2017年 07月 20日
ガチョーン


今回の旅、何事も起こらず、帰ってこれたわけですが、
これまたそうはいきませんでした。


事件は日本で。
さて、どんな?


羽田からはバスで吉祥寺まで来て、それからタクシーで西荻の店まで、
というのがいつものパターン。
その吉祥寺にて。

バスを降りたところから、タクシー乗り場までは信号を一つ渡らねばならない。
10キロほどを背負い、20キロほどのスーツケースともう一つの車輪なしの大バッグ(これも20キロ近く)がある。
これをカートなしに移動するには、スーツケースの上にその大きなバッグを乗せ、押して移動するのだ。

タクシーを待つ間に、上に置いたバッグを下に降ろすのだが、
今回は待つ間もなく、すぐタクシーに乗り込めるようになった。

だから、つい、バッグを上に乗せたスーツケースは、そのままにして、
すぐ開いた後部座席に、背負ったバッグを座席に置こうとしたところ。
スルスル〜とスーツケースが一人でに車道の方に移動。
気がついた時には、バッターんと車道側に倒れ、上のバッグも大きく投げ出されたのだ。
車道と歩道の差は20cmほど、スーツケースの高さは80cm.
動いた勢いがあるもんだから、1mほどのところから投げたような感じである。

が〜ん。割れ物ばかりのダンボール箱2個を入れていたバッグ。

タクシーの中で、あ〜〜絶対ワレタな、ワレタな。。。と一人呟く私。



で、昨日開けました。

案の定。

8品破損。修理可能なものもあるが、半分以上はこんな状態だったとさ。↓

うえーん、
この黄色と白のガラスボウル、とても綺麗な形で気に入っていたのに。。泣

e0111789_10161459.jpg



そんな終わったことは忘れることにし〜、
割れてない、品紹介です。

これは背負ったバッグに入れておったので。



フランスのレシュフリット。肉汁を受ける皿です。
18世紀。

緑釉が見つかるなんて、思いもせなんだ。
茶釉はよくあるのですけんど。

e0111789_10325241.jpg
e0111789_10313013.jpg
e0111789_10313009.jpg
e0111789_10312910.jpg
e0111789_10312913.jpg
e0111789_10312917.jpg
e0111789_10312855.jpg
e0111789_10312919.jpg



古格ある西洋古陶の逸品です。





幅35.5cm 取っ手のある部分の長さ32cm 取っ手だけの長さ10.5cm (Sold)
ありがとうございました。 







by muntkidy | 2017-07-20 12:00 | Comments(0)


<< クバ族カップ      無事帰国 >>