<   2009年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2009年 10月 31日
タッサーシルクの厚布

冬らしい品を。

山繭から作られるインドのタッサーシルク。
これは、屑繭や屑糸を太く撚って織った布です。

e0111789_11481692.jpg

e0111789_11484184.jpg

e0111789_12192647.jpg


この倍のサイズ 幅140cm、長さ198cm 
床に敷いてもいいし、ソファーにかけてもいい。

特価¥15,000

by muntkidy | 2009-10-31 12:27 | Comments(1)
2009年 10月 30日
鉄の光り


サイレントオークション、R.Tさまが、¥10,000にて、落札されました。
おめでとうございます。
3名さまと、予想より少ない応募だったのだけど(ちょと寂し!)
皆さま、どうもありがとうございました。


そうそう、昨日の青磁の器。あの形は四方入角というらしい。
隅入りとか書いちゃって。うろおぼえな事を書くと、いけませんが、
皆さまのご指摘をいただくので、勉強になります。


さて、本日はハードなモノを。
最近はどうも器系などが増えているのですが、
こんな鉄のtool 系も実はとっても好きなのであります。

直角定規とノギス。

e0111789_11334543.jpg


錆びた鉄もいいのですが、生きてる鉄のハードな光りもなかなかのものです
強い銀色の光沢も、あまり磨きすぎないところで抑えてあると、魅力的です。

e0111789_11335534.jpg
e0111789_1134571.jpg


ノギスのほうは、イギリスから。年号入り 1916年製長さ11cm、
直角定規はフランスから。同時代のものでしょう。 長さ20.5cm ¥6,000

by muntkidy | 2009-10-30 11:43 | Comments(0)
2009年 10月 29日
青磁の器


サイレントオークション開催中  本日の夜が〆切なのだけど、
あまり、入札がありませんな。
ムムム、どうしたことか。ぎりぎりの入札に期待いたしましょう。
明日のブログで発表です。



今日は、また、不思議な雑器。
中国の青磁だと思いますが、これも隅入のカタチと言っていいのかしら。。
清ぐらいの品だと思うけど、よくわかりません。あまり見たことのない、青磁。

深さがあるので、惣菜鉢に使える面白い器だと思い、買い求めた。
カタチの面白さが一番のポイントだけど、青磁の貫入の様相も味わいになっていると思う。
活躍してくれる器になるような気がする。


e0111789_1124484.jpg
e0111789_11245826.jpg


下のように、置いて撮影するとまた、違って見える。スマートに見えますな。

e0111789_1125857.jpg


高台の中部分は白磁のままで、ここも、不思議さをプラスしている。
いかがでしょうか。値段も手ごろ。   幅15cm、高さ6cm、¥6,800

e0111789_11251889.jpg


by muntkidy | 2009-10-29 11:30 | Comments(0)
2009年 10月 28日
真鍮のカップ


                    サイレントオークション開催中。


よくぞ、ここまで、黒びてきたな!と言ってやりたいカップ。
真鍮の光沢は金色ですが、ここまで、真っ黒です。

e0111789_1135996.jpg


ミャンマーのグラインダー。
石灰や、薬などを細かく砕くのに使われていたもの。
薬研の1種で、元はこれに合う棒が付いていたと思います。

e0111789_1141069.jpg
e0111789_1142185.jpg
e0111789_1143017.jpg


ここまで、黒くなるにはどれだけ経っているのか。
なかなかこれぐらいの味のあるものは、今、見つけにくくなっている。

東南アジアの古物を買う時、あまり、日本ほど、時代を細かく分けて問わないので、
はっきりしてはいないのだけど、200年ほどは、経てきていると思う。

小さきながら、古格のある1物。  

高さ6.5cm、幅6,5cm  ¥12,000

by muntkidy | 2009-10-28 11:16 | Comments(0)
2009年 10月 27日
店内写真

                  サイレントオークション開催中


〆切は10月29日深夜、どうぞ、ふるってご参加下さいませ。



先週さぼったヨガ、今日は行ってまいりました。
間があくと、ぜ=ぜ=言ってしまいます。ふ〜

ということで、本日は店内写真。


e0111789_1152555.jpg

e0111789_1153415.jpg


by muntkidy | 2009-10-27 11:55 | Comments(0)
2009年 10月 25日
10月のサイレントオークション


う〜ん、雨で、寒い!
今日は、サイレントオークションの日としておこう。

以前も紹介してますが、なぜか残っているお品。
もう人気もかげってきたのか、キュノワール。
(というか、それはアンタイディーなのか、とかも聞こえるざんすが)

そいで、ちょいとの作戦、買う気を喚起させようではありませぬか。
ということで、サイレントオークション。

キュ ノワールの特大マグカップ。
胴径12cm、取っ手部分を入れた幅16cm、高さ11.3cm ¥ 20,000だったお品.

これを¥8,000が最低価格です。
1円でも高い値段で入札をお願いします。
〆切は、28日水曜日夜。29日木曜日のブログにて発表。

e0111789_1118827.jpg
e0111789_11181959.jpg
e0111789_11182858.jpg


毎度のことですが、コメント欄にての入札です。
ご自分の出せるお値段で、入札をお願いします。
同額の人がいる場合、入札の早い方優先となります。

非公開コメント欄にチェックをし、お名前、金額、メールアドレスを記載下さいませ。
メールアドレスがなければ、無効となります。

最高価格を提示された方は、送料として¥500をプラスして、
お振込していただくカタチとなります。

競り合いないアンタイディー、サイレントオークション。
もしかしたら安い価格でゲットできちゃう、企画です。

ま、人気のキュノワール、12,000円ぐらいは行きますかね。どうですか。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

by muntkidy | 2009-10-25 11:32 | Comments(4)
2009年 10月 24日
雨漏り


一見、白化粧した李朝白磁の雨漏りのようにも見える。
(私には、磁器系の平清水のほうに馴染があるので、そちらにも見えるのだけど)

e0111789_112192.jpg


中国のモノだそうである。焼きが堅く、白化粧した磁器。

さすが、中国。焼物の大先生のお国。いかにもの鑑賞陶磁だけでない、
日常の雑器も豊富にあるということですか、の。
いろんなバラエティーがあるようです。

確かに李朝モノにこのカタチは見たことはない。
フタがあるので、酒でも入れていたものでしょうか。
そのフタだって、固定はできないし、なんだか、不思議な瓶なのであります。

回りにコルクか何かが付いていた、紹興酒の瓶ではないか、とは、私のいいかげんな推理。
どうでしょうか。

e0111789_1192219.jpg
e0111789_1193534.jpg
e0111789_1194374.jpg
e0111789_1117343.jpg


白の釉景色を眺めていると、その出自なんかどうでもよくなってきて、
こんなので、茶碗はないかと、思ってしまうのでありますが。

徳利にするには、ちょと、大きすぎ? 大勢で、大酒呑む時にでも、使っていただければ。
もちろん花活けにも。

高さ20cm、胴径10cm

by muntkidy | 2009-10-24 11:24 | Comments(0)
2009年 10月 23日
お犬さま


今日はニッポンのフィギュアもの。

放浪の旅かなんかに出て、ちょっと汚れてはいるのだけど、
本当は高貴な生れではないかと思わせる、お犬さま。

丸みを帯びた姿が、実はいいものを食べて育った感じがしてくるのであります。

ちょこんと座った様子が、意外と存在感がある。
角度をいろいろ変えて見ても、どの向きもなかなかの姿。うまく表現されてると思う。

都あたりか、はたまた、将軍さまのお犬さまではないかと。。。

e0111789_1115250.jpg
e0111789_112798.jpg
e0111789_1122177.jpg
e0111789_1123120.jpg


高さ6cm、幅5.3cm ¥12,000

by muntkidy | 2009-10-23 11:03 | Comments(0)
2009年 10月 22日
白釉のジャグ


日本で見つけたものなので、ヨーロッパの白釉だけど、
どこのかはっきりしない、ジャグ。


e0111789_1112010.jpg
e0111789_11122192.jpg
e0111789_11124230.jpg


デルフトの白の釉調とも、違う。フランスのとも。
私の予想ではスペインである。

アムスにスペインの民芸陶器(メインは新物)の店があり、
そこには古いモノも飾られているのだけど、
その釉と土の感じに似たモノを感じるんだよね。
ちょっとグレイッシュなベージュの感じ。あまり見かけない釉色です。


ラッパ型に開いた口のフォルム。
好ききらいの分かれるところだと思うが、意外と悪くない。
私は口を正面においた向きが好きである。(上から2番目の写真)

さりげなく、お花が活けやすいかもしれない。

e0111789_11204971.jpg
e0111789_1120581.jpg


高さ13.5cm、幅13.5cm

by muntkidy | 2009-10-22 11:25 | Comments(0)
2009年 10月 20日
白塗りの動物

西アフリカ、トーゴからやってきた、犬。
ではない、牛かな。カモシカかな。

ムムムッ、カワイイ。バカくさくて、大変よろしい。
眼がいいっす。

本日はコレぐらい。

体長15cm、高さ7.5cm ¥12,000 

e0111789_1123188.jpg
e0111789_11231598.jpg
e0111789_1123243.jpg
e0111789_11233337.jpg
e0111789_11234854.jpg


by muntkidy | 2009-10-20 11:28 | Comments(0)