<   2014年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2014年 04月 30日
安南のそう小さくもない小壺

今日はお天気悪しで、
撮影がイマイチです。
外光の光が暗いと、どうも、カメラの認識がブレるみたいで、
なんかしっくりきません。

古手のピューターの皿を紹介しようと思っていたが、
どうも色、質感がうまく伝わらない感じだったので、
急遽変更。

オランダで手に入れた安南の小壺です。



安南の染付小壺はホイアン沖の沈没船から取り上げられた海揚がりのものが
かなり出回っているので、珍しくもないのですが、
よく見かけるサイズより二周りほど大きいので、買ってみることにしました。

海揚がりでなく、土からの発掘の品のようです。


e0111789_111603.jpg

e0111789_11161629.jpg

e0111789_11162968.jpg

e0111789_11163955.jpg

e0111789_11165525.jpg

e0111789_1117613.jpg

e0111789_1117175.jpg

e0111789_11172843.jpg



大きさがポイントです。
うずくまるサイズをちょっと小さくした感じ。
小壺すぎず、存在感もあります。

写真がよくありませんが、
ご了承下さいませ。


ヴェトナム 15,6世紀

底径5.8cm 胴径約9cm 高さ8.5cm (売約済)ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-04-30 11:30 | Comments(0)
2014年 04月 29日
カラフルバスケット + BAG展より
今日は天皇誕生日じゃなかったよ。
それは昭和の時代の話じゃった。

平成の天皇誕生日は12月23日。今日はみどりの日ですね。

火曜日ですが、開店してます。




アフリカのカラフルな色合いのバスケットを見つけた。
古いものではない。

でも、全くの新品ではないようだし、
そんなこと関係なく、デザインに魅了された。

e0111789_10443611.jpg

e0111789_1044523.jpg

e0111789_1045295.jpg

e0111789_10451499.jpg

e0111789_10521765.jpg


色合いといい、柄といい、
かなりセンスある編み手によるものだよね。

多分南アフリカあたりのものだと思う。

鳥が4羽?
ある1点から4匹がにゅうっと姿を現してるってか、魔術のように。。
なんて、見えたり。

鳥の頭をした唐辛子のようでもあったり。

ま、なかなか巧みなデザインのバスケットでした。



バッグ展からも1点いってみましょう。

またもや店主の登場。

e0111789_10525129.jpg


ショルダータイプ。

古いテント生地を使っています。

e0111789_10533075.jpg

e0111789_1057479.jpg

e0111789_1058480.jpg


さりげなく、洗練された方が、
ちょとワイルドなイメージでもってほしい感じ。



e0111789_10551078.jpg

大きいので、外付けポケットが生きてきます。
携帯や、スイカなんかのカードを入れるのに、いいのです。ぱっと出せる。

中にもポケット。これは鍵、財布なんか、どうぞ。
e0111789_111867.jpg


口が広がるのを避けるために、ポッチをつけています。
e0111789_1113058.jpg


肩に掛けない時はこんな感じ。
e0111789_1121036.jpg




アフリカのバスケット  直径19cm 高さ3.8cm  (売約済) ありがとうございました。
テント生地 ショルダーバッグ  ¥21,600

by muntkidy | 2014-04-29 11:20 | Comments(1)
2014年 04月 28日
見立て盃 3種

明日は火曜日ですが、
天皇誕生日で休日、バッグ展開催中ですので、
開店しております。



本日はコチラ。

お得意のヨーロッパからの見立て盃。

e0111789_1027837.jpg


右、左、中と行きましょう。


まずは、可憐なピンクの彩色なヤツ。
e0111789_10283247.jpg

e0111789_10284463.jpg

e0111789_10285761.jpg

手描きの絵付け、
元々はティーボール。ソーサーがなくなっています。

この中がまたいいんです。
e0111789_10294320.jpg


むむむ、カワイイ。
店主の太指には似合わんが。
e0111789_10302813.jpg


19世紀前半のものです。
器胎の薄さと、高台の中の釉溜まりの青みを見て下さい。
e0111789_10301487.jpg




次は左の渋いヤツ。
オランダ、18世紀の黄釉。ままごと用だと思われます。

e0111789_10333075.jpg

e0111789_1033426.jpg

e0111789_10431468.jpg

e0111789_10335827.jpg

e0111789_10342340.jpg

e0111789_10341252.jpg

e0111789_10343521.jpg

e0111789_10433498.jpg

e0111789_10434876.jpg


ね、可愛らしさもあって、なかなかいいでしょ。
唐津や、朝鮮ものをおもちの皆さま、
そのコレクションに加えて、彩りを添えていただきたいお品。



最後はよくある実験用の白磁です。
プレーンな定番タイプ。
ドイツのものです。

e0111789_10462144.jpg

e0111789_10463665.jpg

e0111789_10464727.jpg

e0111789_10465727.jpg


実はコレ、蓋付きでして。
e0111789_1047201.jpg


蓋と胴にマークあり。
ドイツ磁器の会社を探したが、わかりません。
e0111789_10541057.jpg




紹介順より。
イギリス   直径6.6cm 高さ4.3cm    (売約済)
オランダ 直径6.4cm 高さ3.5cm     (売約済)
ドイツ 白磁 直径6.2cm 蓋なしの高さ4cm  (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-04-28 11:44 | Comments(0)
2014年 04月 27日
バッグ展より
本日はバッグ展からの1品。


オーソドックスだけど、
細かいところがしゃれているバッグを。

店主の登場、お許し下さい。

e0111789_10262045.jpg


普通のトートバッグの形ですが、
素材感よしで、細かいところが凝ってまして、なかなかの出来。
派手さはないが、シックにオサレだと思うのだ。

e0111789_10292184.jpg

e0111789_10293386.jpg


両側、外にポケット、高さを変えてあるところが、ミソ。

ステッチもいいです。

片側は2ポケットで、大きいほうにはホック。
e0111789_10351530.jpg

e0111789_103531100.jpg

e0111789_10354977.jpg


片側は3ポケット。
どちらかというと実用より、デザインですが、この浅さがいいです。
e0111789_10371623.jpg

e0111789_10384056.jpg



内側はストライプの布を使っています。
この合わせがニクい。
e0111789_10402899.jpg

中にもポケット2個。財布やら、鍵やら、お入れ下さい。
e0111789_10413792.jpg


ね〜、趣味のいい男性にもってもらいたいのだ。
もちろん女性でもオツケー。


(売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-04-27 11:20 | Comments(0)
2014年 04月 26日
木彫のカメレオン

●バッグ展 開催中
 ゴールデンウィークの4日まで続きます。会期中は無休です。どうぞおいで下さいませ。



ここでは新入荷の品の紹介です。


ユーモラスなカメレオン。
木彫を見つけました。

アフリカはブルキナファソ、ロビ族のもの。
これらもアルター/祭壇に飾られる、ある意味、神聖な彫刻です。
カメレオンも神さまのひとつのようで。


e0111789_10522671.jpg

e0111789_1131213.jpg

e0111789_1132587.jpg

e0111789_1145072.jpg

e0111789_10524481.jpg

e0111789_10525975.jpg

e0111789_10533387.jpg

e0111789_1053452.jpg


恐竜のような感じが出てまして、
なかなか素朴で、ウマイ。
お顔もうっすらと、口と眼がカワイイです。

何気なく、気張らない彫刻で、そばに楽に置いておけます。


体長20.5cm 高さ5.5cm (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-04-26 11:25 | Comments(1)
2014年 04月 25日
バッグ展初日


本日から、お店では、オリジナルバッグ展の開催です。
制作は福岡アンタイディー 店主 大塚淳子。

古い布を使い、泥染や藍染に別注したりして、こだわったバッグを作っています。


今日は、その展示風景をずらりと並べます。

e0111789_1127791.jpg

布でつくったバーキンバッグ。縁がきりっぱなしのとこがミソです。

e0111789_10345881.jpg

e0111789_10354482.jpg

e0111789_11321482.jpg

e0111789_10362023.jpg



ヨーロッパから入荷の品も並べています。
どうぞ、おいで下さいませ。

by muntkidy | 2014-04-25 11:40 | Comments(0)
2014年 04月 24日
フランスの大皿
明日から、アンタイディーオリジナル バッグ展 開催です。
12:00~19:00 会期中無休。

今日は残業で、模様替えの予定。

どうぞ、おいで下さいませ。




ここでは通常どおりに、新入荷の品を紹介します。

器と行ってみましょうか。

なかなかの古格ある黄釉の大皿。フランスより。
味わいもたっぷりです

e0111789_15501050.jpg

e0111789_15502142.jpg

e0111789_1550314.jpg

e0111789_15511295.jpg

e0111789_15504813.jpg

e0111789_1551134.jpg

e0111789_15512571.jpg

e0111789_15513720.jpg


数あるキズをもろともせず、帰って渋さを増した感が漂っています。

もちろん使えますし、
飾り皿としても存在感がある。

こんな感じになります。
e0111789_10573182.jpg



直径30.5cm 取っ手を含んだ幅36cm 高さ4.5cm  (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-04-24 11:38 | Comments(1)
2014年 04月 23日
ロシアのモノ?

●金曜日25日から、オリジナルバッグ展です。
 5月4日(日)まで、無休で続きます。
新入荷の通常の品と、一緒の展示になります。どうぞ、お楽しみに。



今日は、ちょっと定かでないオシナ。

売人の説明では、ロシアのものだとな。
イギリスで買ってきています。

初めてもの。
モスクっぽい感じもするし、ちょっちイスラムはいっているかな〜とか、
考えたりしますが、かなり融合してる感じです。
ウクライナ、コーカサスあたりかもしれません。

どうでしょうか。どなたか、ご存知の方、いらっしゃれば、お知らせ下さい。

e0111789_10405251.jpg

e0111789_10125326.jpg

e0111789_10131158.jpg

e0111789_10132820.jpg


蓋の取っ手の、欠けた部分の摩耗の感じ、ペイントの剥げ感など、
時代はそこそこあると思います。

味わいはなかなかのものです。19世紀は確かかな。

e0111789_10193757.jpg

e0111789_101738100.jpg

e0111789_10174963.jpg


これは蓋の裏。
e0111789_101808.jpg

内面は赤くペイントされています。
e0111789_10183557.jpg

ヒビが2本。
e0111789_1019747.jpg

e0111789_10191975.jpg


底。元はこんな感じだったことがわかります。
e0111789_10202328.jpg




蓋をしたときの高さ22cm  蓋なしの時の高さ15.5cm
胴形約19cm 口径13.7cm

(売約済)ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-04-23 11:25 | Comments(0)
2014年 04月 22日
スペインの白釉ファイアンス

●今週の金曜日25日(金)から、5月4日(日)まで、
アンタイディー オリジナルバッグ展開催します。
その間無休です。どうぞ、おいで下さいませ。



白錫釉の焼物は、ヨーロッパのいろんな地域にあるのだが、
今回、スペインの18世紀のジャグを見つけた。

赤いラインがはいっている。
意外にこのデザインも悪くない。

e0111789_13523899.jpg

e0111789_13525186.jpg

e0111789_1353338.jpg

e0111789_13531553.jpg

e0111789_13532541.jpg


この取っ手部分の薄さがとてもいい。
e0111789_13535012.jpg

e0111789_1355613.jpg


白釉の適度なねっとり具合も。
e0111789_13541310.jpg


縁の釉剥げの様相も。
e0111789_1354345.jpg

e0111789_13544568.jpg


高台は。
e0111789_13554718.jpg



この広口のフォルムはスペインならではのもの。
南特有の甘さもさほどなく、
これはいい1品だと思うのだ。



高さ20.5cm 最大幅18.5cm 底径9cm  (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-04-22 11:30 | Comments(0)
2014年 04月 21日
リネンフォールドのパネル
●今週の金曜日25日(金)から、5月4日(日)まで、
アンタイディー オリジナルバッグ展開催します。
その間無休です。どうぞ、おいで下さいませ。



リネンフォールドと言うと、ヨーロッパ ゴシック期の建築の羽目板や、
家具の一部に使われた装飾彫りで、ナプキンを折り重ねたようにひだ状になってるもの。
仏像の着衣にも通じるものがあって、なかなか綺麗な彫刻である。

右のもの。

e0111789_10523913.jpg

e0111789_1053112.jpg

e0111789_10531422.jpg


今はややすたれてしまっているロンドンのポートベローの市にて、
1500 年ぐらいとの説明だったが、
いやいや、そこまではないのでは?
ゴシックリバイバル期の18世紀後半〜19初のものだろうと思った品。
どうかな。

e0111789_105779.jpg

e0111789_10571796.jpg


かなり薄手の、洗練された彫り、優雅にゆらいいでる雰囲気が出てる。
細めの部分なので、狭い壁に飾りやすいかと思います。

e0111789_10593078.jpg

e0111789_10594498.jpg

e0111789_10595642.jpg

e0111789_11069.jpg




左に置いていたのは、単なる定規なのだけど、
彫刻的にも見えて。

e0111789_1155293.jpg


実に自然に木肌の味が増していて、
健康的な正しい古道具であります。
イギリス19世紀。

e0111789_1162241.jpg

e0111789_1163275.jpg

e0111789_1164344.jpg




リネンフォールドパネル 54cm x 9.8cm ¥30,000
定規 50.7cm x 3.7cm   (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-04-21 11:36 | Comments(0)