<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2013年 03月 31日
小さなスプーン

   ●4月4日(木)〜16日(火)まで、ヨーロッパ仕入のためにお休みさせていただきます。
    ブログはいつものスポットセールです。



また寒くなってやがる。やだね〜
ヨーロッパもまだ寒そうですので、いいのかもしれないのだが。
セーターとコートで行ってまいります。



本日は小さなスプーン。

e0111789_10435630.jpg

e0111789_1044976.jpg


右の2本はアフリカは、ガーナの国、
アカンの人々(アシャンティ族もそのひとつ)の砂金をすくうのに使われたスプーン。

真鍮板をたたいて形作り、打ち出し模様を施してあります。
一個一個の手作りで、
いつもながらなかなかカワイイのです。
e0111789_10511110.jpg

e0111789_10512175.jpg

e0111789_10525489.jpg

e0111789_1053571.jpg


砂金交易は15世紀ぐらいから始まり、1900年ぐらいには終わってしまったといいます。
これらのスプーンは1900年ぐらいのものでしょう。




左のピューターのスプーンはオランダより。
17世紀前半の発掘モノ。

e0111789_10572890.jpg

e0111789_10574311.jpg

e0111789_10575635.jpg

e0111789_1058873.jpg


柄先のデザインから、タワースプーンと呼ばれると聞いたことがあります。
普通サイズのスプーンはごろごろしてますが、
ままごと用のこのサイズ、あまり見かけません。





砂金用スプーン 大 長さ6.8cm 幅2.5cm (売約済)
   ‥    小 長さ5.5cm 幅2.4cm  (売約済)
ピュータースプーン 長さ8.7cm 幅2.4cm  (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2013-03-31 11:30 | Comments(0)
2013年 03月 30日
2つのフィギュア
      ●4月4日(木)〜16日(火) ヨーロッパ仕入に行ってきます。
       その間、お店はお休みです。



今日は一転、プリミティブなもので行ってみましょう。

ぜんぜん違う2つですが、なんだか、艶感の感じが似たようにも思えて。

e0111789_10313363.jpg


右は、ミャンマーのロータスブッダと呼ばれる仏像。
左はインドの人形です。



まず、太っちょの仏さまから。

e0111789_10465586.jpg

e0111789_1047810.jpg

e0111789_10472438.jpg



手の部分の表現が気に入っています。
この部分、金と黒漆のはげ感、艶感もなかないいでしょ。
e0111789_10551545.jpg



タイ語だと、プアケムと呼ばれる蓮の仏さま。

ミャンマー産に多いです。頭に蓮の花をかぶっていることが多いのですが、
これはちょうど顔、頭の一部に補修があり、よくわかりません。
(残念なとこですが。)
e0111789_10504351.jpg



ロータスブッダには、底に特徴があります。こんな感じ。
e0111789_10474329.jpg

魚や花が描かれていて、中には何かが埋め込まれてるといいます。
木彫ではなく、土となにかハーブ系の乾燥物を一緒にこねてつくった塑像です。



一方、インドの人形は。
e0111789_10583562.jpg

e0111789_10584679.jpg

e0111789_1059195.jpg

ロングヘアーの女性にしては、ちょと顔がイカメしい。
e0111789_10591382.jpg

e0111789_10592483.jpg


インドの西、グジャラート州の人形だと聞いています。
不思議な質感の違いです。
元々黒々と木味の出てた人形を携帯して、出っ張ったところが削れたかのよう。
よくはわかりませんが。

台座の上のくぼみに紐がついています。


ロータスブッダ 高さ11.8cm 幅7cm 奥行5cm  ¥12,000
インドの人形  高さ13.4cm 幅4cm 奥行4cm  (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2013-03-30 11:29 | Comments(1)
2013年 03月 29日
象牙の箸

      ●4月4日(木)〜16日(火) ヨーロッパ仕入に行ってきます。
       その間、お店はお休みです。



象牙色の器に象牙の箸を置いてみた。
なんとも優雅であります。

e0111789_11143933.jpg


お箸はこんな。長いほうは中国の。短いのは日本の。

e0111789_11155221.jpg


まず、日本のから。
作りがぴっしり綺麗、いかにも日本らしい丁寧な仕事。
あまり使われていないので、色もそう変化していません。
子供向けなのか、少々短めです。
でも携帯箸にするのにはいいと思われます。
e0111789_11252481.jpg

e0111789_11184317.jpg

e0111789_11253524.jpg

e0111789_11254932.jpg

e0111789_11185851.jpg


中国のほう。
こちらは使う込んで、飴色に変化してきています。
先っぽが丸くて細くなってないので、日本人には少し使いづらいかと思うが、
取り箸に使うのだったらいい。
(でも、細めのほうかと思う。意外と使いづらくなかった。)
e0111789_11411445.jpg

e0111789_11275040.jpg

e0111789_112718100.jpg

e0111789_1128014.jpg


手に取るほうは、角張った作りなのだが、一辺の線に1部すり減ったところがある。

e0111789_1129396.jpg

→の部分わかるかな。
なので、置いた面によっては、たわんでいるようにも見えるところがあります。
e0111789_11292484.jpg







日本 長さ18cm 手元7mm角 (売約済)ありがとうございました。 
中国 長さ28cm 手元5mm角 ¥5,000

by muntkidy | 2013-03-29 11:46 | Comments(0)
2013年 03月 28日
大きいオクトゴナルと小さめ楕円ファイアンス
      ●4月4日(木)〜16日(火) ヨーロッパ仕入に行ってきます。
       その間、お店はお休みです。


フランスもののお品を2点
同じ白無地でも、こうも違います。

e0111789_1110323.jpg


大きいオクトゴナルから。
e0111789_1111792.jpg

e0111789_11111710.jpg

e0111789_11113159.jpg

e0111789_11114286.jpg

e0111789_1111519.jpg

e0111789_1112241.jpg

ちょうどいい具合の象牙色に変化してきています。
状態よし。
普通サイズをおもちなら、盛り皿として大きめサイズもプラスしたら、いかがでしょう。



ヴァラージュとおぼしき、小さめ楕円ファイアンス。
ちょっと変化球的リム デザインであまりない1品かも。
すこぶる綺麗な肌をおもちです。

e0111789_11181744.jpg

e0111789_11182867.jpg

e0111789_11184095.jpg

e0111789_11185081.jpg

e0111789_111935.jpg

e0111789_11191456.jpg

微かなにゅうが1本。

アンタイディーにはちょと珍しく、エレガント系に寄り気味のお品紹介となりましたな。



オクトゴナル 辺から辺の長さ31.5cm 点から点の長さ34cm 高さ3.3cm (売約済) 
楕円ファイアンス 29cm x 18.8cm 高さ3cm   (売約済) 
                                                   ありがとうございました。

by muntkidy | 2013-03-28 11:27 | Comments(0)
2013年 03月 27日
アフリカの貨幣

4月4日(木)から、16日(火)まで、ヨーロッパ仕入に行ってきます。
(お店はお休みです。)

ここ数年、この時期は海外出張です。
だから、桜を見逃していたのだけど、
今年は一気に満開を迎え、昨日寒空の下、久しぶりに花見ができました。
開花が早すぎで、調子が狂った感じですが、私にはよかった。
狂ったように咲いている桜、やはり日本ならでは。


さて、今日の紹介。
台が出来上がりまして、久々にアフリカの貨幣を。

この形、好きなのです。マンタのようで。
devil rays という響きも好きです。(すいません、脱線です。)

e0111789_10454232.jpg

e0111789_10455556.jpg

e0111789_1046625.jpg


ナイジェリア、
tiv族と言われることもあるが、はっきりしません。

マスク以外のアフリカっていう、いい本がありまして。
それにも紹介されています。
(撮影の向きが反対ですが、ま、好きに決めていいのですよね)
e0111789_10465086.jpg



抽象的造形で、朽ち錆びた質感。
モダンなスペースに飾りたいです。


高さ22.5cm 幅15.3cm (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2013-03-27 11:26 | Comments(0)
2013年 03月 26日
店内写真26/03/13



本日は店内写真、1枚のみ。
コチラをどうぞ。

e0111789_1619377.jpg


by muntkidy | 2013-03-26 11:13 | Comments(0)
2013年 03月 25日
プロスフォラ



     ● " 残欠 " 展 開催中  at ギャラリーうつわノート in 川越
      いよいよ明日まで。残りものに福があるかも。
      どうぞ、お見逃しなく。



こんなのがあるんだ〜!と、嬉しい見つけもの。初めてモノです。

スタンド付きの十字架か、と思いきや、
パンの型押しの道具らしい。

東方教会(ギリシャ正教、ロシア正教など)での聖体礼儀で使われる聖パン
(これをプロスフォラと言うんだって)
に、押される型。聖なる印です。


e0111789_10595656.jpg

木製と真鍮製。

木のモノはググルといろいろ出てきます。

まずは、木のほう。
e0111789_1104535.jpg

e0111789_1105646.jpg

e0111789_1111030.jpg

どこが型なのか、というお方、コチラです。
e0111789_1133332.jpg

スタンドになってる意味がわかりました。

まさに聖なる道具であります。
十字架であり、聖パンに押す型・印・判。

磔形のキリストさまの表現が、プリミティブで私をくすぐりました。
ナイーブアートのひとつかも。
e0111789_115265.jpg

十字架の形は、ビザンチンの十字架の流れですね。



真鍮のほう。

e0111789_1183025.jpg

e0111789_1184651.jpg

e0111789_1185978.jpg

e0111789_1191053.jpg

e0111789_1192253.jpg


かなりデコラティブですが、よく見るとなんだか、笑える素朴さがあります。
e0111789_1195568.jpg

天使も二人いまして。
手が妙にでかい、キリストさま。

十字架はロシア十字とも呼ばれる、八端十字。




これら2つとも、ブルガリアから。19世紀

まだまだ、知らないモノがいろいろありそう。
モノの探求は続きます。


木製 高さ14.3cm 幅5cm  (売約済)ありがとうございました。
真鍮製 高さ10cm 幅5cm  ¥25,000

by muntkidy | 2013-03-25 11:33 | Comments(0)
2013年 03月 24日
ぢょかの盃

     ● " 残欠 " 展 開催中  at ギャラリーうつわノート in 川越
      〜3月26日(火)まで。残すところ3日です。
      どうぞ、お見逃しなく。



白薩摩の盃をセットで見つけた。
猪口にはほんの少し大きめなので、
中国茶の湯のみにピッタリな気がする。


アンタイディーではあまりセット売りをしたことがないが、
せっかくなので、今回はセット売りにすることにした。


とっても美しいフォルムです。

(注:撮影の地面がでこぼこしてまして、それぞれ、バラバラ傾いていますが、
   座りが悪いわけではありません。)

高台も小さめで、品がありますね。

e0111789_16391936.jpg

e0111789_16392810.jpg

e0111789_16393873.jpg

e0111789_16394838.jpg


一個で、大きめに。
1番右の味のついてるの。
e0111789_1640274.jpg

e0111789_16403942.jpg

e0111789_16405079.jpg

e0111789_1641122.jpg

     高台側の写真、もしかすると、上下、逆かも。


口径6.5cm 高さ4.5cm (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2013-03-24 11:28 | Comments(1)
2013年 03月 23日
筒のボトル

     ● " 残欠 " 展 開催中  at ギャラリーうつわノート in 川越
      〜3月26日(火)まで。残すところ4日です。
      どうぞ、お見逃しなく。



本日はコチラ。

インドネシアからやってきたものらしいが、
中国のものだろう。

円筒のフォルムがちょと見ない感じです。
渋い茶褐色の釉。


e0111789_1105444.jpg

e0111789_111681.jpg

e0111789_1111937.jpg


e0111789_1162169.jpg

e0111789_1163344.jpg

e0111789_1164745.jpg




桜の満開になったという東京、今日明日と花見も多いのかな。

焼酎用のボトルにも、雰囲気はいいが、(3合強はいります)
注ぎにくさもあるので、
花生けのほうが、向きかもしれません。

真っすぐなラインをいかして、楽しんで下さいませ。


底径7.3cm 口内径1.7cm 高さ19cm (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2013-03-23 11:18 | Comments(1)
2013年 03月 22日
2匹のカメレオン


     ● " 残欠 " 展 開催中  at ギャラリーうつわノート in 川越
      〜3月26日(火)まで。

      アンタイディーも出品しています。
      副都心線と東横線がつながって、
      渋谷から川越まで、乗換なしの1本で行けるようにもなっています。
      とても、面白い展示会です。どうぞ、行ってみて下さいませ。



今日はアフリカものをまたしても。
素材違いのカメレオンくん2匹です。
真鍮とアルミ。

e0111789_1604696.jpg

e0111789_1605784.jpg



アルミのほうは真っ黒になっています。
小気味いい、力強さがありますね。

厚みもあるのですが、アルミなので、手取りは軽めです。
e0111789_1612451.jpg

e0111789_1614628.jpg


真鍮のほう。
ぬぼーっとした表情が実に愛らしい。
笑ってますよね。
e0111789_162359.jpg

e0111789_1621389.jpg



どちらも、愛嬌のあるお2人です。2匹でした。

アルミ 体長11.5cm 高さ5.7cm   ¥14,000
真鍮  体長8.0cm 高さ4.0cm   ¥14,000

by muntkidy | 2013-03-22 11:33 | Comments(0)