2017年 07月 29日
南米のタパ


初めてモノです。

タパ / 樹皮布 を伝統的に衣として作ってきたのは、
アフリカのピグミーの人々か、オセアニアの人々とばかり思っていたのだが、
他の地域にもあったのだった。

樹木があるところだったら、考えられることではありますね。


ということで、アマゾン。南米です。


ただはっきりした資料があるわけではない。

譲ってもらったディーラーも多分、だろう、、、という見解であり、
他のアメリカ大陸方面に強い知り合いのディーラーに聞いたら、
多分、ブラジルだろう、、ということだった。



南米にもタパがあるって、ぜんぜん知らなかったので、即ご購入です。

絵の面白さが第1。

e0111789_10162583.jpg
e0111789_10162724.jpg
e0111789_10162523.jpg
e0111789_10162681.jpg
e0111789_10162653.jpg
e0111789_10162621.jpg


けっこう厚みがあり、しっかりしています。

キースへリングの絵のようで、楽しい!





ちなみにネットで調べると、南米のタパもの、いくつか見つけました。
この感じですね。(写真拝借いたしました)



cubeo / クベオと読むのかな、アマゾンインディアンとか書かれています。

e0111789_10291443.jpg
e0111789_10291782.jpg






101cm x 41cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-07-29 12:00 | Comments(0)


<< 北欧の花模様      薄ブルーの楕円皿 >>