2017年 08月 03日
東欧の緑釉2点


●明日4日(金)、6日(日)は臨時休業です。お気をつけ下さい。

●夏休みは 12日(土)〜15日(火) となります。
11日海の日は開店いたします。




東欧の緑釉が2点となったので、紹介しよう。
どちらも力のある焼き物だと思います。


e0111789_10090403.jpg

右はルーマニアから。

胴の膨らみが素晴らしい。
底にすっとすぼまるフォルム、力のある陶工じゃないと作れない感じ。

e0111789_10095367.jpg
e0111789_10095202.jpg
e0111789_10095339.jpg
e0111789_10095381.jpg

釉はげと、ヒビだらけのところが残念なのだが、
それにも勝る雰囲気ありと言えるかな。

もうすこし緑釉に深みがあれば、なおよろしいのだが、
薄緑、これはこれでいい色合いです。

e0111789_10174220.jpg
e0111789_10174566.jpg
e0111789_10174743.jpg

なんと、中にもコケが生えてまして。
あえて、そのままにしています。

e0111789_10203555.jpg

ヒビだらけのとこ。
e0111789_10204120.jpg
e0111789_10204260.jpg

落としを入れて使ってほしい。



左は緑釉の深い色調が魅力。
こちらはブルガリアからきてるらしい。
よりイスラムの雰囲気をもった形。オスマン帝国時代の影響だろう。

e0111789_10244008.jpg
e0111789_10244215.jpg
e0111789_10244038.jpg


傷は多いのだけど、この深い緑釉に負けました。

e0111789_10244129.jpg



口部分の直し。
e0111789_10244235.jpg
e0111789_10244085.jpg
e0111789_10244192.jpg


底の欠け。
e0111789_10244121.jpg
e0111789_10244295.jpg


双方キズだらけだが、品格も持ち合わせているかと思う。

時代判定難しいところだけど、19世紀はあるのではないでしょうか。




右ルーマニア 高さ23cm 胴径約26cm  ¥28,000
左ブルガリア 高さ21.5cm 胴径約11cm (Sold) ありがとうございました。




 


by muntkidy | 2017-08-03 12:00 | Comments(0)


<< ソルト/シュガー ハンマー      ブルーのお皿 >>