<   2008年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2008年 12月 30日
来年に向けて

いよいよ、今年も最後の営業日、Muntkidyも〆の日です。(来年は6日から)
あっという間の1年でした。

Muntkidy も以前に比べ、充実してきたのかな。
写真もよくなったとの評判もあり、価格も表示し、
ブログでの注文もちょこちょこ増えてきたことはうれしい次第です。
皆さま、どうもありがとうございました。


来年は丑年。ハハハ、年女でございます。。。イヤハヤ。
オバマと同い年。これまた、アハハハ。

それはさておき、
鈍牛のごとく、一歩一歩、歩んでいこうかと思っています。
たんたんと、こつこつとであります。

来年もよろしくお願いいたします。どうぞ、良いお年をお迎え下さい。

e0111789_12114699.jpg


by muntkidy | 2008-12-30 12:16 | Comments(0)
2008年 12月 28日
一献の器

初春に向けまして、今ある盃らしき器をゾロリと揃えてみました。

ちょうど、勝見さんの「骨董屋の盃手帖」という本が
淡交社から出たばかりでございます。
(中にアンタイディーも登場しております。
 Muntkidy 読者なら、ちゃんと本文を読むとわかると思いまする。)

本の宣伝も兼ねて、あやかりまして、ご披露。

骨董の王道たる盃を扱う術(ルートと資金)が、ちと(かなり)薄うございますので、
ほとんどが、西洋と東南アジアを出自としたものですな。
ま、そこがアンタイディーの面白きとことして、お楽しみ下さい。

12月30日(火) 営業しています。大掃除も終え、ヒマになった方々、どうぞおいで下さい。

e0111789_11453425.jpg
e0111789_11454785.jpg


by muntkidy | 2008-12-28 11:56 | Comments(0)
2008年 12月 27日
ペアのブレスレット

急遽、営業変更のお知らせ。

12月30日(火)も開店営業することにいたしました。

29日は月曜なので、お休みですが、今年の last day は30日火曜日です。
ま、ヒマで店には出てくるだろうと思っていましたので、
最初からそうすればよかったんであります。年始は6日(火)から。

やっとお休みにはいるお方、東京に里帰りのお方など、
よろしければご来店下さいませ。


さて、のどの具合は相変わらず、ガラガラ声。
されど熱はナシ、10月の寝込んだ風邪ほどではありません。
なんとか押し留め、今年最後まで、がんばることにいたしましょう。
(夜遊び呆けることなければ、きっと大丈夫なことでありやしょう)


そこで、ちょっと元気つけてくれそうな(?)お品を。

ロビ族のブレスレット。
男女ペアでシッカと手を握りあい、ニッカと笑っておるようじゃ。
宇宙人のようでもあり、なんだか、おおらかでヨイのであります。
胸の大きい右のほうが♀ね。♂は下半身にデッパリがありんす。

元々この手のブレスレット、ワッカ部分と装飾部分の角度が90°垂直になって、
作られているものです。
手につけた時に人の部分が腕に水平にくっつき、
腕を下ろした時に立って見えるようになるのですね。

人の部分は真鍮、ワッカ部分は鉄でできており、
何かの折りにそこの角度が歪んでしまったのでしょうが、
オブジェとして飾るには、面白い効果となりました。高さ16.4cm

e0111789_11312692.jpg
e0111789_11313683.jpg
e0111789_11315169.jpg


by muntkidy | 2008-12-27 11:45 | Comments(0)
2008年 12月 26日
18世紀のキュノワール

ブルブル。風邪っ引きの模様。
一昨日あたりからのどが痛くて、気になっていたのが、今日は鼻にもきちまった。

折しも、東京は最高気温6℃の冷え込み。風が冷たく、節々痛し。
悪化せぬよう静養せねば。

ということで、さくっと、写真だけ。頭もぼ〜っとしておりますもんで。
ご興味のある方はお電話で。

e0111789_12145997.jpg
e0111789_12151020.jpg
e0111789_12152198.jpg


by muntkidy | 2008-12-26 12:17 | Comments(0)
2008年 12月 25日
メリークリスマス

これから、日を追うごとに日が長くなっていくってことで、
新しい1年を感じる時期でもあります。
そんなとこから、クリスマスを祝いたいと思います。

以前も紹介しましたが、インド、ゴアからのキリスト像を。
私が好きなのは、足の部分。台を含め、高さ35cm、18世紀もの。

e0111789_11381131.jpg
e0111789_18221662.jpg
e0111789_18223213.jpg
e0111789_18224232.jpg


by muntkidy | 2008-12-25 11:42 | Comments(2)
2008年 12月 24日
バウレ族 立像

あっ、今日はクリスマスイブだ。
だのに、でんでん関係のない品を選んでしまったぞよ。

もしや、クリスマスとつながりある何かオモシロイ品を楽しみにしていらしたお方
いらしたら、(いないか)申し訳ありません。

なんとアフリカもんです。

ここで、アフリカもんのキリスト教もんがくると、
「やるな〜」との感嘆の声も聞こえそうなものなのだが、
すみません。全くクリスマスを忘れていましたもので、でんでん関係ありまっせん。

(アフリカにもキリスト教モノあります。
 エチオピアのコプト教のものはかなり知られてますが、
 中央アフリカあたりのモノ見つけたら、民博にもっていけそうですが)

ということで、西アフリカ、コートジボアールのバウレ族、小像です。

白っぽいほうで、顔も静か。
右への傾きが、憂いを誘い気味で、ちょと愛らしいのであります。
高さ15cm

e0111789_1242986.jpg
e0111789_1243819.jpg


by muntkidy | 2008-12-24 12:06 | Comments(2)
2008年 12月 23日
ナイジェリアの貨幣
久しぶりに欲しかった貨幣が入りました。(台ができたので、披露です。)

マンタ / えい を彷彿とさせる形、ナイジェリアの貨幣。
なかなか見かけなくなっていました。
あっても、角が折れていたりで、買えなかったのです。
(民族の名前ははっきりしません。資料にも国しか記載されていない。)

小振りで、オブジェとしてはちょうどいいサイズ。(日本の普通のおうちには)
高さ24cm、幅14.5cm

シンボリックなフォルムで、モダンです。


e0111789_1412575.jpg


by muntkidy | 2008-12-23 11:27 | Comments(0)
2008年 12月 21日
今日の骨董市
e0111789_1213097.jpg

大江戸骨董市の様子。こんな感じです。今日はあまり寒くなく、ラッキー。

by muntkidy | 2008-12-21 12:01 | Comments(0)
2008年 12月 20日
陶器の菓子型

12.5cm × 10cm の小さな小皿。深さが少しあるので、(高さ2.5cm)
小皿というのか、何と言ったらよいのか。
元々は、お菓子か何かの型らしい。
だから、十分に油分が染み込み、かなりのいい味になっています。

イギリス産とのことだけど、初めて見つけた類いの器。
小さけれど、侮れず。大事に使いたい1品です。

4枚あり。それぞれ、微妙に表情が違います。
レーズンとか、オリーブとか、洋の肴/つまみ器にぴったりでござい。

お知らせ:明日は、大江戸骨董市出店です。お店は4時からの開店。どうぞ、おい下さい。

e0111789_11342962.jpg
e0111789_11344071.jpg
e0111789_113451100.jpg


他の3枚のアップ写真を見たい方はクリック。

by muntkidy | 2008-12-20 11:51 | Comments(0)
2008年 12月 19日
元の器

朝から、平和島の骨董祭りに行ってきたので、いつもより更新遅し。
昨日、撮っておいた写真を、あわててアップです。

引き続き、盃を。
オヤジ系にあらず、フェミニンにいきましょう。

白無地の磁州窯、宋ではなく、元のもの。馬上盃というのかな。

柔らかい、クリームがかった白です。
口縁の歪みも表情です。
口径7cm、高さ5cm、高台径3.3cm

文章、短め、写真を大めに。大目にみてチョ。(いや、そのほうがいいってか)

e0111789_12274093.jpg
e0111789_12275333.jpg
e0111789_1228595.jpg
e0111789_12281525.jpg


by muntkidy | 2008-12-19 12:31 | Comments(0)