2017年 10月 03日
ウィンザーチェア展


本日は火曜日、定休日となっております。




先週の火曜日、早く行かなきゃ〜と思っていた民藝館のウィンザーチェア展に行ってきた。

18世紀のタイプをあんな数、見られることはなかなかない。

やっぱり古手は違いますね~
初期に作られたもののほうがやはりだんぜんといいのだ。
味はもちろんなのだが、
フォルム自体にも、醸し出すチカラのようなものが強いのである。



一緒に西洋の古陶なども飾られていて、とても見応えありました。
ピューターの皿も逸品が並んでいます。よかったよ〜ん。



ウィンザーチェアも、古手のものを扱ってみたいな〜と噛みしめたけんど。
アンタイディーだったら、子供用の小さいタイプとか、
一緒に展示されてたフィンランドの椅子のようなタイプ、見つからないかなー
うん。ほしいです!



写真はカタログの中から。

ポスターになってるコムバックチェアはもちろんなのだが、
この右ページのほうも、お気に入りでした。


e0111789_14293397.jpg




このカタログ(右)、先行開催の長野県信濃美術館制作のもの、¥1,500 という安さです。

e0111789_14584249.jpg



民藝館の展示、11月23日までです。
皆さま、行ってみて下さいませ。







by muntkidy | 2017-10-03 12:00 | Comments(2)
Commented by yonpiru at 2017-10-04 20:46 x
行ってきました。
やっぱりいいですね。
あの広い部屋にたくさんの椅子たち圧巻でした。
グレゴリオ聖歌の楽譜も良かった。

民藝館に行くと欲しくなるものがたくさんあって
一晩泊まりたくなる。
Commented by muntkidy at 2017-10-05 12:07
yonpiru さま
そうですよね。本当、欲しいものがたくさんです。
11月までにもう1回行こうかな〜って思っています。


<< チベット仏教のカード      青磁のそば猪口 >>