2017年 03月 04日
菊型小皿


スウェーデンの布を使ったバッグ展、いよいよ明日までとなりました。
春向きのバッグがお待ちしております。



本日の紹介はこちら。

見つけた時に、白薩摩だとばかり思ったもの。

業者さんに言わせると、甘手の古伊万里だと。

え〜こんな焼きの甘い古伊万里もあるんだ〜と驚いたのだが。


いい具合に染みた味わいが普通の古伊万里にない魅力となっています。
4枚あります。

e0111789_10305774.jpg
e0111789_10305705.jpg
e0111789_10310357.jpg
e0111789_10324851.jpg


あまりに薄いので、高台の土部分の判別が、老眼の進んだ私にはよくわからぬ。
ルーペで見ると、確かに、陶石っぽく古伊万里の土のようにも思えるのだけど、
どうなんでしょうか。

いいお皿っだって〜ことはわかってますよん。



1枚ずつ。

左上から、時計回りに。
一番ベージュっぽくなってる1枚。
e0111789_10572865.jpg
e0111789_10572954.jpg


その右。

e0111789_11264847.jpg

e0111789_10572873.jpg

その下。

e0111789_10573003.jpg
e0111789_10572928.jpg



その左。

e0111789_11012172.jpg
e0111789_10572961.jpg


通向きのお品ではないでしょうか。


直径10.3cm 高さ3.1cm 1枚 ¥4,800 (左右上売約済)







by muntkidy | 2017-03-04 12:00 | Comments(0)


<< バッグ展最終日、裂織バッグ。      白磁のシェード >>