<   2009年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2009年 01月 31日
李朝無地刷毛目

王道の和骨董界には門外漢のアンタイディーなのですが、
いいなと思うものは多いのです。
露天の骨董市か、知り合いの骨董屋さんから、ゆずっていただくぐらいですが、
ここでもたま〜に紹介しています。今日はソレ。

ねっとりと味わい深くなった色艶に、思わず手を出してしまいました。
李朝無地刷毛目の小皿でございます。

ぐい呑みだったら、引く手あまた!なのでしょうが、私の手の出せるものではありやせん。
小皿だったから買えたのですが、
数多い小皿は、今時安くないと売れないよとのお言葉もいただき、、、、   意気消沈 

いんや、いいものはいいと気を取り直し、ここにお出まし。見て下さいまし。
(売れなかったら、自分で使いますわ)

直径14cm、高さ3cm、高台径5.7cm。色香をました釉調であります。
ちょっとたわんだところもあって、それはちょっとした個性。
高台も実に魅力的。きりっと締まった小ささもさることながら、
高台内に飛んだグレーの釉薬と土色の取り合わせがとてもおしゃれに感じます。

e0111789_11305566.jpg
e0111789_1130757.jpg
e0111789_11302232.jpg
e0111789_11313462.jpg
e0111789_11314538.jpg


by muntkidy | 2009-01-31 11:57 | Comments(0)
2009年 01月 30日
クマのぬいぐるみ

昨日は "おバカな熊五郎"と呼んでしまったが、
一応、ヨーロッパ生れでありますので、熊五郎はね、
ちょっとおかんむりかもしれません。
パンプキンくんと呼んであげましょう。

出生はどこかはっきりしませんが、ベルギー育ちでございます。
ま、ファンシーな可愛さには反応しないアンタイディーの選ぶ、ぬいぐるみ。
おマヌケさと、擦れた毛の様子が、" らしい " ではありませぬか。

引っ張られてとれかかった片耳が糸で縫ってあります。
クマの耳を、右手にもって歩くおこちゃまの姿が眼に浮かびます。
だから、左眼や顔全体も左耳のほうに引っ張られて、
変形、おマヌケフェースになってしてしまったんですな。
う〜ん。愛らしいパンプキンくん! お手上げ状態もかわいいっす。(3枚目真ん中)

中身は藁。眼はプラスチック。体長30cm。

e0111789_11203090.jpg
e0111789_11222856.jpg
e0111789_11223861.jpg


by muntkidy | 2009-01-30 11:35 | Comments(0)
2009年 01月 29日
ガーデニング用スタンド

昨日の白磁片口、その道の方々のご指摘によると、
けっこう時代の上がる平佐の白磁であるようにございます。イカガ〜。


さて、本日はちょと違う路線で。まずは店内にての写真を。
おバカな熊五郎をディスプレイしてみたでござる。(熊五郎アップ写真は明日)

e0111789_11175177.jpg

どうどすえ。どうどすか。

ちゃんとカタチのわかる写真は下に。けっこうグッドデザインでございます。

ペンキがはげぎみな家具類、何でもいいわけではなく、彫刻的なフォルムなり、
作りのデザインなどに秀でたところがないと、ただのボロとなってしまうのであります。

これはその点、実に合格点。
全体のバランス、前脚と後脚をつなぐドーム状のラインなど、
妙な作為がなく、素直に考えられているように思います。
むむむ、さすが、おフランス。
だれとかさんのデザインとかいうような、作家性がなくても、
グッドでカワイイお品が数多くあるのでございます。

踏み台にもなるし、飾り棚でもヨシ。巾40cm、高さ38cm、奥行き36cm
e0111789_11362196.jpg
e0111789_1136516.jpg
e0111789_1137163.jpg


by muntkidy | 2009-01-29 11:46 | Comments(0)
2009年 01月 28日
白磁の片口

今日は、紹介の品、そのよさをわかってもらおうと、写真てんこ盛り。

古伊万里ではない。
買ったところの骨董屋さんは砥部じゃないか、と言ってましたが、
私は平佐ではないかと。。。
砥部の古いのは実際見たことなく、写真でのみ(梅野資料館というところがもってるヤツ)。
熊本民芸館にある平佐の酒注ぎの釉の感じのようにも見えて、
以前1度買ったことのある平佐の白磁鉢の感じにも似てる気がしてきて。。

でも定かでナシ。よくわからない、ただの勘ですな。
その道の専門家のオヤジさま、どうぞ、ご意見を、ば。

ま、私にとってはどっちでもよろしく、ただただ、白磁の肌感に、
吸い込まれてしまいました。
少し、緑がかった釉色、微妙な釉垂れも景色になっています。
綺麗すぎない、ぼつぼつの感じ。変化に富む白磁、きりっとした感じが魅力です。
でも堅すぎない、染み込む柔らかさももってるように思います。
フォルムももちろん、高台と胴とのバランス、玉縁の細さ、全体の厚みなど、
よろし!です。

あともう一ヶ、褒め称えるところ、ありました。指で弾いた時の音。
焼き締まった磁器の包み込むような響き。
これは、店に来て実際聞いてもらわないと伝えられません。どうぞ、ご来店を。

直径24.5cm(片口部分は巾26.5cm)高さ12cmと大きめ。
何気ない片口の形ですが、なかなかの優品だと思っています。

e0111789_11504632.jpg
e0111789_1151587.jpg
e0111789_11512076.jpg
e0111789_11513730.jpg
e0111789_11514748.jpg
e0111789_11515978.jpg


by muntkidy | 2009-01-28 12:14 | Comments(1)
2009年 01月 27日
お盆  

福岡にて、久しぶりに麻雀、やってまいりました。うふふ。勝ちました。よ。
気をよくしたところで、新しい週の始まりといきましょう。

先日、ちょろっと写っていた品より、
まずは、お盆の紹介。直径36cm。高さ4.5cm。

この味わい、なかなかないでっせ。。               以上。

e0111789_11561812.jpg
e0111789_11563419.jpg
e0111789_11564651.jpg
e0111789_126592.jpg


by muntkidy | 2009-01-27 12:04 | Comments(0)
2009年 01月 25日
福岡から
e0111789_15582459.jpg

ブルブル。福岡寒い。昨日は積雪6cmだそう。
これらゲット。来週をお楽しみに。

by muntkidy | 2009-01-25 15:58 | Comments(0)
2009年 01月 24日
田舎
e0111789_11381484.jpg

見てのとおりの日本の里山です。
実家の熊本。田舎でんな。
昨夜、阿蘇にほど近い熊本空港に降り立つと
雪が舞っていましたが、今日は晴れ。

明日は福岡から。ゲット品の紹介となりますか、否か。

by muntkidy | 2009-01-24 11:38 | Comments(0)
2009年 01月 23日
大皿とケーキドーム

お知らせを先に。

本日は午後5時にて、閉店させていただきます。
ちょいと九州まで、出張がてら、里帰りです。土日は携帯から何か写真を送りませう。
(お店は開いてまっせ。)

投稿が風景になるやもしれず、今日紹介のブツは2品も。ヨーロピアンといきました。

フランス、18世紀の白釉大皿と、クリスタルガラスのケーキドームです。

ストレートラインの硬質ガラスに、控えめな曲線の白皿が、うまくマッチ。
別々に買ったのだけど、ばっちりタッグを組んだ感じ。
微妙なミスマッチを感じる人もいるかもしれませんが、
それが逆に、甘くなりすぎず、堅くなりずぎず、いいところを保っているかと思います。
すきっとケーキを魅せてくれそう。

e0111789_1210462.jpg


白釉の大皿は、パリ近く(らしい)の Sceaux (ソウ)という窯。
直径33.5cm。ねっとり感がとっても美しい、優雅な姿をしています。
無傷です。
e0111789_12104061.jpg
e0111789_1211553.jpg


ケーキドームのほう。直径21cm、高さ15cm(ドーム部分は12cm)
弾くと、キーンという響き、クリスタルのガラスの綺麗な音色です。
フォルムが真っすぐで、厚みのあるガラスなのに、
吹きガラス特有のうねうね感もあって、奥行きのある1品です。

e0111789_1211455.jpg
e0111789_12121939.jpg

本日の投稿、ちょいと、急ぎすぎですかな。
欲張って、あまりうまく伝えられてないような。また、ゆっくりと紹介いたしますね。

by muntkidy | 2009-01-23 12:43 | Comments(0)
2009年 01月 22日
前掛け

昨日のMuntkidy のページビュー、なんと1200を超えていた。
なんでやのん?
いつもは400~500を推移、訪問者数はだいたい250ぐらい。
何か急に増えるような要因は見当たらず、
どなたか、初めてここを見つけた方が、昔の投稿をずっと見たということなんでしょうかの。

とても喜ばしいことでございます。皆々さま、どうぞ、
アンタイディーとMuntkidy にお目をおかけ下さいまし。



さて、今日は布といきましょう。
このところ寒いので、店主自ら着用しているヤオ族の前掛けです。
(売り物なのに、、ハハハ、防寒にも最適です。)
ヤオ族は東南アジア、タイ北部、中国南部の国境一帯に住む少数民族です。

なかなかカワイイのです。藍に、手刺繍とアップリケのエプロン。
こういうエスニックテイストをうまくファッションに取り入れたいものです。
エスニックのかたまりになってしまうと、ちょとくどいので、
ドリスヴァンノッテンぐらいに、少しをうまくアレンジしたいですな。

モデルとなった My姿を写真にて、ご披露 ! となったら、より説得力があるのですが、
ちょと、お笑いになってしまいますので、やめ。
(以前ありましたな。帽子の写真)
ブツの写真のみで、どうぞ。(左部分にホールが2個。)

お知らせを忘れとった。
※明日金曜23日はPM5:00 にて、閉店させていただきます。

e0111789_1144965.jpg
e0111789_11442516.jpg


by muntkidy | 2009-01-22 11:50 | Comments(2)
2009年 01月 21日
鉄の器

江戸期の野香炉と言われたのですが、定かでなし。
水盤かもしれません。

鉄味絶妙。ずっしり重い鋳鉄に、堂々としたフォルム。
がたがたの錆も風格があります。

底の一文字の湯口が古さを物語りますか。江戸中期ぐらいはあるのかな。

真っすぐのラインどりが私のお好み。18cm ×12cm、高さ6cm
今日はこれぐらにしておきましょう。写真多しゆえ。どんぞ。

e0111789_14172068.jpg
e0111789_14173771.jpg
e0111789_14174720.jpg
e0111789_1418112.jpg


by muntkidy | 2009-01-21 12:07 | Comments(0)