<   2011年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2011年 09月 30日
瀬戸の片口

明日は青山骨董通りマーケットに出店いたします。
屋根のあるパーキングですので、雨でもやっています。
どうぞ、おいで下さいませ。


瀬戸の片口。
サイズも小さくもなく、特大でもなく、よくある品なので、
な〜んだ、と思われそうだけど、
ぜんぜんなまくらでない!作りなので、紹介したい。

e0111789_1131893.jpg

e0111789_1152742.jpg

e0111789_1134452.jpg

e0111789_1144181.jpg

e0111789_11541100.jpg

e0111789_116208.jpg

e0111789_1192355.jpg

e0111789_1163918.jpg


どこをなんと言っていいのかわからないのだけど、
同じような片口はいっぱいあっても、
出来が違うと言いたい、作り。

側面から、底、高台にかけての品のある丸み。
全体の、薄すぎず均等に芯のある骨格。
釉調の変化具合。

民藝ならでは。職人のいっぱしの腕が発揮されている器だと思う。
たかが雑器でありながら、こんな品を作っていた昔の日本はさすがであります。
大事にしたいですね。


直径21cm 片口部分幅23cm 高さ11.5cm (売約済)

by muntkidy | 2011-09-30 11:36 | Comments(0)
2011年 09月 29日
鉱物の結晶ポスター



   お知らせ:10月1日(土)は青山骨董通りマーケットに出店いたします。
        今月末の目白コレクションもお忘れなく。



特注の額が上がってきたので、
(サイズをポスターに合わせただけなのに、高いのね。。。ショック)
お気に入りのポスターをやっと紹介できる。

30年代の教材用だという話だったが、
なかなかいいです。

e0111789_11333685.jpg

e0111789_11335020.jpg

e0111789_11341529.jpg


地の色も茶色に変化し、
褪せたイエローと薄グリーンの色調につかまれます。

モダンであり、でも飽きない感じ。
カツコイイです。フランスもの。


63cm x 50cm 厚み2.5cm ¥23,000

by muntkidy | 2011-09-29 11:40 | Comments(0)
2011年 09月 28日
大降りな金魚鉢

   お知らせ:10月1日(土)は青山骨董通りマーケットに出店いたします。
        今月末の目白コレクションもお忘れなく。


もう薄手のコートを引っ張り出してきてしまったのだが、
こんなときに、季節はずれな金魚鉢2点。
花活けにもいいですし。
古い硝子の質感は暖かみもあるので、寒い時期にも眼をさわやかにしてくれる。

どちらも大降りだけど、タイプは違う。

e0111789_10311588.jpg


そう、左、正しくは、金魚玉と呼ばれる江戸の硝子。
右は足付きの金魚鉢。

まずは右から。
e0111789_10324787.jpg

e0111789_1033117.jpg

e0111789_10331684.jpg


厚めで頑丈な硝子。金魚鉢の王さまっぽく、堂々としています。
3本の足があるのが、レアですか。

透過の光と影の感じもいいものです。
e0111789_1035182.jpg



次は、金魚玉。
つり下げて金魚を楽しんだもの。江戸の風物詩です。

あやうさ漂う、丸くて薄い硝子。
小さいものなら、まだ見つかるけど、
よくぞ、この大きさのもの残ってました。

ホント、薄くて怖いぐらい。よく生き延びてきたと感嘆です。
歪んだ姿も魅力だし、
やさしく弾くと、やはり、鉛を含んだピンとした音がする。

e0111789_1040750.jpg

e0111789_10402255.jpg

e0111789_10403760.jpg


金魚鉢 直径24cm 高さ13cm (売約済)
金魚玉 直径17cm 高さ13cm (売約済)

by muntkidy | 2011-09-28 11:12 | Comments(0)
2011年 09月 27日
目白コレクション


10月のメインイベント、目白コレクションのお知らせです。

もう6回目の出店になります。
春秋2回、デサントビル椿ホールでの開催となって、4回目。
47店舗が会します。

10月29日(土)30日(日)
初日は12:00から。

詳しくはコチラ。公式ホームページです。
どうぞ、お楽しみに。


今日の写真はこちら。
ご近所さんからもらった、ゴーヤの蔓を壜に入れてたら、
なんと花が咲いてました。

e0111789_1646991.jpg

e0111789_1646292.jpg


by muntkidy | 2011-09-27 11:39 | Comments(0)
2011年 09月 26日
フランスの石皿

    10月の骨董市のお知らせ:2日(土)、青山骨董通りマーケット
                 17日(日) 大江戸骨董市
                29日(土)30日(日) 目白コレクション
                目白コレクションのお知らせは明日。
        


フランスの石皿なんてものはないけれど、
それっぽい雑器が2枚。
南フランスの民衆が使ってきた素朴な焼物が入荷しました。

e0111789_10352225.jpg

e0111789_10354368.jpg

e0111789_10355960.jpg

e0111789_10361523.jpg

e0111789_10365356.jpg


明るい陽光を感じさせる優しい黄色です。
ちょっと深みがあるので、汁っぽいものがはいっても大丈夫。
縁の1本の線は、窯キズ。
真ん中の茶色の葉っぱみたいなのが、ポイントになっています。


もう1枚はもう少し、オレンジっぽい。

e0111789_1040250.jpg

e0111789_10401591.jpg

e0111789_10402994.jpg

e0111789_10404740.jpg

e0111789_1041341.jpg



どちらも、底面のナイフ跡が文様みたいにはいってる。
日本の焼物ではありえない使用痕ですが、
これまた、味わい深さになってると思う。

器形はちょっと違ってて、
黄色のほうが、底面からの立ち上がりが、角張った感じ。

どかんと盛って、取り分ける食卓に、楽しい1皿になります。


黄色ぽいほう 直径25.5cm 高さ6cm ¥12,000
橙色ぽいほう 直径26cm 高さ5.5cm (売約済)

by muntkidy | 2011-09-26 11:30 | Comments(0)
2011年 09月 24日
硝子の盃
和硝子の盃を2点

まずは、可憐な彩色筒盃。

以前も彩色のコップを紹介したことがあります。

e0111789_10435497.jpg

e0111789_10441224.jpg

e0111789_10443758.jpg

e0111789_1045838.jpg


地味めですが、葉っぱと蔓の部分など、優雅です。
楚々とした盃。
太めの筒なので、男の人のほうが似合うような気がします。

下の写真、矢印先の丸の部分は金彩です。
(写真でうまくとれなかったのが、残念。反省)
ここだけ金が使われてて、不思議なのだけど、
小粒にあでやかさを演出してるようで、
きっと、呑んでる時にいい気分がすると思う。

e0111789_1175027.jpg

e0111789_10454544.jpg


次は変わり種。

リキュールグラスなのかしら。
実験作なのかしら。
ボトルを作ってて、遊びでできたものかしら。

e0111789_1122983.jpg

e0111789_1124640.jpg

e0111789_113139.jpg


ミニボトル形の底が盛り上がって、逆さにすると
ステム、脚付きの盃になっちゃった。ってやつ?
どうなのでしょう。
愉快な1品。

e0111789_1135952.jpg


色のついた強いお酒を舐めるように、嗜んで下さいませ。
他にも、いろんな使い方ができるのでは?


彩色盃  直径5cm 高さ6cm   (売約済)
ステム盃 直径5.5cm 高さ7.5cm (売約済)

by muntkidy | 2011-09-24 11:14 | Comments(0)
2011年 09月 23日
麻靴


今日は秋分の日。
台風過ぎて、一気に寒くなっちゃいました。
こんな季節折なのに、
昨日の平和島、私ったら、ガラスものばかり買っている。

金魚鉢をふたつも買ってるし。
秋を先取りする品を買うべきところなのによ〜。
あらあら、どうしよう。
ガラスはあまり売れないと、ぶつぶつ言ってるくせにして、
こうなのです。

そんなはずれもんはちょとおいて、紹介するとして、今日はコレ。

思わず、かわいくて買っちまった。

e0111789_1013453.jpg


布素材が麻なので、これも夏靴だな。
子ども用の靴。

ま、これはオブジェとして、飾りたい雰囲気の品だす。

かわいくて、いいでっしゃろ。

さらに、加えて、裏を見てこざろう。

e0111789_10151852.jpg


買いのポイントは実はコチラ。
なんとまああ、味わい深いクツゾコ。。。

どはは。わからぬ人はわからぬこの味。
バカにされてもいいですわん。

擦れて汚れたゴムに、錆びた釘頭の連なり。
クギ、ちょと多いんじゃないのかい、とつっこみたくなる量だが。
それにしても経てきた人生、いや、靴生を感じさせる靴底。わはは。

可愛さの裏に、廃れの境地。
思わず、笑いがこぼれてしまったのでした。

長さ16cm 幅7cm ¥7,000

by muntkidy | 2011-09-23 10:34 | Comments(0)
2011年 09月 22日
黄釉の鉢、フランスより。
台風一過の爽やかさ。
平和島骨董祭りに行ってきます。
お店は午後3時からの開店です。



ここのところ、焼物が続いてますが、
本日もそう。
器に興味のない方も、おつきあい下さいね。


フロマージュブランを作る時に使う器だと聞いたことがあるけれど。
あまり、定かではありません。

e0111789_857559.jpg

e0111789_8564763.jpg

e0111789_8572223.jpg

e0111789_858413.jpg

e0111789_8574160.jpg

e0111789_8583338.jpg

e0111789_8585117.jpg


すっと立ち上がるフォルム、取っ手、片口付きと
好きなポイントを抑えています。

サイズが小振り。
大きいものはよく見かけるけれど、
このサイズは珍しいかも。使いやすい器になると思う。

外の緑の釉は、製作途中のミスなんでしょうな。
あ〜あ〜、掛かっちゃった、って感じ、ですかの?
でも、それはそれで、面白いものです。


直径21.5cm 取っ手部分幅24cm 高さ7.5cm ¥10,000

by muntkidy | 2011-09-22 11:00 | Comments(0)
2011年 09月 21日
焦げ茶のマグ

     明日は平和島骨董祭りのアーリーバイヤーズデーです。
     12時から短時間で行ってきますので、
     お店の開店は3時となります。
     いいものに出会えますように。


昨日出会えた品を。いつもさがしているマグカップです。
深〜い焦げ茶の釉。

アメリカものも捨てたもんじゃありません。

e0111789_1312481.jpg

e0111789_1314264.jpg

e0111789_1341483.jpg

e0111789_1343554.jpg

e0111789_1345338.jpg

e0111789_135661.jpg

e0111789_1355088.jpg


アーリーアメリカンのころの redware レッドウェアと呼ばれる焼物。
えび茶や、焦げ茶釉の野趣あふれるおおらかな器です。

立った姿が、骨太で、精悍さを感じる気がします。

ゆっくりと、多めの朝の1杯にいいmy cup となるのでは。
アメリカンにぴったりの大降りカップです。
底にかけて、径が小さくなっているのも、使い勝手がいいと思う。

マグカップ、なかなか古いのは見つからないので、これはおすすめ。
タイトなにゅうが1本。(胎土にははいっていない)

口径10cm 取っ手部分の幅13cm 高さ18cm (売約済)

by muntkidy | 2011-09-21 11:30 | Comments(0)
2011年 09月 20日
店内写真20/09/11




e0111789_12273593.jpg


by muntkidy | 2011-09-20 12:28 | Comments(0)