<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2016年 09月 20日
いただきもの


本日は火曜日、定休日となっております。

ずっとお天気悪いですね。
台風、またやってきています。

写真はいただきもののサフランの球根。
何もせずに、花が咲くんだって。
水もいらないとな。
ホントに咲くだろうか。私の元で。


e0111789_9422286.jpg


隣は、缶ピーのカン。
30年以上も経ってしまいました。











by muntkidy | 2016-09-20 12:00 | Comments(0)
2016年 09月 19日
藍絞りのショール



本日は敬老の日、祝日ですので、開店しています。
ただ、午後6時までの営業です。

どうぞ、西荻散策、おいで下さいませ。



アフリカ、カメルーンのバミレケ族の藍絞りの布。

アフリカならではの斬新な絞り文様。


大きな布段幕だったのを、継いであるところをはずし、
細幅にしました。


細長いので、撮影できない。二つ折りにしたものを折り曲げて。


e0111789_11222741.jpg


e0111789_11240238.jpg


全体の柄がわかるように。

折り曲げた片面。
e0111789_11224066.jpg
e0111789_11224027.jpg

もう片面。

e0111789_11223911.jpg
e0111789_11224059.jpg

古手の織りになりますので、
細幅も細幅、1幅が5〜.6cmのが5枚接ぎとなっています。

e0111789_11222789.jpg
e0111789_11222711.jpg

細めの壁に垂らすのもいいですが、
ショールにもいいと思っています。

e0111789_11223493.jpg



アフリカの手仕事の作品です。

幅28~9cm 長さ 約210cm ¥18,000







by muntkidy | 2016-09-19 12:00 | Comments(0)
2016年 09月 18日
緑の鉄箱

本日の大江戸骨董市、雨で中止となりましたので、
西荻窪のお店を開けています。

●明日は、定休日の月曜日ですが、祝日ですので、開店です

●急遽、臨時開催の25日の大江戸骨董市に出店することにいたしました。

よろしくお願いいたします。




お品紹介といたしましょう。

緑のペンキのはげ具合と、錆の感じが、雰囲気いいです。

元は工具入れかなにか?
ちょっと小さめですが、
丈夫な鉄板素材で、ずっしりとしています。

つまみや、留め具の鋲も、いいポイントになっていると思う。
e0111789_09592806.jpg
e0111789_09592853.jpg
e0111789_09592869.jpg
e0111789_09592883.jpg
e0111789_09592876.jpg
e0111789_09592821.jpg


蓋も止まるので、開け閉めで、ものを出し入れするのにも、便利。

25.4cm x 12.8cm 高さ8.6cm ¥6,800







by muntkidy | 2016-09-18 12:00 | Comments(0)
2016年 09月 17日
青唐津の片口


明日は晴れるのかしらん。雨の予報だが。
曇りで大江戸骨董市開催でしたら、明日は出店ですので、
お店は午後4時からの開店です。(夕方、記載します)
中止となりました。
残念、、、

●19日月曜日は敬老の日ですので、開店いたします。
 〜午後6時までの開店です。




大きめの唐津の片口。

小さかったら、欲しいという人も多かろうに、という感じですが、
雑器的、青唐津の鉢。

姿、いいです。

e0111789_10104205.jpg
e0111789_10104069.jpg
e0111789_10104771.jpg
e0111789_10105009.jpg


にゅうが3本あります。
e0111789_10105485.jpg
e0111789_10105976.jpg
e0111789_10110213.jpg

口が開いていますので、
大きくても使いやすいかと思う。
関東では、見つかりにくいタイプの片口です。

江戸前期はあるとな。
(酒器になると、ならないとは、大きなお値段の違いなんですね)


直径28cm 高さ11cm ¥12,000







by muntkidy | 2016-09-17 12:00 | Comments(1)
2016年 09月 16日
イギリスの手籠


●あさって18日、日曜日は大江戸骨董市に出店しますので、
午後4時からの開店となります。

●月曜日19日は、敬老の日、祝日なので、
開店いたします。18時までの営業です。

あ、平和島骨董祭り、うっかりして、行けませんでしたね。。。


本日はコチラ。

九州で手に入れたものだが、
久しぶりに、世界の民芸(浜田庄司、芹沢銈介、外村吉之介著)を眺めていたら、
同じ手が掲載されていた。

イギリスの手籠。

外村の解説で、食卓のパン籠、
材は水柳で、薄板と皮を利用している。
薄板は、日本でも折箱などに用いられるが、弾力がなくもろいのだが、
水柳はねばりがあって、よく張り、よく保つと、
書かれている。

e0111789_10034702.jpg
e0111789_10035836.jpg
e0111789_10035802.jpg
e0111789_10035829.jpg
e0111789_10041318.jpg
e0111789_10041326.jpg
e0111789_10041385.jpg

ちなみにその本の写真。

e0111789_10041282.jpg

今は倉敷民藝館に所蔵されている。
この写真のより、使い込んで、木が色づき、雰囲気がありますね。

本掲載のものは、長さが33cm。
紹介のこれは28cm で、こんなに小さいのは珍しいと言う話だった。


日本の食卓には、ちょうどいい大きさではないかと。
もちろん、他の用途でも。



長さ28cm 高さ17cm(Sold)






by muntkidy | 2016-09-16 12:00 | Comments(0)
2016年 09月 15日
お手軽な白磁


●今度の日曜日は大江戸骨董市に出店しますので、
午後4時からの開店となります。

●月曜日19日は、敬老の日で祝日なので、
開店いたします。



今日は十五夜です。(あいにくの曇りだが、東京)
お団子なんぞを盛ってはどうか。

久しぶりに原点の白磁、それもお手軽なお品の紹介。

菓子皿にうってつけの角皿です。


e0111789_10171618.jpg

e0111789_10171942.jpg
e0111789_10172359.jpg
e0111789_10172133.jpg
e0111789_10171014.jpg
e0111789_10172708.jpg
e0111789_10171228.jpg


8枚あり。
気軽だけど、エッジの効いた形作りで、いい皿だと思います。
瀬戸、昭和30〜40年代ぐらいかな。




もう1品。小ドンブリ2個。

文字や番号などはありませんが、
統制陶器と呼ばれる類いの戦前の品。
これは磁器です。

意外に韓国などでも見つかるタイプ。(併合していた時期にもっていかれたもの)
おうちで、軽くうどんを食べるのに、いいと思うんだな。
(これはちょっと重いが)

うどん鉢、探しています。


e0111789_10312281.jpg
e0111789_10312494.jpg
e0111789_10312748.jpg
e0111789_10313002.jpg

見てのとおり、右が青っぽく、左はベージュっぽい。

e0111789_10313748.jpg
e0111789_10314146.jpg
左。

e0111789_10313978.jpg


角皿  12,3cm x 10cm 高さ1.5cm  1枚 ¥1,500
小どんぶり 直径15.0cm 高さ8.0cm  (Sold)










by muntkidy | 2016-09-15 12:00 | Comments(0)
2016年 09月 14日
イギリスのストーンウェア


九州出張から、戻りました。
すっかり秋の東京ですね。

●今度の日曜日は大江戸骨董市に出店しますので、
午後4時からの開店となります。

●月曜日19日は、敬老の日で祝日なので、
開店いたします。




この古陶を紹介してなかった。


イギリスの18世紀のストーンウェアです。

e0111789_11201439.jpg
e0111789_11201744.jpg
e0111789_11202342.jpg
e0111789_11202562.jpg


最初期のドイツ ストーンウェアを探している人も多いと思うが、
なかなかいいフォルムのものに出会えない。
そのちょっと後の髭徳利も、釉調に肌が合わないのが多く、
なかなか買えない(高いし)

これは、それらからは時代は下がるが、それでも、1700年代ごろのもの。

イギリス、スタフォードシャーにて、食塩を投げ入れ、堅く焼いた硬質の炻器。
かなり鉄分が多かったのか、上がりが焦茶色に触れ、
釉薬を掛けたような上がりになっている、
まだら具合を多すぎると、気持ち悪く感じることが多いのだけど、
これはなめらかに、色艶がよく、私には好きなタイプとなっている。

e0111789_11210197.jpg
e0111789_11210356.jpg


欠けが一カ所、でも気にならない。

e0111789_11211042.jpg

中に窯キズ。
e0111789_11210681.jpg
e0111789_11211368.jpg

男気のある花器として、使っていただきたい。


高さ13.3cm 口径5.2cm (Sold)






 


by muntkidy | 2016-09-14 12:00 | Comments(0)
2016年 09月 13日
熊本から


本日まで、九州出張で、お休みです。

実家近所のお気に入りの小屋。
けっこう壊れているお家も多かった中、ここは大丈夫だった。

e0111789_9275243.jpg


今夜、初めて熊本空港を使って、東京に帰りまーす。





by muntkidy | 2016-09-13 12:00 | Comments(0)
2016年 09月 12日
変わり曲げわっぱ


明日まで、出張で、お休みとなっております。
ここでは、予約投稿で、お品紹介です。


曲げわっぱの仕事の品はヨーロッパ各地にあるが、
スウェーデンなどの北欧では、特に豊富かもしれない。



今日は、そんな中から、変わり種のタイプを2個。

e0111789_18002632.jpg

右は、蓋をスライドさせて開けるように、作られている。

e0111789_18010866.jpg
e0111789_18003464.jpg


ロックがかかるようになっていて、
左の突起をちょっと動かして、蓋を揚げ、スライドさせて開けます。

e0111789_18012900.jpg
e0111789_18003868.jpg
e0111789_18004136.jpg
e0111789_18163940.jpg

スライドさせるのは、珍しいそう。




左は、全体にペン画みたいに、文様が描かれていたのが、薄くなっています。
意外に、素朴さより、品がある感じになっている。
木の材質はわからないのですが、堅い木のようで、そのせいかもしれません。

e0111789_18203469.jpg
e0111789_18204386.jpg
e0111789_18203849.jpg
e0111789_18210203.jpg
e0111789_18204988.jpg
蓋は平板の板を2枚重ねて作っています。
e0111789_18205401.jpg
e0111789_18210034.jpg
e0111789_18205257.jpg
e0111789_18240325.jpg


中に入れるものを考えるのも、
いろんな箱がいろいろあるのも、楽しいもんです。




右(スライド式)内寸13cm x 11.3cm 高さ4.9cm ¥9,800
左(重ね蓋) 内寸 14.0cm x 8.1cm 高さ約5cm (Sold)



 


by muntkidy | 2016-09-12 12:00 | Comments(0)
2016年 09月 11日
エッチングの絵

13日(火)まで、九州出張で、お店はお休みとなっております。

ブログは通常どおりにお品紹介となっております。

18日(日)は大江戸骨董市に出店いたします。




本日は額入りのエッチング。

実は、額が目当てで、ベルギーで買ったものですが、
中の絵も悪くないので、そのままにしています。

この感じのフレーム、新たに作ってほしいほど。
細くて、綺麗な作りなのです。

e0111789_17290251.jpg
e0111789_17292005.jpg
e0111789_17291838.jpg
e0111789_17292311.jpg
e0111789_17292641.jpg


ちなみに中身の絵のアップ。
e0111789_17290874.jpg

裏は、釘打ちのまま。
e0111789_17291596.jpg

そのままで飾れます。

もし、入れ替えたいものをお持ちの場合、釘をはずし、
新たな金具をつけるところまで、承ります。



34.5cm x 24.5cm  厚み1.5cm (Sold)








by muntkidy | 2016-09-11 12:00 | Comments(1)