<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2014年 10月 31日
キュノア マグ

11月2日(日)の大江戸骨董市はもしかすると、雨になるかもしれない。
う〜ん晴れてほしい。

雨で開催されない場合は、通常どおりに西荻のお店を開店。
でも、都合により、5時で閉店とさせていただきます
晴れて、開催の場合、一日閉店とさせてただきます。


今日はさくっと。
おなじみのキュノア マグカップ。

いい大きさが入荷しましたので、早速の紹介です。

e0111789_10511915.jpg

e0111789_10502160.jpg

e0111789_10503210.jpg

e0111789_1050427.jpg

e0111789_10505219.jpg

e0111789_1051345.jpg

e0111789_10513393.jpg



今日はこんなもんとさせていただきます。

もう10月も終わります。なんと今年もあと2ヶ月。。。



口径9.5m  高さ9.4cm (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-10-31 11:33 | Comments(1)
2014年 10月 30日
緑青まみれのブロンズ器

●11月2日(日) 大江戸骨董市に出店することにしました。
 西荻のお店はお休みとなります。



カンボジアにほど近いところで発掘され、泥まみれだったブロンズの器。
砂張と呼んだほうが、イメージ高しですかね。

丹念に泥を落としたところ、
うまい具合に緑青に覆われた肌が出てきました。
(けっこう大変だったのよん)

e0111789_10445241.jpg

e0111789_1045527.jpg

e0111789_10451595.jpg

e0111789_10452672.jpg

e0111789_1055953.jpg

e0111789_10552123.jpg

e0111789_10553313.jpg


ブルーの部分があるのが、これまた自然のなせる技でして、
面白い景色となっています。


どなたか、うまく花を生けて下さる方はいないかの。


口径23.3cm 高さ8.7cm (売約済)ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-10-30 11:24 | Comments(0)
2014年 10月 29日
フジツボのついたピッチャー

そうそう、今日は午後6時で早じまいです。

それと、急遽、今週末11月2日の大江戸骨董市に出店することにいたしました。
通常は第1日曜は出ないのですが、
11月の第3日曜は仕入のために出店できないので、変更です。

その日お店はお休みとなります。(すみません)



ベトナム沖から揚げられた染付の焼物。
よく小壺や、香合のタイプは数多く見かけると思うのですが、
大きいものを見つけました。

染付の柄満載の磁器。
その中から、ピッチャータイプを、チョイス。

フジツボ付きです。

e0111789_1015025.jpg


片側はフジツボはついてませんので、
どちら側も楽しめます。

e0111789_1023321.jpg

e0111789_104989.jpg

e0111789_104214.jpg


ヨーロピアンの形に、文様は東洋。
この融合加減に魅力があります。

肌はかせてまして、その質感、色調からも
和 風味が少なくなったように思えます。
e0111789_1052564.jpg

e0111789_1054136.jpg

e0111789_10133764.jpg

e0111789_10135190.jpg


ぼよーんとしてて、
なんだか可愛らしい存在となっている気がします。

フジツボ付きも珍品です。


ベトナム 15,6世紀

幅約15cm 胴径約13cm 高さ20.7cm  (売約済)ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-10-29 11:20 | Comments(0)
2014年 10月 28日
恵比寿ビエンナーレ
e0111789_12274619.jpg



今日は火曜日、お休みですが、
恵比寿のギャラリー大蔵にて、
お手伝い中。

有志でやってる、ゴミからアートに、の展示会。
参加者全員が作品提出。グランプリを取ると、パリ旅行ブレゼントの会。
もう5回めとなります。
私は参加は3回め。

写真は、アンタイディーの作ったもの。
安易に、ピラミッドとなりました。

フレームの余りガラスで作っています。


ではまた。

by muntkidy | 2014-10-28 12:27 | Comments(0)
2014年 10月 27日
小さな朽木盆

秋の目白コレクション、無事に終了。
盛況の2日間、おいでのお客さま方、どうもありがとうございました。

そうそう、昨日のブログ、写真が横向きになっていましたね。
見づらくて、失礼いたしました。訂正しております。
なんか、iphoneからの写真添付投稿の場合、サイズや向きなど、
まだうまく把握しておりません。
ちょうどいい大きさで、掲載させるにはどうしたらいいんだろうかと、悩み中です。


さてと、
次は、新たな仕入の旅と、冬には展示会を考えておりまして。
またまたがんばらないといけません。
お楽しみにブログチェックお願いします。



今日はメジコレにてゲットの品。

こんなサイズもあるんだな、と喜ばしい小品でした。

e0111789_10462069.jpg

e0111789_10463475.jpg

e0111789_10464418.jpg

e0111789_104658100.jpg



レアですよね〜
仏さまの台になるのです。

ちょっと置いてみます。
e0111789_10475028.jpg

e0111789_1048981.jpg




直径14.1~14.8cm 高さ1.2cm (売約済)ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-10-27 11:28 | Comments(2)
2014年 10月 26日
目白コレクション2日目

e0111789_10135089.jpg


昨日はなぜか、文章が消えてましたね。
大勢のお客さまにおいでいただきました。
カンタも売れて、うれしい次第。

今日もいい1日になりますよう。

by muntkidy | 2014-10-26 10:13 | Comments(0)
2014年 10月 25日
目白コレクション
e0111789_1184694.jpg


by muntkidy | 2014-10-25 11:08 | Comments(0)
2014年 10月 24日
ミャンマーの漆


いよいよ明日となりました。
12時から開場です。

目当ての王道骨董を探す、愛すべきおっちゃんたちがわんさかあふれます。
なもんで、アンタイディーは少し、ゆったりめなんですがね。

勉強になりますので、楽しみにしてる展示会です。


ぜひ、おいで下さいませ。(お店はお休みとなります。)



今日も出品の品を。

ミャンマーの籃胎漆器。

日本ではキンマと呼ばれてますが、
キンマの葉とビンロウジュの実、石灰などを一緒に噛む嗜好品があって、
そのセットを入れておいた容器から、転じたものと思います。


e0111789_14384130.jpg



右は、その昔、ミャンマーに行ってたころ、バガンで手に入れたもの。
福岡時代の品です。
ミュージアムピースだと思います。
3段なんて、ないんですから。シャンのもの。

e0111789_1439073.jpg




どうぞ、目白コレクションで、ご覧下さいませ。

by muntkidy | 2014-10-24 11:30 | Comments(0)
2014年 10月 23日
ドゴンの木のもの

あさって、25日12時から、目白コレクション。
26日は10時〜17時まで。
どうぞ、おいで下さいませ。



さて、今日もメジコレ出品物。

アフリカものも、ドゴン族の品なら、興味ある人も多いのかしらん。


e0111789_11151088.jpg


はしごのミニチュアと、猿の仮面。


ミニチュアはしごは、高さもそこそこあり、
木の味わいもほどよく時代を経てきてる。
今では手にはいりにくい古手なタイプです。


マスクは入荷したてで、台作り、間に合わず、このまま出品です。
(と思っていたら、梱包中に、来店のお客様に、売約になっちゃいました。)

アブストラクトな表現に木の朽ちた表情、
これがたまりません。

by muntkidy | 2014-10-23 11:28 | Comments(0)
2014年 10月 22日
刺繍の布
昨日はやっとのこさ、民藝館の" カンタと刺子 " の展示会を見に行った。
(コチラ参照)

いやはや、アメージングなカンタの世界でした。
カンカン修業時代からカンタを見てきてますが、
あそこまで素晴らしいのを、あの数で見れることはありませんでした。
あれほどのコレクションが日本にあることは、世界に誇っていいほど。
岩立さんの尽力は素晴らしい。
ベンガルの女性の感性と手技に感服した時間でした。


カンタとは、旧ベンガル地方(今のインドの西ベンガル州とバングラデシュ)で作られた
刺子のこと。
パキスタンでの、刺子を施されたキルトの布(ラリーキルトと呼ばれていますが。)と
ごっちゃにする人もいますが、別物です。
古いカンタの素晴らしさは格別です。好きな方は民藝館の展示をぜひ見てきて下さいませ。


カンタの評価は高く、ヒンズーの手による具象の柄が満載のカンタは
今の私には手にいれられない。
超シンプルなカンタなら、ということで。
これはムスリムの人の手によるものでしょう。

e0111789_10321629.jpg


全体像。刺繍少なく、超シンプル。逆に清々しさがありますね。
e0111789_10324377.jpg



もう一つ。
ムスリムの手による刺繍布。ウズベキスタンのスザニです。
小さめサイズで、飾りやすいのだ。
e0111789_10375976.jpg



どちらも、目白コレクションにもっていく予定ですが、
どうでしょう。
メジコレには、この辺りのファンは来ないような感じですし、な。



目白コレクション、いよいよ3日後ととなりました。
今週末の25,26日、この2日間、お店はお休みとなります。

by muntkidy | 2014-10-22 11:30 | Comments(0)