2017年 06月 10日
ヴァーゲンフェルドのソーメン鉢


●明日は午後1時からの開店となります。



使ってみてわかる使いよさ。
見ただけでは扱おうとは思わなかった。

ドイツ、バウハウス、W.ヴァーゲンフェルド デザインのガラスの器。
あまり、知られていないデザインの品。

ごく普通のボウル形、地味目なアピール度なのだが、
なんともサイズ感がいいのだ。

私も使っていて、とても重宝してる。ちなみにこちら

もちろんサラダボールにでもなんでも。
ま、時節柄、ソーメン鉢とタイトルしてみたということで。

e0111789_10131762.jpg
e0111789_10132003.jpg

e0111789_10332192.jpg

デザインの感じがわからないかな。
アップめの写真。
外側に格子の切り込み。もちろん型ガラスです。

e0111789_10332196.jpg
e0111789_10332199.jpg

e0111789_10142464.jpg


2枚あります。
e0111789_10140360.jpg

プロダクト製品なので、2枚の差はさほどないが、
ガラスの色が微妙に違います。


上が少しアンバーっぽい感じ。
写真で写したほうです。

e0111789_10202096.jpg

下の白っぽい感じのほうには、窯キズ(ガラスものにも言うのか?)があります。
e0111789_10223002.jpg



さらに、小皿もある。
薬味入れなど、セットで使える。

e0111789_10234987.jpg
e0111789_10234867.jpg

こちらは実は3枚あり。

e0111789_10235068.jpg


セットで置くと。

e0111789_10332253.jpg

どれにもチップはありません。


1938年のデザインと書いてあった記事もあったが、実ははっきりしません。
資料がない。
で、これがいつ頃作られたものかというと、
やはり、50〜60年代って感じでしょうか。




鉢  直径21cm 高さ7.5cm (Sold)
小皿 直径14cm 高さ3cm  (Sold) ありがとうございました。






by muntkidy | 2017-06-10 12:00 | Comments(0)


<< ガラスの器と思いきや      小品小皿 >>