<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2007年 11月 30日
ヨーロッパで手に入れたアジアのもの
福岡で店をやってた頃は、西欧仕入れの時もタイのバンコク経由で行ってましたので、
ヨーロッパものもあれば、アジアものもあるといった、
混じり合った新入荷品だったのですが、
東京だと、直行便がいっぱいあるので、バンコクに寄る必要なく、
この時期入ってくる品は、ヨーロッパもの主体の構成となってしまいます。
(東南アジアものは1, 2月の仕入れの後が、豊富な時期でっせ。)
なのですが、今回、ブリュッセルで、この木皿見つけました。
e0111789_13194776.jpg

カタチ自体は、リムのあるお皿、ヨーロッパの形です。
でも、素材の木を見ると、どうも欧米産ではなさそうで、
聞いてみると、やっぱりチーク材を使ったタイのものでした。
元々は、漆が塗られていたものだと思う。
漆もはがれ、木も朽ちた様相を帯び、微妙に東西の感覚が融合した雰囲気になっています。

概して、異質なものが融合して生れてきたものには、何かおもしろいものがあるような気がしてます。

by muntkidy | 2007-11-30 13:44 | Comments(0)
2007年 11月 29日
フランスの民陶
南フランスの焼物には、この手の黄色の釉薬の器がよくあります。
底に、VALLAURISのアルファベットが刻まれ、調べると、
カンヌのそばの街で焼かれた皿かと想像できます。

素朴な民陶ながら、エッジのデザインにヨーロッパらしさもチョッピリ。
私には、ヨーロッパのエレガントさが過ぎると、似合わなさで選べないのですが、
農業大国フランスの田舎のモノには、大いに魅かれるのであります。
泥臭くなりすぎない、ちょっとした柔らかい可愛さをもっている。

これは、サイズもいい。長い辺(横)が25cm、短いほうが16cm。
小さめの楕円、あまりないカタチとサイズ。レアものですな。

e0111789_13455644.jpg


by muntkidy | 2007-11-29 14:11 | Comments(0)
2007年 11月 28日
帽子の型
なんか、実に外人の頭だなぁ〜と、関心した帽子の型。1周して写真を撮ってみた。

正面は普通なのに、後頭部のデッパリがスゴイ。
欧米人の頭の形って、顔は小さくても、奥行が長く、
体積としたら同じぐらいなんだろうなと、思ってしまいました。

平面的でない、ダイナミックな頭蓋骨の形ですな。
木味も艶があって、ちょっと生々しい感じ。力強さがあります。
よく登場する全身ツルツルのエイリアンの顔も想像させてくれます。

e0111789_13273681.jpge0111789_13284441.jpge0111789_1329629.jpg

e0111789_1329479.jpge0111789_13302619.jpge0111789_13304924.jpg

by muntkidy | 2007-11-28 13:48 | Comments(0)
2007年 11月 27日
ピューターの大皿
仕入れに出かける前に、ひょんなことから、コンピューター買替の話が出てて、
なんと昨日新しいmac book とプリンターがやってきました。
最新版ではないので、お安い奴を探していただき、
ソフトもたんまり入れてくれて、セッティングも丸ごと、お願い。
しめて13万とちょっとの金額。(もちろんまだ、未払い。年末までのお約束。トホホ)

やった〜! Mr.H。ありがとう。
まだよく勝手がわからぬものの、Google Earth を初めて見〜の、新しいi-lifeの始まりとなりますやら。
(今までの、デザインだけで買っていたPowerBookG4は、宝のもちぐされのまま、
 クラシックとなってしまっていたようだす。)

新しいMacでは、Muntkidy 画面が今までとは違うのですが、なぜなんだすか。
書体がサイトによって違いますな。(これもオバカ発言なんですかの)

とりあえず、新たな気分で新しい品の紹介といきましょう。
e0111789_1134642.jpg

ポルトガルのピューター、特大皿。
時代は古くなく、20世紀前半だとのこと。
黒びた古いピューターではないのだけど、銀のような色合の光沢で、
おもしろい質感をもっています。
lead free と、鉛が全然はいっていないことの記載が裏にあり、マークと共に、
SPECIALLY MADE FOR LAURENCIE との文字もある。
あるオーダーで、古い形の写しで作られたものだと思う。

丸もあったのだけど、そちらは先にお嫁入り。

by muntkidy | 2007-11-27 12:25 | Comments(2)
2007年 11月 25日
壊れた船
e0111789_17225551.jpg

今日は、この船のように壊れてしまっています。昨夜の深酒。なので、これでオーシマイ。

by muntkidy | 2007-11-25 17:24 | Comments(0)
2007年 11月 24日
今回のデルフト
e0111789_1553395.jpg

取っ手があるのは珍しいなぁと思って、買ってきたもの。
曇った釉調が今イチかなと思っていたら、汚れを落としてみると、
なかなか魅力的な白釉が出てきました。
しっとりとした深みのある白が、デルフトならでは。
この釉の質感と色調が今までの中で、一番すきかもしれない。甘くなりすぎないピュアな白さです。

取っ手のヒダの部分が瀟洒なデザインで、ヨーロピアン好きには格好の1品。
骨董オヤジ系好きのする杯にはない優雅さをもっています。

by muntkidy | 2007-11-24 16:08 | Comments(0)
2007年 11月 23日
発掘物
オランダ発掘のピューターです。
17世紀のままごと道具、ミニチュア判となります。

今日も値段付けがはかどらず、店中が全くもって、アンタイディーです。
こんなもんにしておきまひょ。
e0111789_1437124.jpg


by muntkidy | 2007-11-23 14:38 | Comments(0)
2007年 11月 22日
無事、帰国
昨日の夕方、飛行機の中の飲み疲れのため、ひどい顔での帰国となりました。
日本の航空会社は気兼ねなく、飲めますな。

開店草々、一部の荷物は届いており、値段付けに忙しい始まりです。
旅のネタはおいおいと。muntkidy 再開です。

まずは、ビビリながらも買ってしまったもの。
フォークアートといういうのが一番妥当かな。
作者がはっきりしていれば、アールブリュットと言えるでしょう。

フランスの19世紀前半のものだと言われました。ex voto という、教会にささげたもの。
日本の絵馬みたいなものですが、お願いではなく、感謝。
祈りがかなえられたことに対して、感謝のために捧げられたものです。

木のものはなかなかない。ギリシャ、イタリアには、シルバーで作ったものがよく見つかります。

グッときてしまった手。
甲部分のイボのようなものが何とも言えません。(気持ち悪いってか)
これが治ったということですかね。

e0111789_1321799.jpge0111789_1321214.jpg

by muntkidy | 2007-11-22 13:37 | Comments(0)
2007年 11月 04日
お知らせ2
いや〜、出かける前は身の回りのかたづけが忙しく、(散らかし魔なもんで)
更新を忘れてました。

アンタイディーは開いてる予定ですが、
急きょ、6日火曜、7日水曜は休業になりました。

他は、日月以外は開店のはずですが、確認のため、一度、お電話をいただいたほうがよいかもしれません。

どうぞ、店主不在の間も、アンタイディーへご来店下さいませ。
muntkidy は21日まで、更新はなし。
それでは、よろしくお願いします。

by muntkidy | 2007-11-04 18:35 | Comments(0)
2007年 11月 03日
お知らせ
ポンドは高い、ユーロも高いさんのコメントの通り、
来週月曜日から、ヨーロッパへと仕入に行ってきます。
マイレージが貯まって、チケットがfreeってなもんで、円が弱い中、
なんとか行ってくるという次第。
初めて、海外に出かけるのに、日本の航空会社を使います。
タイ航空のマイレージなので、スターアライアンス提携の全日空です。
出かける国の雰囲気を早くから味わうには、その国の航空会社に乗るのがいいのですが、
ま、サービスは満点でしょうの日本のフラッグも、乗ってみないことには、ネ。

パリ、ブリュッセル、アムステルダムという日程。今回はロンドンはパス。
帰りは21日。その間、muntkidy 更新はナシということで、あと1日です。

今日は、旅先おフランスものの写真をば。
空飛ぶ円盤のごとく、飛んで行ってまいります。
e0111789_153884.jpg


by muntkidy | 2007-11-03 15:05 | Comments(1)