2016年 12月 23日
フランスのストーンウェア


突然のお知らせですみません。
本日は都合により、午後5時半で、閉店させていただきます。


年内は29日までの営業です。



今日の紹介はこちら。

フランスからのストーンウェア。
大きさが小振りで、徳利にいいのです。

ころんと丸みを帯びた姿が愛らしくもありまして。


e0111789_10294832.jpg
e0111789_10295747.jpg
e0111789_10300127.jpg
e0111789_10300509.jpg
e0111789_10295346.jpg
e0111789_10301515.jpg

e0111789_10301064.jpg



フランス、ノルマンディーからのものと聞いてきています。
時代というと、意外に古いものとは思いますが、これまたはっきりしません。
民窯だと、時代が下っても、昔のタイプが焼かれていたこともあるとは思いますので。
ま、18世紀はあるのかな。


似たようなものを資料から。

先日まで、長野県信濃美術館で開かれていた " 西洋民藝の粋 村田コレクション " 図録より。
同じ器形だが、イギリス、13~14世紀との記載。

e0111789_10431570.jpg


" 西洋の古陶 " の本から。
これはノルマンディー地方窯炻器、17世紀との記載。

e0111789_10431547.jpg


日々の暮らしを彩るモノとして、大事にしたいですね。

縁までぎりぎりに入れて、ちょうど2合です。

高さ11.5cm 胴径 約9cm (Sold)







by muntkidy | 2016-12-23 12:00 | Comments(0)


<< キリスト磔刑像      襤褸なラリーキルト >>