<   2010年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 29日
タペストリー


以前から、ブショング族(クバ族の中の1グループ)の
アップリケの布を見つけたら紹介してますが、本日はそれを。

元々は6~80cm四方の織った布をつなぎ合わせ、
5,6mぐらいにしたロングな巻スカートなのです。
コチラのサイト参照

いつもは、そのパネル1枚になったものを探しているのですが、
今回は3枚つづりのもの。飾った感じの写真をまずどうぞ。

e0111789_11351114.jpg


これは、1枚ずつ切り離すより、そのままにして、
タペストリーとして飾ったほうがいいと思っています。

e0111789_11464987.jpg

e0111789_11472673.jpg


というのも、これ、かなり手抜きの仕事なのですね。
丹念にアップリケされたものでなく、ほとんどは刺繍のみ。
e0111789_11585321.jpg

わかりにくいかもしれませんが、
←の大きな四角だけが、アップリケされてて、あとは刺繍。
1パネルに数ヶ所のアップリケのみ。
この作り手は、相当の面倒くさがりだったのでしょうか(私みたいに)

とはいっても、絵として見る場合、
どちらであっても関係なく見れるという観点もあります。

どうでしょうか。
目隠しの布としてもいいかもしれません。

幅70cm × 180cm ¥65,000

by muntkidy | 2010-05-29 12:05 | Comments(0)
2010年 05月 28日
レアものデルフト


アレ、久しぶりのサイレントオークション、
ぜんぜん反響がなかったみたいですね。
なんと参加者2人のみ。レレレ。
ブツの選定が悪かったのか。でも落札者なしでなくて、よかった。
岡山のTさまの¥5,210の落札とあいなりました。
おめでとうございます。


さて、本日のブツ。
小さなチップはちょこちょこあるものの、
ニューなし、直しなしの18世紀のデルフトです。。。

まずは写真を。

e0111789_1126452.jpg
e0111789_11262163.jpg
e0111789_11263925.jpg


これだと、見かけたこともあると思うのですが、
実はコレ、蓋付き!!! だから、チョー レアものなのであります。
蓋まで残っているなんて、ほとんど、ないと思います。

e0111789_11321158.jpg


ただ蓋を置いてしまうと、蓋の丸さで、ちょっとカワイクなってしまい、
胴のフォルムの綺麗さをあやふやにしてしまう。
蓋は取って、そばに飾ったほうがいいと思う。このように。

e0111789_11333338.jpg


胴の膨らみと首の細さのバランスが、ティーポットにしては大きくて、
そこがふくよかさを感じさせる。
でも注ぎ口にエッジが効いているので、ぼってりとしたダサさはありません。
やはり、古格を感じさせるフォルムというか。

釉の厚みもたっぷりで、実に豊かな白さといった感じ。
かせてはおらず、艶を感じるデルフトです。

細部はこちら。

e0111789_11382314.jpg
e0111789_11383248.jpg
e0111789_1139980.jpg
e0111789_11392840.jpg
e0111789_11394553.jpg
e0111789_1140088.jpg


蓋を置いた時の高さ 16.3cm 幅11cm

by muntkidy | 2010-05-28 11:51 | Comments(5)
2010年 05月 27日
引出


                 サイレントオークション開催中。
                 〆切は今夜。
                 けっこう低いラインですよん。


久しぶりに絶妙なバランスの和引出を手に入れた。
板の厚み、それぞれの引出の縦横比率など、とても美しいと思う。

e0111789_11433712.jpg
e0111789_11441358.jpg
e0111789_1144221.jpg
e0111789_11443192.jpg


飾り台としても使えるサイズ。
e0111789_11451277.jpg


細かいところ。

e0111789_11472159.jpg
e0111789_1147379.jpg
e0111789_11474650.jpg


幅44.5cm 高さ27cm 奥行き27cm ¥18,000

by muntkidy | 2010-05-27 11:56 | Comments(0)
2010年 05月 26日
四角い鉢


                 サイレントオークション開催中。
                 〆切は明日夜。
                 ふるってご参加下さいませ。



本日は、フェルメールの絵に登場する器です。
とは言っても、ほんのちょっとですが。

e0111789_1233676.jpg


矢印の箱の中には、
e0111789_1252751.jpg

取っ手付きの器が入っています。
下はオランダの器の本から。こんなカタチの器が使われるそう。
e0111789_1261251.jpg

なんというかはわからないのですが、
炭か何かを入れて、暖めるための器です。
普通は赤茶の釉や、緑釉のものは見かけるのだけど、
今回のコレは初めてでした。

e0111789_128428.jpg
e0111789_129118.jpg
e0111789_1291884.jpg
e0111789_1292878.jpg


やさしい黄釉。そして型押しの文様。

こんな文様のある器は初めて。とても珍しいと思います。

18世紀、オランダの北部フリースランドのものだとの話。
ここはオランダと言っても、そこ独特の言語もあるらしく、
デンマークの影響が大きい地域らしい。
ちょっと行ってみたくなりました。

なかなかの品のある様相をしています。

e0111789_12135296.jpg


幅15.5cm 奥行き10.5cm 高さ7.5cm

by muntkidy | 2010-05-26 12:33 | Comments(6)
2010年 05月 24日
久しぶりにサイレントオークション


そういえば、西荻に引っ越してから、
サイレントオークションをやっていないことに気がついた。
もう半年になるみたい。

ちょっくら、やってみましょうか。


ブログ上、サイレントオークション。まだ、ご存知でない方のために。

たとえば、以前のはコチラだったり、こちらだったり。

コメント欄にて、非公開コメントにチェックしていただき、
入札価格とお名前、メールアドレスを書いて、入札をお願いします。

サイレントというものですので、最高入札額は公表されません。
自分がこれだったら買ってもいいという金額をお書き下さいませ。
終了日の翌日にメールで結果をお知らせいたします。
(メールアドレスをお忘れなきよう、お願いいたします)

今まで、売っていた小売りの価格も明示いたしますので、
もちろんそれ以上になることはなく、
ま、体のいいセールですな。
1円でも高い方のゲットとなるわけです。

本日はコレ。ココで紹介済み

¥18,000 だったのだけど、これを¥5,001より。
どうぞ、ふるって、ご参加下さいませ。
〆切は27日深夜。結果は28日にお知らせさせていただきます。

(送料として、別途¥500をプラスさせていただくことをご了承下さいませ)

e0111789_10535817.jpg
e0111789_1054740.jpg


by muntkidy | 2010-05-24 11:46 | Comments(3)
2010年 05月 23日
リーチ


いよいよリーチとなってしまいました、本日。
半分にリーチ。

ま、今時、年は関係ないのですが、ね。

とはいえ、
シジュウクルシム!と揶揄されがちな、この数字、
なんだかヤダなと思っていたら、
カリフォルニアに住む友達から、フォーティーナインはいい数字だよ!とな。

1849年のゴールドラッシュに由来するラッキーな数字らしい。
アメフトのサンフランシスコフォーティーナイナーズもそうだし。
と言われたのであります。

ららら〜、ポジティブに考え、楽しい毎日にしたいかと思います。


今日も店内写真にいたします。


e0111789_12344721.jpg
e0111789_1234584.jpg


by muntkidy | 2010-05-23 12:38 | Comments(5)
2010年 05月 22日
店内写真


朝から、初めての築地見学に行ってきました。
よって、定時より遅れて開店。
なかなか、面白かったです。


こんな日は、定例の店内。

e0111789_1234167.jpg


by muntkidy | 2010-05-22 12:34 | Comments(0)
2010年 05月 21日
スリップウェアのタイル


暑くなりそうな1日。
まだ、店にエアコンを備えてないことに気付いた。
まずい。暑くなってくると、
クーラーなしでは、お客さまに失礼です。
早々に、買いそろえなければいけません。

まだ、お店はひんやりしてますので、涼しいですよん。


さて、今日は、初見のタイルを。

スリップウェアのタイルです。チューリップ柄。
ベルギーで見つけたものですが、オランダものか、
ちょっとはっきりしませんが、
この2国は関係が密接ですので、融合したあたり、
フラマンの地域のものでしょう。

e0111789_11522070.jpg
e0111789_11522993.jpg
e0111789_11524241.jpg
e0111789_11525247.jpg


オランダのスリップウェアによくある色調に、
黒っぽい焦茶の釉が、使われています。
この黒っぽい焦茶の釉で有名なベルギーのナムール窯があります。
ここもフラマンの地域。はっきりは言えませんが、
この地域のものではないかと推測されますが、如何に。

とはいえ、なかなか、素朴なチューリップに、
なんともいえなく魅かれるものがありますね。
厚みも、厚めなほう。
18世紀後半はあると思います。

19.5cm × 18,5cm 厚み1.5cm ¥28,000

by muntkidy | 2010-05-21 12:03 | Comments(0)
2010年 05月 20日
デルフトのミニアチュール


ままごと用に作られた取っ手付きの器。ミニチュアです。

19世紀のデルフトでありますゆえ、
お値段も手ごろ。

お遊びで、デルフトコレクションを増やしたい方、
いかがでありましょうか。
あまり見かけるものではありません。

テーブルソルト用として、食卓に登場するのもいいものです。

e0111789_11204243.jpg
e0111789_1120513.jpg
e0111789_1121162.jpg


幅6.7cm 高さ3cm ¥7,000


忘れ物をしたらいけない!と、肝に銘じつつ、
もう早速、忘れ物。
エレベーターなしの6階まで、2回も。アホです。

ということで、今日は朝からお疲れ気味。

by muntkidy | 2010-05-20 11:39 | Comments(0)
2010年 05月 19日
アフリカの民芸


じゃじゃ〜ん。昨日、無事、自宅の引越が完了いたしました。
渋谷区東から、西荻へ。
三方見晴らしのよい、なんとエレベーターなしの6階であります。
は〜きつかったよ〜。
いや、これから毎日がきつい!

いやいや、いい運動です。
これで、職住共々、完全なる西荻のヒトになってしまいますが、
出不精にならないよう、都心方面へのお誘い、よろしくお願いいたします。

さて、本日のおシナはこちら。

e0111789_1219679.jpg
e0111789_12191570.jpg
e0111789_12192664.jpg
e0111789_121934100.jpg


カメルーン fali 族 女性用の前掛け。
黒っぽい深い藍の色。縁のフリンジ。
なかなか渋い前隠しであります。
民芸のいい仕事、アフリカにも多いです。

幅55cm 高さ40cm 

by muntkidy | 2010-05-19 12:44 | Comments(1)