<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2012年 03月 31日
三器三様の皿
 

     ●untidy's original バッグ展 開催中
        〜明日4月1日(日)まで。残りものに福があるかも!



面白い皿が3点入荷した。
どれもフランスにて、中国や伊万里の磁器を真似て作ろうとしたファイアンスの柄皿。

同じ文様なのに、窯の違いで、白釉の釉調、染付けの色合いなど、
こうも違う。実にオモチロイ。
白の違い、藍の違い、などなど、比べてみて下さい。

e0111789_11272021.jpg


A
e0111789_1130262.jpg

B
e0111789_11304220.jpg

C
e0111789_11305769.jpg

A
e0111789_11311374.jpg

B
e0111789_1131257.jpg

C
e0111789_11314543.jpg


A
e0111789_1132826.jpg

B
e0111789_11322135.jpg

C
e0111789_11323671.jpg

A
e0111789_1133656.jpg

B
e0111789_11332193.jpg

C
e0111789_11333470.jpg


A
e0111789_1134259.jpg

B
e0111789_11351551.jpg

C
e0111789_11344352.jpg


ね〜おもしろいざんしょ〜
ヨーグルトの白、青っぽい白、クリームっぽい白。

それぞれに良さがあり、それぞれの好き好きであります。

e0111789_1137719.jpg


Aは南のほう、ムスチエっぽいかな、Bは北のほう、ルーアンかなとも、思いますが、
よくわかりません。
Cの高台側の感じ、より古手の皿によくあるタイプです。


A 直径14.5cm 高さ3.5cm
B 直径23.7cm 高さ2.5cm
C 直径23.4cm 高さ3.8cm     

(売約済)

す〜てきなテーブルが予想されましょう。

by muntkidy | 2012-03-31 11:52 | Comments(0)
2012年 03月 30日
茶碗 + スザニのバッグ
 

     ●untidy's original バッグ展 開催中
        〜4月1日(日)まで。あと3日間です。



金直しがあがってきたお茶碗を。
タイでゲットの焼き物ですが、
どこのが不明。売人も知らなかった。

あまり見たこと、ありません。
どなたか、ご存知の方いらしたら、教えて下さい。

e0111789_11151595.jpg

e0111789_11153411.jpg

e0111789_11154890.jpg

e0111789_1116490.jpg

e0111789_11161938.jpg


釉はげが多いのですが、雰囲気をもっています。
底に厚みがあって、重みがあり、手持ちがいいのです。
しっかり焼き締まっています。

直径11cm 高さ5.7cm ¥20,000


次はバッグ。
始まる前に紹介したが、最後となってしまったスザニのバッグを。

まずはモデルから。きゃ=。

e0111789_1121453.jpg

e0111789_11222044.jpg

もったほうがカワいいですね。
e0111789_11225816.jpg

e0111789_11231566.jpg

中は2個ポケット。開かないようにするボタンあり。
e0111789_1124187.jpg


もう1個。スザニのミニバッグを。
e0111789_11243419.jpg

e0111789_11244943.jpg

黒が効いていまして、ポイントのグレーもいいよね。
e0111789_1125018.jpg

中には携帯用ポケットも。
e0111789_11251220.jpg


ショルダーバッグ  袋部分 45cm x 42cm まち15cm ¥28,000
ミニバッグ 袋部分31cm x 22cm (売約済)

by muntkidy | 2012-03-30 11:31 | Comments(0)
2012年 03月 29日
仏残欠 + かっちょええバッグ
 

     ●untidy's original バッグ展 開催中
        〜4月1日(日)まで。



今日は、仏さまのトルソ。
頭も、腕も無くなって、胴体だけの残欠となっています。

これが意外と存在感がありまして、
細めの躯体ながら、堂々とした姿です。
ブロンズのパティナがなんとも言えず、
時を経て、静かに座っています。

e0111789_10423960.jpg

e0111789_10424958.jpg

e0111789_1043399.jpg

e0111789_10431570.jpg


タイ、アユタヤの川底から発掘された仏像です。

高さ11.8cm 幅6.8cm (売約済)




次は、
バッグ展期間中の恒例、店主の下半身登場です。

e0111789_10455050.jpg

e0111789_104666.jpg


オッオ〜、かっこええバッグやの〜と感動したのでありますが、
未だ残ってます。。。

布団袋がこんなに変身。
グリーンの素材感が新鮮で、持ち手も古い革ベルトを使っています。
付け方がニクいでしょ。

e0111789_10493550.jpg

e0111789_10492317.jpg


ボタンは、アフリカの軍モノのジュラルミン製。
中も開かないように、内側に、縦横のベルトを付けています。

e0111789_10502242.jpg

e0111789_1051619.jpg

e0111789_10511674.jpg


内ポケットも多めですし、
底板もはいってます。ipad なんぞ、入れてもオッケー。

港区界隈を徘徊するようなお方に持ってもらいたいものなのだが。
どなたか、おりませぬか。


布部分 52cm x 20cm 高さ26cm (売約済)

by muntkidy | 2012-03-29 11:38 | Comments(0)
2012年 03月 28日
アフリカンナイフ + メインのバッグ


      ●untidy's original バッグ展 開催中
        〜4月1日(日)まで。



コンゴ民主共和国のコンダ族との説明だった。
あまり聞いたことのない名前だけど、調べてみると
コンゴ(元ザイール)にekonda 族という、
キリスト教を信じる民族が200万ほどいることがわかった。
あ〜、ブラックアフリカmadeのキリスト像は、希少で、
オークションに出ると、相当な値段になると聞いたことがあったのだけど、
その民族か、と納得。

その人々の儀礼的なナイフである。
ま、古くはない近作だなとの思いはあったが、
造形が新奇で、面白かったので、買ってみた。

造形力を感じてください。

e0111789_10472784.jpg

e0111789_10474316.jpg

e0111789_10475895.jpg

e0111789_10481546.jpg

e0111789_10482957.jpg


鉄の質感に物足りなさはあるものの、
現代彫刻としての価値は高いと考えます。

高さ39.5cm 幅7.5cm ¥20,000




次はバッグ。またもや、店主の登場。

e0111789_10545694.jpg


これ、DMにも入れたメインのバッグなのですが、まだあるんですな。
とほほ。

横長大きめで、実にカッコいいのに。
アンタイディーの店柄のせいなのか。。。おらら〜

e0111789_10575721.jpg


中も凝ったつくり。中も堅い帆布使い。
底板も入れてありますので、重い荷物も平気です。
e0111789_10582281.jpg


持ち手の長さも変えられます。
e0111789_110046.jpg


隠れたくすぐりところ。
底面に7の文字。ラッキーセブンのバッグです。

e0111789_1105664.jpg


布部分 46cm x 26cm 高さ21cm (売約済)

by muntkidy | 2012-03-28 11:29 | Comments(0)
2012年 03月 27日
白釉の壷 + 赤いバッグ


      ●untidy's original バッグ展 開催中
        〜4月1日(日)まで。



本日は火曜日ですが、展示会中なので、開店してます。
ちょっと暖かくなってきて、やっと春の気分になるのかしらん。


珍しく壷を手に入れました。
フランスのファイアンス。白釉の無地。

デルフトは高嶺の花でありまして、
というか、ほとんど見つかりません。
まだ、フランスものだと可能性がある。お値段もお手頃なので、
オススメです。

e0111789_11372084.jpg

e0111789_1137408.jpg

e0111789_11375791.jpg


双耳で、ちょっと変化あり。
この形、黄釉や緑釉では、南仏もので見つかりますが、
白釉は珍しいかと思います。

e0111789_11385343.jpg

e0111789_1139361.jpg

e0111789_11391425.jpg


19世紀前半の品なので、状態はいいほう。
欠けが2点のみ。

e0111789_11421849.jpg


伊万里などの白磁とはまた、ちがった白。
フランスもの、らしい微かにピンクっぽさのある白です。

口径14cm 胴径21cm 高さ21.5cm ¥38,000



さて、お次はバッグに登場願いませう。
モデルは店主。どはは。

e0111789_11455921.jpg


フランスの赤ボーダーのリネンを使っています。
ほとんど見たことない色合いです。

e0111789_11465991.jpg

e0111789_11471415.jpg


取っ手は、ミシンのロープです。
ちょっと小さめで、春夏にピタリでしょん。

e0111789_1155717.jpg


中は、しっかり帆布の内布付きで、携帯などのポケットもあり。
この可愛さ、キュートにもってもらいたいっす。

布部分、32cm x 37cm まちは10cm ¥20,000

by muntkidy | 2012-03-27 11:55 | Comments(0)
2012年 03月 26日
Pot + バッグ

      ●untidy's original バッグ展 開催中
        〜4月1日(日)まで。



あれ、バッグ展。人少ないです。
なんで?
かっこいいバッグ満載なのですが。おかしいな。

ここでも、細かく、紹介していきましょう。下参照。



まずは通常の品から。
good design のポット入荷です。
ドイツのものらしい。

e0111789_1184870.jpg

e0111789_119236.jpg

e0111789_119318.jpg

e0111789_1194271.jpg

e0111789_1195489.jpg

e0111789_1110684.jpg


シルバーメッキ。取っ手に籐巻き。
胴体の細さに比すと、ちょっと注ぎ口の腕が太めかもしれないが、
でもそこが力強さを与えてるとも言えます。

蓋の細かいところも、綺麗なデザインです。
底にD.R.P の刻印。ドイツのpatent を表すらしい。

高さ14.5cm 幅17.5cm (売約済)




次は優れものポーチの紹介。
私が愛用しているのと同じデザインです。

e0111789_1119659.jpg

e0111789_11191765.jpg


ポシェットとしてもいいし、ウェストポーチとしてもいい。
平べったさがポイントです。

仕入れの時に重宝してまして、
パスポートとお金、チケットなどを入れて、腰のところに巻いて使っています。
分厚くないので、隠れて、わからないんですな。

骨董市出店の時、お金入れとしても、いいんでっせ。

お尻のほうにまわしてもかわいいかも。

e0111789_11242012.jpg

e0111789_11242972.jpg


どれも、¥8,000 (黒、緑は売約済)

by muntkidy | 2012-03-26 11:31 | Comments(3)
2012年 03月 25日
土偶らしきもの
      ●untidy's original バッグ展 開催中
        〜4月1日(日)まで。
    


バッグ展始まりました。本日2日目。
お天気よさそうです。多くの方がいらっしゃいますように。


ここでは、通常の品の紹介といきましょう。

アフリカにも、土偶の類い、発見されています。
ナイジェリアのノク、ソコト、ブルキナファソのブラなど。
紀元2〜3世紀のものもあれば、10〜11世紀の品などもある。
近代のものでも、原始的な造形物が多いのです。

今回見つけたのは、そんな考古の品ではないと思うのだけど、
珍しいテラコッタの像です。
時代もなにも不明なのだけど。
面白いなと思って、買ってみることに。
台ができたので、紹介です。

西アフリカから来ている珍品。

e0111789_11164043.jpg

e0111789_1117142.jpg

e0111789_11171547.jpg

e0111789_11172975.jpg

e0111789_11174392.jpg


小さな頭像のテラコッタです。

現代の造形と考えてみても面白いかも。
でも、作家のくさみがなさが貴重です。
アノニマスな存在として、小棚に飾れるかと思う。


台を含め 高さ12.5cm 幅4.5cm (売約済)

by muntkidy | 2012-03-25 11:29 | Comments(0)
2012年 03月 24日
バッグ展店内

untidy's original バッグ展 始まります。


アンタイディーの展示会は人が並ぶということはありませんので、
ゆっくりしたもんですが、
今回はどうでしょうか。

バッグ屋さんと化してますが、
始まる前の展示のようすをどうぞ。
今日はこれのみ。


e0111789_1102848.jpg

e0111789_1105175.jpg

ハンマーをかたずけてないじゃないか。棚上がおざなり。
(ま、アンタイディーですので、ご勘弁を)
e0111789_111624.jpg

e0111789_111197.jpg



4月1日まで、です。
どうぞ、ご来店くださいませ。

by muntkidy | 2012-03-24 11:04 | Comments(0)
2012年 03月 23日
明日からバッグ展


untidy's original バッグ展
3月24日(土)〜4月1日(日) 会期中無休 PM12:00~19:00


いよいよ明日からとなりました。
通常の品も少しは飾りますので、
多くの皆さまのご来店をおまちしております。

ということで、今日はバッグのみの紹介。
大きめの、男の人にももてるラインナップ。

単なる古布使いの布袋バッグにいたらない、きっちりとした作りです。
オサレにもちたいです。

e0111789_1051092.jpg

e0111789_10511420.jpg

e0111789_10513178.jpg

e0111789_10514450.jpg



今日は何時までかかりますかな。夕方から準備です。

by muntkidy | 2012-03-23 11:48 | Comments(0)
2012年 03月 22日
白磁のままごとセット + Bag展より

untidy's original バッグ展
3月24日(土)〜4月1日(日) 会期中無休 PM12:00~19:00


明後日からです。どうぞ、おいで下さいませ。



本日も、通常の品の紹介から。

よく、ままごと用に作られたヨーロッパの器類買ってきてますが、
ほとんどが白の陶器。
ironware と言われたりcreamware と言われたりする、軟陶の品でした。

でも、今回見つけたのは磁器。
フランスから、白磁のままごとセットです。

e0111789_10451984.jpg


ままごととしてではなく、普段のテーブルウェアとして使えるのが
日本のよきところ。
バラバラでの販売です。

1点づつ行ってみましょう。

e0111789_10493841.jpg

e0111789_10495744.jpg

e0111789_10501123.jpg


右はスープ用。これが普通サイズだと、
よほどのヨーロピアン好きじゃないと
家では置きにくいけど、小さいと平気です。

右 高さ12.5cm 幅14cm ¥6,800
左 高さ6cm 幅9cm   (売約済)

e0111789_1055974.jpg
 
e0111789_10552226.jpg


ソース用と編み目の足付き。

ソース用 幅1.25cm 高さ9cm  ¥3,800 
編み目  直径7.5cm 高さ6.5cm (売約済)


e0111789_10582220.jpg
 
e0111789_10585090.jpg

e0111789_1059344.jpg

これもスープかな。
楕円は珍しいけど、残念ながら、欠けがある。
幅11cm 高さ7.5cm ¥3,000



e0111789_111120.jpg

e0111789_111177.jpg

木の葉型のお皿。
こんなのもレアですね。
10.5cm x 6cm 2枚セット ¥6,000


e0111789_1131531.jpg

e0111789_1133086.jpg

楕円皿 大 17cm x 7cm 高さ2.2cm (売約済)
楕円皿 小 13cm x 9cm 高さ2cm  (売約済)


e0111789_1173489.jpg

e0111789_1175273.jpg

e0111789_118796.jpg

丸平皿。
左 直径12cm 高さ1.5cm  ¥1,500  (8枚あり)
中 直径9.5cm 高さ1.3cm ¥1,000  (12枚あり)
右 直径9.5cm 高さ2.3cm ¥2,000   (2枚あり)



最後は明後日からのバッグ展より。写真のみ。

e0111789_11133350.jpg

e0111789_1113484.jpg


by muntkidy | 2012-03-22 11:18 | Comments(0)