2017年 06月 17日
ロシア/フィンランドの刺繍布

明日は大江戸骨董市、出店です。
お店は午後4時からの開店となります。




昨日は、早仕舞いして、
ステーションギャラリーのアドルフ・ヴェルフリ展を見にいったのだ。
全然その情報を知らず、お客さんが教えてくれたのだが、
見逃さずによかった。
アール・ブリュットのアーティスト。
あの書き込みのパワーは(パワーというとちょっと違う感じかも)何なんだろう。
印刷物のイメージより、色鉛筆の色合いがよろしく、
なんだかお茶目な感じもあり。
行ってほしい展示会だけど、残念ながら、明日まで。

民藝館の " 江戸期の民藝 " 展も明日まで。
アフリカモノの部屋も1部屋併設されてまして、
早くここで書いておくべきだったのだが。
とてもいいマスクが出ています。


ずっと前から思っているのだけど、
公式のインスタグラムを日本民藝館もやってほしいのですね。
民藝館の場合、メインの展示以外にも、
併設の部屋のもので、とてもいいものが展示されるし、
そういうのも、アピールできると思うのだ。
あと、飾られた花のしつらいだの、撮るところはいっぱいある。
若い入館者を増やすためにも、うまく利用できると思う。インスタグラム。
外国のミュージアムはうまく利用しています。
(日本ではミホミュージアアムはやっていますが、他ちょっとだけ。)

ぜひ、民藝館の関係者の方々にお願いしたい。




長くなりましたが、品紹介はこちら。


全くの初めてもの。
日本で見つけたものだが、どこのものかわかったところで、紹介です。

ロシアとフィンランドの国境あたりに、carelia という森林が広がる地域があるらしい。
全然知らなかった。
そこの人々による伝統的な刺繍布。


まずはアップから。

e0111789_10342805.jpg
e0111789_10342967.jpg

全体像はこんな。
とても薄い麻製。幅46cm に、長さ250cm と長い。
タペストリーか。はっきり用途はわからないが、
多分、セレモニー用に飾るのだろう。

e0111789_10342957.jpg

イニシャルがあるほうに、しみ、焼けが多い。
e0111789_10342878.jpg

刺繍部分の裏はこんな。
e0111789_10342931.jpg


端はこんな。レース?になっているのかな。ニードルレース?
染織の技法など得意なほうではありませんが、
なんか、ここもよくできてるな〜と感心なところ。

e0111789_10342927.jpg


ネットで探すと赤い色の刺繍ばかり。
これは、ブルーの色との合わせで、色落ちしたフェード具合もよく、
デザインもとてもセンスがいいと思う。

日本ではほとんど紹介がないと思う、ヨーロッパの伝統的手工芸のもの。
なんだか、とても貴重な気がします。




幅46cm 長さ250cm ¥18,000







by muntkidy | 2017-06-17 12:00 | Comments(0)


<< 大江戸骨董市      とろとろのサカナくん >>