<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2016年 02月 29日
パゴダの先、実物


パゴダとは、仏塔(ストゥーパ)を意味する英語。
仏舎利(釈迦仏の遺骨など)や法舎利(仏舎利の代用としての経文など)を安置する塔である。


ミャンマーには数多くのパゴダがあって、人々から篤く信仰されており、
中部の都市バガンには、11~13世紀のパゴダが、
大小含め3000を超えるほどあると言われています。

バガンには2度ほど行ったことがありますが、
パゴダのある遺跡の上から、初日の出を見たのはとてもいい思い出。
何年だったかな。10年ほど前?
一人で、暗い中自転車をこぎ、登っていい遺跡まで行き、登ってじっと待っていたのを
思い出します。(もちろん、他にも外国人が数人いました)



で、がんばって手に入れたのがこれ。
パゴダの塔先部分です。
でも実物。

もちろん、こういう仏教関連の骨董はミャンマーから持ち出し禁止ですが、
タイに流れてきていたもの。

やっぱり古格が違います。


e0111789_11231396.jpg

e0111789_11232384.jpg

e0111789_11481990.jpg


ちなみに、バガンのパゴダの写真。
e0111789_11244595.jpg


同じ形ですね。

2つに分かれていて、ちゃんと中に入れられるようになっている。
e0111789_112343100.jpg

e0111789_11253581.jpg

e0111789_11254680.jpg



壊された小さいパゴダから持ち去られたものか。
ずっしりと重いです。
泥を固めたものにブロンズを巻き、上から金。

e0111789_11235614.jpg

e0111789_112451.jpg


金が剥がれ、黒ずんだブロンズと錆びた緑青、残った金の風情。
なんとも言えない存在感をもっています。


時代と言うと、タイのディーラーによると、
バガン王朝の後、ペグー王朝の頃の、15,6世紀。
もしかすると、14世紀あるかも、と言ってました。
(ペグー王朝の盛期は13世紀〜16世紀)
はっきりとは言えませんが、それぐらいの古さは感じると思います。






高さ 19.5cm 底径 10.1cm お値段お問い合わせ下さい。



 

by muntkidy | 2016-02-29 12:00 | Comments(0)
2016年 02月 28日
花器に


また見つけた、花人向けの品。

タイで見つけていた時は、オイルランプと聞いていたが、
実のところ、定かではない。

これはインドネシアから来ている。
中国からの輸出もの。

そぼまったフォルムが印象的で、オブジェとしてもいい焼物である。

特にこれは、ぐぐっとした力強さがあるように思います。


e0111789_10342289.jpg

e0111789_10344035.jpg

e0111789_10284697.jpg

e0111789_10285735.jpg

e0111789_10294451.jpg

e0111789_10295450.jpg

少々灰がかぶって、肌に変化があるところもなかなかです。
e0111789_1030538.jpg


残念なのは、全体にいびつな作りだから、安定が悪い点。
ねりゴムを底につけて、安定させています。
e0111789_1031327.jpg




高さ 厄17cm  直径 12.5cm  (Sold)


 

by muntkidy | 2016-02-28 12:00 | Comments(0)
2016年 02月 27日
ホーローのレンゲ


そう目新しくもないが、久しぶりに見つけて、買った。

ホーローのレンゲ。新品ではありません。
デッドストックですね。

薄くて、綺麗なの。

1本¥500

e0111789_17504291.jpg

e0111789_1751117.jpg

e0111789_17512772.jpg

e0111789_17514247.jpg


by muntkidy | 2016-02-27 12:00 | Comments(1)
2016年 02月 26日
焼物を入れる箱


今日は久々の快晴です。気持ちいい。

確定申告!
複式簿記を1年まとめてやるって、
小規模ながら、けっこうたいへんなのだけど、
なんとか、今日で終わりそう。
あとは税理士さんにおまかせでして、やっと楽に。むふふ。



超お高い骨董の器は、桐箱に納めるのが常套ですが、
もうちょっと気軽に使いたい器だったら、
より出し入れが簡単な箱で、楽しんでみてはいかがでしょう。

って感じの紹介です。

タイからのバスケット。

サイズ的にいいぐい呑みの器がありましたので、
それを横に置いて。

e0111789_112917100.jpg

e0111789_11293267.jpg


まずはバスケットの箱もの。
e0111789_11305398.jpg

e0111789_113152.jpg

e0111789_11311918.jpg

入れてみると。
e0111789_11313727.jpg

布で包んで入れておくと、ちょうどいいサイズです。


器のほうは。

中国、元時代、龍泉窯から。
13~14世紀と聞いています。

e0111789_11325766.jpg

e0111789_1133740.jpg

e0111789_11332247.jpg

e0111789_11333691.jpg

e0111789_11334999.jpg

e0111789_11343158.jpg

e0111789_11352353.jpg


ころ茶碗ぽくて、サイズもちょうどいい、かわいさがある。
つやが出てくると、いい変化が期待できるかと。



バスケット  外形 直径12cm  高さ7.5cm  
        内寸 直径10.4cm 高さ6.5cm  (Sold)
ぐい呑み   直径7.9cm   高さ5.5cm    ¥25,000

by muntkidy | 2016-02-26 12:00 | Comments(3)
2016年 02月 25日
見立ての大発見


昨日、西荻南2丁目で火事があったのです。
けっこうな大火事だったみたい。
閉店後ですが、6棟延焼、一人死亡。
近所に住んでるのに、気がつきませんでした。
(朝、友達のline で知りました。)

皆さまも火の用心です。気をつけましょう。



今日はこちら。

e0111789_10453363.jpg

e0111789_10465112.jpg


ルワンダのバスケット。蓋がとんがりじゃないのはとても珍しいのです。
まずはこちらから。詳細を。

e0111789_10523992.jpg

e0111789_11255293.jpg

e0111789_1049884.jpg

e0111789_10492379.jpg

e0111789_10494241.jpg

e0111789_1050114.jpg



サイズや形的に、どう見ても、茶入れでしょ。

でもバスケットだから、抹茶はいれられないと諦めていたのですが、
なんと、大発見。
タイで見つけた、左の木製のカップがちょうどはいるのですよ!!!

e0111789_10504580.jpg


ぴったり動かないというわけではありませんで、
ちょっとは遊びがあります。
でも、直径も高さも納まり度、ちょうどヨシ。これぐらいはいいように思います。
入れてみて、びっくりの発見でした。



タイの木のカップ、単体でもなかなかの品。

e0111789_10562612.jpg

e0111789_10565566.jpg

この木の味わいは格別です。
最初、水牛の角製かと思ったほど。
e0111789_105643100.jpg

e0111789_11212053.jpg

中が黒いのが、また不思議なんですね。
e0111789_10581887.jpg

底。
e0111789_10585353.jpg



ルワンダのバスケット、編みが細かく、品のある品。
茶入れに見立てる、粋な人はおらんかな。

中に合うのを探すのは、またむずかしいだろうから、
ぜひ、一緒にもってていただきたいかと。


バスケット  本体内径 6.6cm  蓋外径 7.7cm  高さ 約7.3cm
木のカップ  直径 6cm  高さ  6.7cm
セットで、(売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2016-02-25 12:00 | Comments(0)
2016年 02月 24日
漆のもの


気軽に使える漆のものを
タイと日本からどうぞ。

e0111789_1005226.jpg



まず、ちょと珍しサイズの小皿から。
北陸の漆だそうです。

直径13cmほど。
私は初めてのサイズです。

和菓子、塩豆大福なんか、ぴったりではないでしょうか。

e0111789_1015938.jpg

e0111789_1022912.jpg

e0111789_104129.jpg

e0111789_1034747.jpg

e0111789_1041572.jpg

e0111789_1042744.jpg

重ねて。
e0111789_1021773.jpg






タイの漆。
深さのあるタイプ。

根来の感じがいい雰囲気。
東南アジアの漆もの、擦れ感がこれぐらいのものなど、
あまり見つからなくなっています。
朱も綺麗な赤みで、佳品だと思います。

e0111789_1065035.jpg

e0111789_1085153.jpg

e0111789_109285.jpg

e0111789_109275.jpg

e0111789_1093865.jpg


嗜好品を入れてたもの。
日本にはない形作りですね。



日本 直径 約13cm  高さ 2cm 1枚 ¥2,500 (売約済) ありがとうございました。
タイ 直径 22.3cm   高さ 7.8cm  ¥15,000

by muntkidy | 2016-02-24 12:00 | Comments(1)
2016年 02月 23日
花瓶専門店

しまった。
展示会の風景を写真撮ってくるのを忘れた。。



今、青山のDEE'S HALL で開催中の

市村美佳子「花瓶専門店」

今度の土曜日、2月27日まで。
こちらチェック。

アンタイディーもいくつか協力させてもらってまして。
かっこよく生けてもらってるのがあったのに。

すみません。
DM写真をどうぞ。

表参道近くに立ち寄る方いらっしゃったら、ぜひ、行って見て下さい。
オーガニックのお花も販売しています。

私は山形直送のさくらんぼの枝を買わせていただきました。

e0111789_1152178.jpg


by muntkidy | 2016-02-23 12:00 | Comments(0)
2016年 02月 22日
墨流しのガラス


本日から、確定申告の準備を本腰を入れて、がんばります。
2月いっぱいで終わらせます。(断固たる決意)



本日は月曜日で、お休みとなっております。


今日はヨーロッパもの。

台を作って、うまく飾られるようになっています。

ガラスの香水瓶。
スキットルと聞いていたが、やっぱりパヒュームボトルということに落ち着いた。

ガラスに見えない、色合いがとても素敵である。

e0111789_1721687.jpg

e0111789_17212194.jpg

こっちの裏にしてたほうが好きな人もいるかな。
縦に伸びてる一筋の線は、ワレではなく、制作時の掻きキズ。
e0111789_17213532.jpg

どっちを前にするかは、好き好き。
縦の線が気になるところではあるが、シャープさがーあるのはこの上のほうかな。


e0111789_17214890.jpg


この色合いがもうなんとも言えない。
e0111789_17224733.jpg

e0111789_17231045.jpg


底に少々の欠け。
e0111789_17232678.jpg



オランダ、ドイツあたりの、19世紀のガラス。

香水瓶だけど、甘くなりすぎない、色調と質感。
クールビューティーであります。



本体   幅 5.5cm  高さ 12.7cm  台につけた時の高さ 15cm (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2016-02-22 12:00 | Comments(0)
2016年 02月 21日
大江戸骨董市
e0111789_9241662.jpg







出店中です。


だんだん寒くなってきた。
早朝はそうでもなかったのに。

晴れると思ったけど、曇っています。

楽しみましょう。

by muntkidy | 2016-02-21 09:24 | Comments(0)
2016年 02月 20日
手足のパワー
明日は大江戸骨董市に出店します。
お店は午後4時からの開店となります。



ちょいとタイトルが ??? であるが、
手と足のモチーフのものを。

まずは足。

仏足石です。
石ではない、テラコッタ製。
ミャンマーから。

e0111789_10484984.jpg


東南アジアでの仏教モノならではのモチーフ、
ナーガ(蛇の神さま)に守られた仏さまの足です。
下には拝んでいる人々の姿。

e0111789_10521625.jpg

e0111789_10522767.jpg

e0111789_10523855.jpg


20世紀前半のものらしい。

やはり、仏教回りの品々って、心を平穏にさせてくれるものをもってますね。



次は手。
これはインドから。

占星術の教典の1葉を額装にしています。
アンタイディーオリジナルのフレーム。
薄くて、評判のいい額です。

e0111789_10575836.jpg

e0111789_1058974.jpg

e0111789_10581990.jpg


ハンドパワーを傍らに飾ってはいかがでしょう。



仏足石  18cm x 12.5cm 厚み 1.2cm  ¥12,000
教典  額サイズ  30.3cm x 21.5cm  (売約済)ありがとうございました。

by muntkidy | 2016-02-20 12:00 | Comments(0)