<   2013年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2013年 05月 31日
マリンルック for kids
あれ、梅雨入りしたと思ったら、清々しい天気じゃありませぬか。

オーダーしたハンガーも出来上がったところだし、
新たなトライアルの品を紹介しよう。

需要があるとは思えなかったのだが、
あまりに可愛くて買ってしまった。



水兵さんの古着。子供用でっせ。
古着は商品にはしないのですが、これは別。
飾るだけでも可愛くて。
お店のディスプレイにもいいんじゃないかと。
もちろん、着せていただいても。お子ちゃまに。


A
e0111789_10523567.jpg

B
e0111789_10524684.jpg



Aがよくあるタイプですかね。
Bのほうが上着っぽくて、凝っている。
Aは裾のネイビーのラインが効いていて、バランスいい可愛さ。


A
e0111789_1055235.jpg

e0111789_10553819.jpg

e0111789_1055492.jpg

e0111789_10564410.jpg



B
袖口もデザインもいい。
e0111789_1057034.jpg

e0111789_11058.jpg

e0111789_1102758.jpg

e0111789_1112128.jpg

腕の刺繍が、大ポイント。
e0111789_111389.jpg

e0111789_1113535.jpg



5,6才向けなのかな。周りに子供がいないので、わからないのですが、
もっと上かな。

イギリス、1930年代ぐらいらしいです。


ハンガーは同じビルにある針金細工のアビアントさんにオーダー。
この形、この大きさで、と絵を書いて渡したら、すぐ出来上がってきました。
バッチリ可愛い、綺麗な出来。

e0111789_1116728.jpg


真鍮にしてしまったのですが、金の光がいやな方には灰黒く変色することができます。

ハンガー(サイズ 幅32.5cm)付き 
    (売約済)ありがとうございました。
  
             

by muntkidy | 2013-05-31 11:28 | Comments(0)
2013年 05月 30日
ピューターのトレイ

五月晴れはすぐに終わり、もう梅雨。
雨は嫌いじゃないけれど、
ジメジメして蒸し暑いのは苦手でして。
今日はまだそれほどじゃないですね。



硬質のピューターでいってみます。

トレイとスープ皿。どちらもオランダより。

e0111789_10481477.jpg


あまり見つからないトレイのほうから。
e0111789_10531122.jpg

e0111789_10532725.jpg

e0111789_10533751.jpg

e0111789_10535461.jpg

19世紀。
夏の晩酌にいいかと思い、ガラスの徳利をさがすがナシ。
とりあえず、あるものを置いてみた。
e0111789_10551170.jpg

e0111789_10552481.jpg

少々小さめの径。でも重くならずにいいかもしれない。


もう1枚は、
これも形が珍しい深さのある皿。スープ用ですね。
18世紀ものだし、あまりないと思う。

e0111789_10583017.jpg

e0111789_10584286.jpg

e0111789_10585592.jpg

e0111789_1059887.jpg

e0111789_10592043.jpg


一個ホールあり。
焼き菓子なんかを盛るのにいいと思いますです。



トレイ   直径22.2cm 高さ1.3cm ¥18,000 
スープ皿  直径18.9cm 高さ2.7cm (売約済)ありがとうございました。

by muntkidy | 2013-05-30 11:18 | Comments(0)
2013年 05月 29日
ガイコツの銅版画

昨日に引き続き、身体関連。
アナトミーものです。18世紀の医学書より。

ガイコツさんの後ろ姿。アハーンとポーズ。

e0111789_1044417.jpg

e0111789_1044575.jpg

e0111789_10451294.jpg

e0111789_10452759.jpg

飾った感じはこうです。
e0111789_11102295.jpg

e0111789_10481397.jpg





これだけでは寂しいかと。
もう1枚。
e0111789_10485535.jpg


ドハハ。顔相学、だって!
いや=笑えます。牛のお顔に似てるのね。

e0111789_10493511.jpg

e0111789_10495056.jpg

e0111789_1050256.jpg


イタリア17世紀の銅版画に手彩色。文字は活版です。



ガイコツの銅版画 額入り 31.2cm x 40.2cm ¥20,000
顔相の銅版画(バックにおいた古紙付き) 本体10cm x 16cm バック紙18.5cm x 24cm ¥6,000 





        

by muntkidy | 2013-05-29 11:31 | Comments(0)
2013年 05月 28日
メメントモリ


ロンドンにウェルカムコレクションというミュージアムがあって、
滞在していた時、日本のアウトサイダーアート展をやっていた。

これがなかなかよかったのである。

去年、オランダで開催され、今年はイギリス。
その後、北欧のほうまで巡回されるらしかったが、
かなり好評のようす。

日本では話題にものぼっていない感じで、
肝心の日本でなんでやらないんだろうと、実に残念だったのです。

ロンドンに行かれる方、6月30日までやっていますので、
行って見て下さいませ。


これを過ぎても、ここの美術館のコレクション、面白いので、オススメです。
入場もフリーだし。


薬屋として一代で財をなした、ヘンリーウェルカムという人のコレクションを基にした博物館。
医療や、生と死にまつわるような品々がいろいろ集められています。
いかにもアンタイディーが好きそうな感じでっせ。
世界いろんな地域から集められてまして、それはそれはビザールな品揃え。


コチラのサイトで、コレクションの一部見て下さいませ。


さて、さて、
今日のお写真は、そこに収蔵されてもよさそうな紙もの。
メメントモリの1枚。
いいでしょ。もう売約済です。

e0111789_15564015.jpg


by muntkidy | 2013-05-28 11:34 | Comments(0)
2013年 05月 27日
夏のデザート皿
ガラスものの撮影はなんとなくむずかしい印象があって、紹介が遅れていた。
季節を逃すといけないので、
あまり考えることなく撮影をすますことにした。



アイスクリームなんぞ、のせたらいかが! かと思ってかったガラス皿。

サイズがデセールにいいのです。

e0111789_10365167.jpg

e0111789_1037084.jpg

e0111789_10371142.jpg

e0111789_10384199.jpg

e0111789_10385511.jpg

e0111789_1039644.jpg


吹きガラスのポンテ跡を綺麗に擦って、デザインにいかしている。

微妙に3枚に違いがあるが、
写真で明確にわかるほどの違いではない。
1枚だけ、くぼみに深さがあって、リム部分が高い。
e0111789_10434395.jpg


夏らしい器です。
微かに、キーンとした響きがあり、鉛がはいっていることがわかる。




もう1品もガラス。デミタスカップ。
こちらはもう少し、クリスタル系。
クリアーな質感、響きがより綺麗。

e0111789_10461725.jpg

e0111789_10462869.jpg

e0111789_10464187.jpg

e0111789_10465270.jpg

e0111789_10471333.jpg

e0111789_10473020.jpg

e0111789_10474350.jpg

e0111789_10475629.jpg

e0111789_1048820.jpg

これも吹きガラス。厚みに違いがある。
e0111789_10483718.jpg


ちょっちアンタイディーらしくないデザインっぽいが、そうでもない。
硬質なカットの感じがキリッとしてていいのである。
小さくてかわいいし。

気分を変えて。夏のエスプレッソに。
試してみましたが、なかなか飲みやすくていいです。


最後に一緒に。
e0111789_10512647.jpg


お皿は19世紀末、カップは20世紀前半かと。


お皿   直径15.7cm~16cm 高さ1.7cm~2.1cm (売約済)
カップ  幅9.1cm 高さ5.5cm          (売約済)ありがとうございました。

by muntkidy | 2013-05-27 11:44 | Comments(0)
2013年 05月 26日
シルバーの拡大鏡
シルバーが高騰しているらしい。
金にせまる勢いで上がってるらしく、
古い銀製品を買い集め、銀の延べ棒にしようとする人すらいるらしい。
じぇじぇ。

それに、円が安くなっていることもあって、
イギリスでの銀のカトラリーが買いにくくなってるのである。

いつもように、定番類は買ってはきているのですが、
今回はコチラ。

あまりの高さに一度はあきらめたのだけど、
これ逃すと、またそれ以上に買えなくなるかと思い、買ってきました。
びっくりするお値段。拡大鏡はなかなかないらいしいのだ。


e0111789_1133118.jpg


銀の虫眼鏡。
なかなかいい風貌をしている。

e0111789_1133457.jpg

e0111789_1133582.jpg


気取りすぎない、プリミティブさのあるデザイン。
e0111789_11342487.jpg

e0111789_11343542.jpg

e0111789_11344697.jpg

e0111789_11345741.jpg

ホールマークも消えかかってまして、ゴツゴツ感もいいです。

判別しにくいのですが、
場所はチェスター、年代は1846年か、1857年か、1858年。19世紀です。

ま、肝心の拡大度はと、いいますと、
それほどは大きくはならないのだけど。

e0111789_11371544.jpg


とはいえ、書斎にぜひ置いてほしい、男の小物であります。




右に置いたのは、ナプキンホルダー。
超シンプル。
いつもこのシンプル判を探してますが、意外とないのです。
どこかにデザインがはいってるのがほとんど。
せめて、もう1個はないと、と思うのだけど。気長に探します。

でも、1個でも、
蓋置に使ってもらいたいものだ、というのもあり。
クリスマス茶事なんかにいかがでそう。

e0111789_11385767.jpg

e0111789_1139868.jpg

e0111789_11392040.jpg


こちらは1918年 ロンドン。




拡大鏡   長さ18cm 丸い部分直径9cm  (売約済)ありがとうございました。
ホルダー  直径4.3~4.5cm 幅3cm     ¥8,000

by muntkidy | 2013-05-26 11:47 | Comments(0)
2013年 05月 25日
宇宙人を捕まえたぞ!
e0111789_10182656.jpg

e0111789_10184234.jpg



いかがでせう。
2種の宇宙人、ガラスドームの中で捕らえられております。


てなことはなくて。

ドームに鎮座していただきました、アフリカの木彫です。

最初の立像のほうは、ブルキナファソ ロビ族。
かわいらしいサイズを見つけました。

e0111789_102168.jpg

e0111789_10212039.jpg

e0111789_10213286.jpg


足が長いね。というか、胴が短いといった感じ。

お顔が宇宙人っぽいデベソなお人であります。
胸を隠した手がご愛嬌。




頭像のほうは、多分タンザニア、マコンデの人々の工芸品かな。
マコンデの彫像は今ひとつ、私のタイプではないのですが、
これは悪くない。
首の長さと眼を閉じた静かめな顔がよくできていると思います。

ガラスドームに入れると、なおのこと宇宙人的に見える。

e0111789_10275287.jpg

e0111789_1028370.jpg

e0111789_1028147.jpg



ガラスドームも小さめを見つけて、うれしい1品。
そう古くはありませんが、ヨーロッパ産です。(どこかは定かでない)
台座とガラスのバランスがよくて、
小さな彫像を飾るのに、最適。

e0111789_10323973.jpg

e0111789_10415711.jpg

e0111789_10325393.jpg

台座は木ではなく、プラクチック系、ベークライトっぽい。



ロビの彫像    高さ10cm 幅3cm   ¥8,000
マコンデの彫像  高さ 9cm  幅3cm    ¥8,000
ガラスドーム 
  台座直径10cm ガラス内径7cm 高さ14cm 全体の高さ15.5cm (売約済)ありがとうございました。

by muntkidy | 2013-05-25 11:29 | Comments(0)
2013年 05月 24日
黄釉の鉢



大きめの鉢はあまりないように思う。
フランスの黄釉陶器。


ここのところ器の紹介が少なかったので、
ここ数日のお天気のようなお品。


e0111789_1040383.jpg

e0111789_10405546.jpg

e0111789_104188.jpg

e0111789_10412121.jpg

e0111789_10413283.jpg

e0111789_10414533.jpg


白を基本で整えた後に、黄色を挿し色で入れていっても楽しい。

明るい陽光あふれるざっくばらんな食卓です。
欠けなんて気にならない。

どんと盛って下さいませ。


直径26.5cm 高さ11.5cm ¥18,000

by muntkidy | 2013-05-24 11:28 | Comments(0)
2013年 05月 23日
コルク栓
なんとまあ、カワイイコルク栓を見つけた。

e0111789_109390.jpg



コルク部分の長さは15mm足らず。底部分の直径は7mm。

こんなに小さなガラス瓶なんてあるのかしら。

ドイツ製らしいので、ドイツにはあるんでしょうね。

e0111789_1017789.jpg

e0111789_10172047.jpg


お顔のアップ。
e0111789_10174558.jpg

e0111789_10175771.jpg

e0111789_1018985.jpg


並べて飾っても可愛い。

瓶にさしてみたくて、マッチする小さい口の瓶を探したがない。
一個だけあった、こちらの瓶にさしてみたら。。。
どはは。こげな具合に。笑えます。
e0111789_1041360.jpg




もう一つ行ってみましょう
こちらは Made in Japan。

e0111789_1023209.jpg

e0111789_10234113.jpg

e0111789_10235319.jpg


バックに置いたブリキとの色合わせがマッチしてるでしょ。

このブリキは実はちりとり。
e0111789_10262090.jpg

裏が絶妙な色調になってまして。
e0111789_10264887.jpg


掌に置いてみると。
e0111789_10271850.jpg



う〜ん、どれもカワイイザンス。



ドイツ コルク栓 高さ2.8cm~3cm 1個 (売約済)
日本 磁器人形 高さ4.8cm 幅1.5cm   (売約済) 
ブリキちりとり 11.7cm x 9.4cm    (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2013-05-23 11:23 | Comments(1)
2013年 05月 22日
アフリカ ブロンズ像

あらら、携帯からの投稿の写真、デカすぎましたね。

iphone からのメールで写真を送信する場合、
写真の大きさを大中小で選ぶ感じになるのですが。
いつもの小サイズだとブログでの反映が小さすぎるので、
中サイズで送ってみたのだけど、今度はデカすぎ。
何かいいアプリがきっとあるはずだろうから、探さないといけません。
パソコンから見る人にはデカすぎで、写真のアラが目立ちますもんね。



奈良一泊のお休みをいただき、気分を新たに。
楽しい旅行となりました。

メジコレ片付けが今日になって、今からやらねばならぬ。

ブログはサラリといきましょう。

e0111789_9584350.jpg

e0111789_9585921.jpg

e0111789_9591310.jpg

e0111789_9592448.jpg


アフリカはブルキナファソ、ロビ族のブロンズ像。
木彫りは多いのですが、ブロンズはあまり見ません。

お茶目な感じな顔つきでして、
ポケットに手をつっこんで突っ立つ様子に見えてしまうが、
胸も突き出し、不思議な感じ。

コレ、19世紀はあると思います。

高さ9.4cm 幅3cm (売約済)ありがとうございました。

by muntkidy | 2013-05-22 10:12 | Comments(1)