<   2008年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2008年 02月 29日
折りたたみ椅子
昨日がアフリカンアートで、今日はフランスの椅子ときた。

それも、"中世の"、というような時代のあるものであらず。
20世紀前半あたりの絵描きが使った折りたたみ椅子。

専門に特化するほうが、ファンはつきやすいとは思うものの、
自分の興味のあるものは多岐にわたり、(多重な人格を物語るのでしょうか?)
いろいろあったほうが面白いってこともあります。
それに、美術品だけでは、生きていけないって思いがあり、
日々に必要な品で、気持ちを楽しくさせるようなものも必要だと思っていて。

そして、分野は違うなかにも、チョイスの原点、
ものさしがどこにあるのかを探したいという気持ちもあります。

そこで、今日のこの椅子と、昨日の彫刻の共通点は?というと。
はて、なんなのでしょうか。よう、わからんな。

フランスの折りたたみ椅子。よくあるものよりは、スタイリッシュなほうでしょう。
素朴さはうすれています。少し繊細さのあるきれいな構造です。

e0111789_128533.jpg


by muntkidy | 2008-02-29 12:15 | Comments(6)
2008年 02月 28日
彫刻
いいと思っているものは、信じてやっていかなければならない。
そうすれば、同じように、いいと思ってくれる人は増えるはずだ。

アフリカンアートの本道であろう、躍動感やダイナミックさからは
少しはずれるかもしれないのだけど、
いいと思うアフリカものも、熱意をもって紹介していかないといけない、と改めて思ったのだ。

静かめの彫刻。外に打ち出す派手なインパクトはないが、内に秘めた強さはある。
それでいて、やさしげなところも。
かなり昔からもっているものだけど、私には飽きない。

店内が広くなったので、ゆったりと展示する場所ができました。

e0111789_1229498.jpg


by muntkidy | 2008-02-28 12:57 | Comments(0)
2008年 02月 27日
店内
e0111789_12193618.jpg

こんな風になりました。
独りでやったし、けっこうたいへんだったのです。
日曜の夜と月曜の昼間。

まだ、机回りがかたずいてませんが、おいおいと。
そこんとこは目をつぶって下さい。

外光が少しはいるようになって、気持ちいい。

by muntkidy | 2008-02-27 12:23 | Comments(2)
2008年 02月 26日
故障
パソコンがおかしい。ネットにつながりません。
昨日店の大規模模様替えをしたっていうのに、写真が送れないじゃん。
店広くなって風通しがよくなりました。どうぞ、チェックしにいらして下さい。

by muntkidy | 2008-02-26 14:06 | Comments(0)
2008年 02月 24日
カフェオレボール型の土器
e0111789_12555441.jpg

タイ、ロップリー期の発掘土器です。
ちょうど、カフェオレボールの形をしている変わり種。

ちんまりしてて、かわいいだけに見えるけど、
目線の高さにぽんと置いておくと、すごく端正な綺麗さを見せて、
小粒ながら、ピリリとしてるといった感じが出てきます。
写真より、もう少し下から見る位置、口縁の線が水平に見えるアングルです。

足の部分にかえてのラインが、よく考えられている。
というか、たまたまなのかもしれないけれど。。
くびれたウェストラインてところが、とってもグッドデザインなのであります。

これも、茶碗に使えればいいのだが。ま、ムリですが、の-。

by muntkidy | 2008-02-24 13:12 | Comments(0)
2008年 02月 23日
ピューターのスキットル
ピューターは錫の合金。古いものは鉛の含有が高いので、あまり身体にはよくないのだけど、
鉛が入っているほうが、金属なのに、より柔らかさを感じる質感になる。
そして、時間の変遷で、黒びた色艶となり、ますます魅力を高めることとなる。
だから、鉛を含む古いピューターのほうが、だんぜんいいのだけど、
ただ、使うとなると、お勧めできないのだ。

このスキットルもそう。
カタチといい、風合いといい、お尻のポケットに忍ばせて、取り出しては、ちょいと1杯、
実にかっこいい、オトコの逸品になりそうなのだけど。
長年の使用には、どこかを害するものとなってしまいそうだ。

エレガントな大人の小物。イギリス、19世紀のスキットル。
e0111789_13454319.jpg


by muntkidy | 2008-02-23 13:51 | Comments(0)
2008年 02月 22日
アレ?
下のドアノッカー、12月にも登場したようですな。
すっかり忘れてましたわ。どうも、若年性〇〇〇はいってきたようです。

本日は、6時に閉店させていただきます。お知らせまで。

by muntkidy | 2008-02-22 14:11 | Comments(0)
2008年 02月 22日
ドアノッカー
今日はニャンニャンニャンの2月22日。猫の日だそうです。
が、店には、今、猫ものはない。今というか、ずっとなかったかもなぁ。
古いものではあまり見つけたことがないようです。

ということで、話が続きませんので、またもって、関係ないものを。

ずっとアジアもの続いてますので、ヨーロッパもの。
オランダで見つけた、ドアノッカー。
e0111789_1347353.jpg

宗教ものの偶像の手の残欠などもさがしていますが、
工芸品でも手指をモチーフにしたものも多いので、
見つけたら、かなり吟味して買うようにしています。
上のような、ドアノッカーやレターホルダーなど。

手指の美しさはもちろん、指輪や袖口の装飾なども大事なところ。
細すぎる指や、装飾がゴージャスすぎたら、自分らしくなく、
微妙な色香という感じが、ポイントです。気色悪いのもOKだけど。。。

by muntkidy | 2008-02-22 14:10 | Comments(0)
2008年 02月 21日
気分一掃
昨夜、伸びに伸びていた髪を切って、取り憑かれていた邪気(ホンマかいな?)が、一掃。
今日の天気のように、晴れ上がった気分。若返りましたがな。

さぁ〜て、タイトルとは関係ない品ですが、茶箱の紹介。昨日に引き続き、漆ものです。

もともとは、茶箱ではなし、噛みタバコのセットを入れていた箱。
ごくごく細い竹で編まれた藍胎部分と、漆のはげ感が相まって、実に美しい。

特に、中の胴体、外部分(右写真の左)。薄さがいいのです。
白いものが見えるのは、噛みタバコに使う石灰の粉がくっついたものでしょう。
これまた、味わいをプラスしています。

ねぇ、いいざんしょ。枯れた茶箱として、使えまっせ。ミャンマーものです。
東南アジアものというと、何かと、見もしない人多いのでしょうが、バカにしてはいけません!

e0111789_12592372.jpge0111789_12593978.jpg

by muntkidy | 2008-02-21 13:06 | Comments(0)
2008年 02月 20日
丸々とした壺
壺といっても、焼物ではありません。
さて、何でできてるか?
e0111789_13132860.jpg


ココナッツの殻にかなり厚めに、何層も、漆が塗られたもの。
部分的にはがれ、下の層の色や、ココナッツ殻の色味が出たりして、
おもしろい景色となっています。

底と口は成形してくっつけてある。水筒として、ミャンマーで使われてきたものです。

自然が作ったこの丸み、横から見ると、実はかなり歪んだ球体です。
力強い、お尻なのですわ。割れてはいませんけど。

後ろには、もって運ぶためのひっかけもついています。
このアングルは端正な強さ。向きを変えると、表情が変わる。
横からだと、もっとアンバランスで、より面白みが増すようです。

by muntkidy | 2008-02-20 13:39 | Comments(0)