<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2009年 04月 30日
デコイ
デコイも好きなアイテムですが、
顔のもげた姿がこんなにも雰囲気をもってくるとは思いませんでした。

朽ちて丸みを帯びた木の状態、角がとれて、すっと馴染む柔らかさです。
胸の丸い膨らみとお尻の羽のとがり具合、そして頭部の突起の3点が
うまく調和しているように思います。
質感も、微妙に残った塗料が織り混ざり、絶妙です。

独特な存在感のあるオブジェとなっていると思う。いいですよねぇ。

体長29cm、高さ14cm、

e0111789_10465078.jpg
e0111789_10471210.jpg
e0111789_10472127.jpg
e0111789_11232379.jpg


by muntkidy | 2009-04-30 11:19 | Comments(0)
2009年 04月 29日
軟陶の箱

こんなに薄い軟陶の焼物を見たことがありません。
箱型なので、特に際立って感じるのかもしれませんが。

元々は蓋があった、キッチン用の utilty box だったと考えられます。
保存容器、だから、元のクリーム色が色染みでベージュにまで変化しています。

なんとまあ、キリリとしたエッジで、焼物とは思えない上がり。
これに平らな板状の蓋でもあったら、ある1部の数寄モノたちには垂涎モノなのでしょうが、
蓋はないっす。
それに平らな板状の蓋であるわけはありませんので、無くなって正解であります。
きっと曲線系のツマミのある、ヨーロッピアンな蓋だろうしね。

このお品、直線の魅力でありますゆえ。
きっちり定規でひいた直線を目指しながら、自然の要素からどうしても曲がってしまう、
歪んでしまうといったたわんだ直線が、私をとらえるところです。

釉薬が全面にかかっています。ほんの小さな目跡が底に3ヶ所。
よ〜く見てたら、うっすらウェッジウッドの文字の刻印。

このタイプの軟陶のウェッジウッド、18世紀末〜19世紀前半のもの。
クリームウェアの1種ですが、特別にクィーンズウェアとも呼ばれています。
女王陛下のクリーム色というところからの名称です。
当地イギリスではほとんどが柄入りの品を愛でるわけですが、
柄なしでよかった、よかった。なかなかのメッケモノでありました。

10.3cm × 7cm 高さ5.4cm


e0111789_1117942.jpg
e0111789_1117212.jpg
e0111789_11173757.jpg


by muntkidy | 2009-04-29 11:59 | Comments(0)
2009年 04月 28日
店内

な〜んと清々しい天気。
今日は朝から2週間ぶりのヨガで、ヤミヤミ、、、気持ちいい時間。
少しは溜まっていた疲れもふっとぶ感じで、新たな1週間の始まりです。


ということで、今日は、店内の写真。
もうすでにいろいろ届いてまっせ〜。展示できないほどですがな。

ゴールデンウィークは4日のみ休みで、あとは平常どおり。
どうぞ、ご来店をおまちしています。




e0111789_127434.jpg
e0111789_1271578.jpg
e0111789_1272610.jpg


by muntkidy | 2009-04-28 12:10 | Comments(2)
2009年 04月 26日
ルーマニアのスリップウェア

今回の南仏の目当ては黄釉の焼物だったのですが、
前述のごとく、肝心の南仏であまり見つけられなくて、
くやしい思いをしてパリを後にしたわけです。
ただ、その後のベルギー、オランダで、挽回すべく、
民藝的にうならせられる焼物にも出会え、いろいろ仕入れることができました。

今日はその中の1品。
これもスリップウェアと言えると思いますが、ルーマニアの水差しです。

なんとまあ、無造作に施された自然な文様でありながら、こんなにモダン。
逸品であります。
胴のふくらみもおおらかで、のびのびとしたフォルムをもっています。

胴径16cm、口径13cm、高さ18cm

少々、ぎらついて写っています。もう少しおちついた色調。
昨日のイコンの写真も、色調が明るすぎて、魅力が半減してたかと。
再撮して現物に近い色合いの写真に、入れ替えています。見てみて下さい。

e0111789_11255017.jpg
e0111789_1126193.jpg
e0111789_11261053.jpg
e0111789_11262217.jpg
e0111789_11263413.jpg


by muntkidy | 2009-04-26 11:52 | Comments(0)
2009年 04月 25日
小さなイコン

本日も初めてモノいきましょう。

イコン。

顔の表情に魅了されました。
麗しい西洋顔というよりも、より素朴な線のタッチ。
手や服の感じも、私好みであります。


ロシアと言われましたが、どうなのか。そういくつも見たことはないし、
ロシアのイコンって、もっとすっとしてるような感じがして、よくわかりません。
もっと勉強しなければと思い、アムスの古本屋でイコンの本を買ってきたのだけど、
(アムスに美術本が充実したいい古本屋さんがあります)
本は届いてないし、その本からだけでわかるとは限りませんし。
ただ、ルーマニアとかあたりのような気もしてます(あくまで、単なる勘ですが。)

時代というとこれまた、どうですのんか。
色調の具合、木の表情からして、これは、その店主の言ったとおり、18世紀はあると思ってます。

ま、常々、何世紀だからいいとかいうような、とらえ方はしないようにしてますので
あくまで、このモノの存在感がどうかというところ点で、このイコン、大正解。
頑張って買ってきました。

サイズもいいのです。8.3cm × 6.5cm 厚み1.2cm とミニサイズ。


写真の色が、ライティングの具合で、かなり明るく写っています。
(撮影に不満あり、まだまだですな)
実物は、もっと経年変化のある黒っぽい色調。実際にお店で見ていただきたいものです。

注:4月26日付で再撮して写真を入れ替えました。

e0111789_11161224.jpg
e0111789_11162369.jpg
e0111789_11163539.jpg


by muntkidy | 2009-04-25 12:12 | Comments(0)
2009年 04月 24日
空飛ぶクジラ

新入荷、第1弾。

初めて出会った、イヌイットものです。
昔は、エスキモーと呼んでいましたが、それは蔑称らしく、
今はイヌイットという名称が浸透してきてるかと思います。
アラスカ、カナダ北部、グリーンランドなどの北極圏に住む先住民族のこと。
(広く分布してますので、厳密に言えば、
 地域によってはイヌイットとは呼ばないところもあるらしいのですが)


体長9.5cmのクジラ。こどものおもちゃであります。
ムムム、カワイイ、空飛ぶクジラ!

カラダの丸みがなんとも言えません。埋め込んだガラスビーズの眼もいい表情です。
潮吹きの穴もちゃんとある。

アメリカインディアンしかり、イヌイットものも、
古いものは希少で、欧米ではかなり高評価されてる分野。
だから、こんな小さな木彫のおもちゃであっても、アッと驚くようなお値段でしたが、
抗しがたい魅力。なかなか出会う機会は少ないアイテム。
手のひらに乗せて、眺めていると、にんまりとなってしまいます。
(だがしかし、もう飛んでいってしまったのだよ。)

e0111789_11254812.jpg
e0111789_11255943.jpg


by muntkidy | 2009-04-24 11:50 | Comments(0)
2009年 04月 23日
無事帰国

2週間ぶりとなりますかな。

昨日、パリより戻りました。
一見、ひ弱そうに見えますが(えっ、見えない?)、意外としぶといのでありまして、
飛行機の中でもがんがん眠れ、時差ボケも今だあまり感じませんので、
今回、元気に出勤してまいりました。

さて、旅の収穫は。。。といいますと。

いや〜、今回、TGV(フランスの新幹線ですな)で行き帰り、1泊で帰ってくるという南仏の遠征。
大きい野外の市をあてにしていたのですが、
なな、なんと、雨。(ホント、その日だけ雨で、後の日はすこぶる天気のいい2週間だったのです)
出店の人が半数ほど、それもフリーマーケット状態。
アンティークを掘り出すような市とはならなかったのでありました。

うぇ〜〜ん。準備周到にレインコートを買っていったがためにそうなったのか、
買えない待ちぼうけの1日となりやした。ちっ!

前日にパリから移動、その街のホテルで1泊、
朝起きて、雨に驚愕、頼んでいたタクシーで6時に出向き、8時にはもう見終わり、ダメだね状態。
普通なら切り上げ、別の場所と、なるのですが、帰りのタクシーは午後3時と頼み済、
その時間まで、あきらめてはならないと、同じところを歩き回り、
あとは食事処で時間をつぶす。
さらには、パリへと帰るTGVの時間は夜の9時でありました。どうするよ。てなもんで。
ただひたすらに待つという状態の1日、苦労いたしました。

モノが見れれば、何も苦労はないのですがね。
店が出ていませんと。どうすることもできません。
最後はタバコ屋のテーブルで、ビールをちびちびと飲みながら、人間観察でしたな。


ということで、買えない旅だったかといいますと、
ところがどっこい、そのままですますワタクシではございません。
あとのブリュッセル、アムスと高いモノ買いの日々となるわけでございます。

それらのお品紹介は、またアシタから。。。

by muntkidy | 2009-04-23 11:55 | Comments(0)
2009年 04月 08日
春の仕入れ

さて、さて、お知らせです。

明日より、2週間、ヨーロッパへと仕入れに行ってまいります。
フランス、ベルギー、オランダの旅です。
(またまた、イギリス行きの日程がつかず、残念)
今回は初めて、南フランスに足を伸ばします。1日だけですけどね。

いいものに出会えますよう、念力を飛ばし、歩き回ってまいりますわん。
お楽しみに。
(新入荷は追ってお知らせいたします。Muntkidy は、帰国まで、しばしお休みです。)



こんな買い付けの時が一番の冥利なわけですが、
いない間のお店のほうも大事なわけで。。。

そうです。恒例の、、、店主いない間のSALEとやら。また、やってみましょうか。


明日9日(木)〜22日(水)の間、
20%OFFのセールを開催いたします。

注 / 一部対象外の商品もございます。

来店してお買い上げいただくお客さまだけの期間限定の特典です。
(カード払いではできません。)
ということで、
欲しかったもの、20%OFFはちょいと大きいかと思います。
どうぞ、この期間がチャンス!!


e0111789_12222291.jpg
e0111789_12215939.jpg


by muntkidy | 2009-04-08 12:40 | Comments(0)
2009年 04月 07日
カメレオン

新たなカメレオンが仲間入り。
カールしたしっぽと、お顔に特徴あり。

横から見てて、眼ナシと思っていましたら、上についていましたね。
ファニーフェイスな野郎でございます。体長15cm


本日はこげなところで。。。


e0111789_1272298.jpg
e0111789_127333.jpg
e0111789_1291446.jpg
e0111789_128231.jpg


by muntkidy | 2009-04-07 12:16 | Comments(0)
2009年 04月 05日
ソルトスプーン


前日の酒飲みにもめげす、なんとか早起きをし、(4時起き)
久しぶりの新井薬師の骨董市に勇んででかけたのに。

誰もいない。。。


な〜んと、新井薬師の骨董市、花見の時期は第2日曜なんだって。
脱力感のもと、境内を1周。満開の桜を眺めてきました。


そして、その後、足早に、富岡八幡骨董市、大江戸骨董市とはしご。
さらには、アートフェア東京も見てまいりました。ふ〜ちょっと、お疲れ気味。


ということで、さくっと軽めに紹介です。

勝手にソルトスプーンと名しましたが、なんともカワイイ TIN スプーンです。
小ささを確認できるよう、My年老いた指に登場してもらいやした。
(あっちゃー、本日は骨董市帰りにつき、ちょとかさついた肌をしております。いつもは違うで)

長さ4.5cm

e0111789_1158247.jpg
e0111789_120255.jpg


by muntkidy | 2009-04-05 12:09 | Comments(0)