<   2009年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2009年 02月 28日
アップリケの布

アフリカ中央部に位置するザイール(今はコンゴ民主共和国)
そこにはクバという王国があった。
その人々がつむぎ、織ってきた布は、アフリカンテキスタイルの中でも有名なものです。
日本で草ビロードと呼ばれている小布のほか、
アップリケの布もデザイン的に評価の高いものとなっています。

そのアップリケの布、元々は巻きスカート。
クバの中でも、ブショングというサブグループの人々の纏う裳布であります。
ラフィアヤシの繊維を使って織られる7,80cm四方のパネルをつなぎ、
6.7mの長さの布にして、腰に巻くというもの。

そのスカート丸々1枚を手に入れるのは、アンタイディーの財力では少々むずかしく、
いつも、つなぎ合わされた元のパーツである、小さな1枚を探しています。

1枚の絵として見、いいものに出会いたいと思っていますが、
これがまたむずかしい。
画面全体にアップリケが濃密に盛り込まれたものが多く、
余白がほどよいものを探そうとすると、なかなかないのです。
やっと探しあてても、すぐ出ていってしまう。

ということで、それを紹介できないのは残念ですが、今あるアップリケ布。

ホント端っこを飾っていた細長布です。1m90cm ×幅14cm
これなら、絵というよりは、テーブルの真ん中の敷き布として、
手軽に部屋を飾ることができますね。
細長い壁面に垂らすのもOK。

e0111789_1152818.jpg
e0111789_11521946.jpg
e0111789_11534286.jpg


by muntkidy | 2009-02-28 11:56 | Comments(0)
2009年 02月 27日
丸いオブジェ

意外と撮影がむずかしかった、今日のブツ。
寒くて、手はかじかんでいるし。冷え込んだ開店前の店で撮影。
(外は雪が降ってきたようです。)


丸いボール。
方向により、ライティングにより、表情さまざま。違った顔を魅せてくれる。

ボーリングのように、ピンを倒すゲームのタマなのですが、
そんな元の姿など関係なく、単なるブッタイと化して、
ただそれだけの存在感が生れています。

すり減り、乾いた質感、年輪の筋、虫喰いの穴。
指を入れる穴でさえ、ブラックホールのようで。
惑星です。

これこそオブジェでありますな。 直径13~14cmほど。


e0111789_11153261.jpg

e0111789_11161713.jpg

e0111789_11163596.jpg

e0111789_11165811.jpg


by muntkidy | 2009-02-27 11:57 | Comments(0)
2009年 02月 26日
はて、


いったい何?
何やら、不思議な木のブッタイ。

e0111789_11381227.jpg


入れ物。ボックスではありますが、下の写真のように、開きます。
真横と斜めから撮った写真。

e0111789_11391030.jpg


e0111789_1140160.jpg


長さは16.5cm、幅3.8cm、厚み1.7cmとなっています。

ま、無難な答えはペンケースですが、
お答えは眼鏡入れ。ごくごく薄い小さな、老眼鏡を入れてた箱であるらしい。

木のものは初めて見ました。

ここまで、いい味に色づいているのも、珍しいおフランスものです。
金属や、布貼りのボックスは見かけますが、薄く木を刳っています。

エレガントな形状にして、プリミティブな質感。
不思議な雰囲気を醸しだしています。虫喰いの穴もチラホラ。

by muntkidy | 2009-02-26 11:57 | Comments(0)
2009年 02月 25日
アカンの分銅

昨日は遠出をしており、更新をさぼってしまいました。日曜日もお休みでしたし。
月曜以外は毎日更新をモットーにやってますが、ま、たまには。
あまり気張りすぎるとよくありません。

とはいえ、更新を楽しみにご来訪された皆さま方、申し訳ありませぬ。
本日より、改まった気分で、一新いたす所存。
(どこが??、あまり変わらんで〜)


さて、スタンド作り、ちょっと進化した品、紹介しましょう。

アカンの分銅です。4年ほど前、AKANの分銅100選と名した展示会をやりましたが、
その時は親指程度の小さいシンプルなものばかりでした。
今日紹介のは、特大です。
正三角形の一辺の長さが、4.4cm。(あ〜、秤がなくて、重さがわからん。500gはあるかな)

平置きしていたのですが、台作りをトライしてみました。
重さがあるので、できるか心配だったのだけど、一応成功。写真のとおりでございます。

ピラミッド型の分銅。ジュエリーデザインの方には参考になる一品かと思います。
モダンなデザイン。真鍮の色合いもほどよい程度に黒びてまして、いい感じです。

スタンド付きで、高さ9.5cm。台座部分はお好みで、黒にも、グレーにも彩色します。


e0111789_11215937.jpg
e0111789_11221038.jpg


by muntkidy | 2009-02-25 11:28 | Comments(0)
2009年 02月 21日
とちん

宋胡録(すんころく)と呼ばれているタイの焼物の窯(14〜16世紀)で
使われたトチンであります。

日本の信楽みたいに、自然の灰がかぶった様子がとても味があって、古格を感じさせます。
時代はあるし、いい味ですが、小さな窯道具ですので、5,000円。
東南アジアものですしね。

何も東南アジアものを卑下するわけではないのですが、
東南アジアものというと、ぱっと手を離す骨董オヤヂ連中が多く、
ちゃんとモノを見ない人が多いのが残念です。(骨董市に行くと特にそう)
安くても売れませんから。

欠けてる部分があります。
2枚目写真の左下。一番いい表情の面(1枚目写真)のちょうど真裏になるので、ラッキー。
底はちゃんとありますので、一輪ざしにちょうどいいのであります。

高さ10cm、外径4cm、内径3cm

あっ、明日22日はお休みです。

e0111789_11504915.jpg
e0111789_1151551.jpg
e0111789_11512127.jpg


by muntkidy | 2009-02-21 11:56 | Comments(0)
2009年 02月 20日
お知らせ

お知らせを忘れていました。


今度の日曜日、22日は、都合により、お休みさせていただきます。
申し訳ありません。明日のご来店をおまちしております。

by muntkidy | 2009-02-20 18:57 | Comments(1)
2009年 02月 20日
保存ジャー

本日もあまり、チカラがはいりませぬ。
(実は帳簿つけに疲れている次第。
 1年をまとめてやろ〜ったぁ、ふてぇー奴なのでございます。)


ということで、
お手軽ユースフルなお品をどうぞ。保存ジャー、2点。

左は密封できるスクリュー蓋。インドもんです。
右は日本の。
どちらもガラスが魅力。

おっと、値段を入れ忘れてる。
左は¥3,000 (3個あります)
右は¥7,000          
11,12cmほどの高さだす。


Muntkidy ご来訪、ありがとうございます。少々実のはいらぬ更新、申し訳ありませぬ。
来週は復活の予定だが、如何に。

e0111789_11412969.jpg
e0111789_11414245.jpg


by muntkidy | 2009-02-20 11:59 | Comments(0)
2009年 02月 19日
小机

ナチュラルな色の小机、入荷です。
こじんまり、カワイイサイズ。

花台としてもいいし、お気に入りの品 飾り台でもよろし。
和洋どちらの感じにも合うでやんす。

天板サイズ39cm ×29.5cm 高さ31.5cm


今日はこんなもんで。
確定申告の書類づくりのそのまた準備段階で、そろそろ重い腰をあげないと。
頭がちといと〜ございます。


e0111789_11172854.jpg
e0111789_11174068.jpg
e0111789_11175618.jpg
e0111789_1118578.jpg


by muntkidy | 2009-02-19 11:19 | Comments(0)
2009年 02月 18日
白磁の急須

たかが白磁の急須に、こんな値段をつけるなんて!
などど、陰口をたたかれそうですが、

だが、しかし、つけてしまいました。

だって、ベリベリグッドなのであります。質感も、カタチも。

実にモダンなフォルム。
胴の直線ライン、取っ手の細さ、ポッチのくびれ。
そして、全体の薄い作り。今までに見たことのない急須であります。

これが、型ではなく、ちゃんとロクロで作られている。
評価したいじゃごじゃりませぬか。
白磁の肌も、ちょとねっとりと奥行きがあって、ね。
今時のモダンプロダクトにはない、質感もそなえておりますな。
つるりん、のっぺりした肌ではないのであります。

残念ですが、ニューが1ヶ所。幅11cm、高さ7.5cmと小さめの急須。


e0111789_11253573.jpg
e0111789_1126533.jpg
e0111789_11385592.jpg
e0111789_1139977.jpg


by muntkidy | 2009-02-18 11:40 | Comments(0)
2009年 02月 17日
雪模様

今日は、朝から埼玉の叔母のお家から出勤。西武線に乗っていたら、
雪化粧の富士山がクリアーに見えました。なんかいい気分。
一気に冬に逆戻り、でも、空気が澄んでいて、しゃっきりさせてくれる天気です。

さて、本日のお品。

なんとま〜、季節はずれといいますか。というか、冬は冬なのですが。
でも、かなり出遅れました。クリスマスの時期に出会えばよかったんですけんど。

だが、しかし、今年末まで待てません。出会った感動はすぐにお知らせしたい。

e0111789_11571298.jpg


南国はインドネシアのテキスタイルですが、
なんだか、雪の結晶や、クリスマスツリーをイメージさせてくれます。
フェードアウトした色調、茜と藍が色抜けして、優しく包んでくれる感じです。
上品ですし、かつカワイイ。
う〜ん、なんともきゃわゆくて、ぐぐっとつかまれてしまいました。

スマトラ島から。肩からかける儀礼用の布の半分です。
52cm ×68cm 下部に金糸が使われています。ホールの補修2ヶ所あり

e0111789_125413.jpg
e0111789_1251861.jpg


by muntkidy | 2009-02-17 12:13 | Comments(0)