色のパッチ。
e0111789_11004580.jpg


でもやはり、床に敷くにはそう目立たぬほうが良しですので、
この裏のほうを表におきたい感じ。
ペパーミントグリーンのチェックが軽やかです。

e0111789_10385153.jpg



摩り切れ感をアップ。
e0111789_10413319.jpg

ま、布はネットでは雰囲気が伝わりません。
見て、触ってが、大事です。

どうぞ、ご来店して、見て下さいませ。


ラリーキルト、デカいのが多いので、
この小さめサイズは、少ないです。



約142cm x 101cm  ¥27,000










by muntkidy | 2016-12-22 12:00 | Comments(0)


<< フランスのストーンウェア      16世紀のスプーン >>