<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2016年 09月 10日
古い額


本日から、13日まで、九州出張中で、お店はお休みとなっております。

ブログは通常どおりにお品紹介となっております。



ヨーロッパに行くと、古い額も探しています。
紙モノを手に入れた時、ちょうど雰囲気、サイズがあるものがあれば、
仕込んでおけるからですが、
額のみでも販売しております。

いくつが在庫もあるのですが、
2枚、また見つけたので、それの紹介です。

e0111789_15583187.jpg
e0111789_15583517.jpg

ガラスと後ろの押さえのボードも揃ってますので、
入れる紙ものと、マットを作れば、すぐ完成となります。

白めの色調のはあまり見つからないかもしれません。

e0111789_15585455.jpg
e0111789_15585429.jpg
e0111789_15590006.jpg
焦茶のほうは。

e0111789_15590447.jpg
e0111789_15590913.jpg
e0111789_15590628.jpg

どちらも薄めです。

e0111789_16080192.jpg

サイズが大事ですよね。

白  外寸36.5cm x 30.7cm 内寸(見える部分)32.7cm x 26.7cm 厚み1.1cm

茶  外寸35.2cm x 27.8cm 内寸(見える部分)30.5cm x 26.3cm 厚み1,0cm

(Sold)



他にもありますので、お探しの方は、どうぞ、ご来店下さいませ。
14日から開店です。






by muntkidy | 2016-09-10 12:00 | Comments(1)
2016年 09月 09日
特大の石皿


明日から、九州出張です。
開店は14日(水曜日)となります。

ブログは通常どおりにお品紹介が続きます。




とんと最近、石皿をみかけなくなったような気がする。

数年前まで、ごろごろとしていた石皿、
(アンタイディーでは小さなサイズのみを探していました。こちらや、コチラや、こちらも
一時期の小規模なプレーンな石皿ブーム(?)も終わったのか、
最近は露天の骨董市でもあまり見かけませんね。
いや、あっても、目にとまらなくなったのかしらん。


そんなこの頃なのに、特大の石皿に反応してしまいました。
もてあますかもしれないほどの大きさ、ずっしり重く。
でも、逆に新鮮でしたよ。

直径38cmだもんね。

e0111789_13032641.jpg
e0111789_13033270.jpg
e0111789_13033759.jpg
e0111789_13033869.jpg
e0111789_13034045.jpg


味わいもバッチリ。迫力も満点。

こんな大きさのお皿なんて、
今の作家さんに作ってもらうってことはありえないですからね。
いつか、需要があることを願って、アンタイディーに置いておきます。



で、もって、普通サイズも一緒に買ってきています。

こちらは定番の大きさかな。直径30.5cm.

まあ、いい味わいです。

e0111789_13070722.jpg
e0111789_13071568.jpg
e0111789_13071702.jpg
e0111789_13072040.jpg
e0111789_13072494.jpg

とと姉ちゃんで、古田新太がカニを食ってるシーンに笑いましたが、
ゆでた蟹をどんと盛るのに、大きな石皿は重宝しますね。。。

2枚の大さを比べると。

e0111789_13073992.jpg


特大 直径38.0cm 高さ7.0cm  ¥9,800 
普通 直径30.5cm 高さ5.5cm  ¥9,000






by muntkidy | 2016-09-09 12:00 | Comments(0)
2016年 09月 08日
Medieval fragment


明後日10日から13日(火)まで九州出張のために、お休みとさせていただきます。
ブログは、通常とおりに続きます。



本日はこちら。

私自身は歴史にロマンを感じる質ではないのですが、
男性群の中には、多いですよね。

小さな断片に思いを馳せ、想像や思索が広がり深まるって、いいことです。

本日はそんなとこから、
中世からのカケラです。残欠の金具。

e0111789_10494402.jpg
e0111789_10495564.jpg

どちらも動物の彫りが素晴らしい。


ゴールド ギルトのほう。(元はブロンズ)
かなり金が残っています。
獅子ですか?
e0111789_10494763.jpg

この裏の色合がまたなんとも言えません。
e0111789_10494966.jpg

もうひとつのほう。
ルーペで、見ると、1カ所、金が残っているところがあります。
光沢のあるところはシルバーみたいに見える。
こっちは、なにかな、耳が大きいので、鹿とか?どうでしょう。
e0111789_10495146.jpg
e0111789_10495337.jpg
e0111789_10495968.jpg

ベルトバックルの残欠。
小さな宝物、として、いかがでしょうか。

こんな具象が綺麗に残っているのはとても貴重だと思います。

こんな感じの。動物紋のベルトバックルのって、
時代ははっきりしませんが、13~15世紀と考えていいのかな。
特に金のほうは、13世紀。こちら参照。


どちらもイギリスで出土の品です。




2個を並べて、小さな額に入れこむと、さらによくなるかも。
ま、見合う額を探すのに、時間がかかりますが。


金 25mm x 15mm (sold)
銀 22mm x 20mm (sold)




by muntkidy | 2016-09-08 12:02 | Comments(0)
2016年 09月 07日
砂色の布

●10日(土)〜13日(火) 九州出張で、お休みとなります。
●18日は大江戸骨董市出店です。



布をネットで紹介しても、あんまり良さが伝わらないと思っているのだけど、
新しく入荷したので、紹介してみる。

昔からよく扱っている、ナイジェリア、ヨルバ族のテキスタイルです。

まずは、壁に掛けてみたところ。
e0111789_10333988.jpg

e0111789_10335692.jpg

細幅布をはぎ合わせて、大きい布に仕立ててある、西アフリカ特有の布づくり。
遠目でみると、ベージュ一色ですが、
全く無地ではなく、白との極細のストライプになってます。
だから、奥行感があるのだと思う。


この部分の織りが特徴的。
穴が開けるように織り、白の糸が出ています。
切らずに、あえて、見せることで、デザインとしているのだと思います。
こちらを表にしていますし。
e0111789_10384346.jpg


縫い合わせの部分、これはそう古くないので、ミシンを使っています。
合わした部分を裏に。
(もっと古いのになると、手で継ぎ合わせているのだけど。)

                         ↓ こっちが裏。
e0111789_10340761.jpg
e0111789_10340575.jpg

全体広げて撮るのがむずかしく、半分づつ。
それでもよくわかりませんが。

表の、半分。
e0111789_10341758.jpg


裏の、半分。
e0111789_10341846.jpg


目隠し布でもいいし、ソファーカバーにも、いかがかと。



幅106cm 長さ212cm  (Sold)











by muntkidy | 2016-09-07 12:00 | Comments(0)
2016年 09月 06日
本日は定休日


この日はお品とは関係ない写真。

先日、久しぶりに銀座に行ったので、
熊本館に寄った。
おー、干したけのこがあるじゃないか、と、買ってきた。
知らない人も多いんじゃないかな。干したけのこ。
戻すのにかなり時間がかかるけど、
美味しんですよ。
母ちゃんの味には及ばぬが、田舎のツマミを作ってみた。
普段には買わない焼酎(もちろん芋)と、共に、
晩酌の写真。

e0111789_7585816.jpg

器は、東京に来た20代の頃、初めて桃居で買った作家さんのもの。
名前を覚えていない。誰なんだろう。
こんな肴に合うお気に入りのお皿です。





by muntkidy | 2016-09-06 12:00 | Comments(2)
2016年 09月 05日
白薩摩の煎茶碗


本日は月曜日、定休日となっております。

さくっと、気軽な品の紹介といたしましょう。


白薩摩の無地、茶碗。煎茶用。
盃になります。

e0111789_15540498.jpg
e0111789_15540674.jpg
e0111789_15540981.jpg
e0111789_15541126.jpg
e0111789_15541465.jpg


端正で、綺麗な形です。
洋主体の食器の中にも、軽く混ぜることができます。



おおむね良好な3個。右の分が色づきは1番です。
他2つは同じぐらい。



直径7.5cm 高さ4.1cm (sold)





●今週の土曜日10日から、13日(火)まで、九州出張のため、
お休みさせていただきます。







by muntkidy | 2016-09-05 12:00 | Comments(1)
2016年 09月 04日
鉄の道具


●9月10日(土)〜13日(火) 九州出張のため、お休みさせていただきます。
●9月18日(日) 大江戸骨董市に出店いたします。


これは移植ごて/スコップ/スクープ なのかな?
それとも、左官用のこてなのかな。

ブレード部分が平らなのです。

ま、どっちでもよろしく、(やっぱりガーデニング用だとは思いますが)
なかなかの鉄味で、使うというより、
オブジェとして飾りたい感じでした。


鉄味にぐっときます。スウェーデンから。


e0111789_10233620.jpg
e0111789_10242451.jpg
e0111789_10244690.jpg


本来の表じゃないほうが、ポイント高し、なのです。
グリーンのペイント跡。
e0111789_10233601.jpg

表のほうはこんな。
e0111789_10233618.jpg
このハンドル部分の色艶がまた、なんとも。
e0111789_10233669.jpg
ちょうどハンドル、表側に、穴が空いているので、
ここを使って、壁掛けができます。
e0111789_10233696.jpg


ハンドル内部はつまってないので、
見立て花器にも、使えるんですな。

e0111789_10233668.jpg
お遊びとして、どうぞ。

鉄味を見てるだけでも、いいものです。


長さ15cm 巾9.5cm (Sold)








by muntkidy | 2016-09-04 12:00 | Comments(1)
2016年 09月 03日
平たい黄色


●9月10日(土)〜13日(火) 九州出張のため、お休みさせていただきます。
●9月18日(日) 大江戸骨董市に出店いたします。



ぺったりと、平たい黄釉のお皿が入荷した。
ぺちゃんとしてます。

そう古くはないが、とても新鮮である。
フランスより。4枚ある。


e0111789_17074134.jpg

e0111789_16230311.jpg
e0111789_16251856.jpg
e0111789_16230339.jpg

1枚ずつ。
左上。これが1番発色のよい黄色。
e0111789_16230344.jpg
右上。(Sold)
e0111789_16230396.jpg




左下。
e0111789_16230337.jpg


右下。(Sold)
e0111789_16230301.jpg
e0111789_16230314.jpg
e0111789_16230318.jpg


直径23.8cm 高さ2.3cm 1枚 ¥6,800









by muntkidy | 2016-09-03 12:00 | Comments(1)
2016年 09月 02日
ドゴン 鉄と石のオブジェ


●9月10日(土)〜13日(火) 九州出張のため、お休みさせていただきます。
●9月18日(日) 大江戸骨董市に出店いたします。



本日はこちら。

可動式のオブジェ。置き方が、楽しめます。

e0111789_11013111.jpg
e0111789_11013275.jpg
e0111789_11013152.jpg

な〜んて、元は、ドゴン族の祈祷師がつけるネックレス。
上の鉄パーツは首にかかるよう、弧を描いています。

e0111789_11033996.jpg


壁にかけてもいい。好きなように。

e0111789_11033887.jpg
e0111789_11033957.jpg

石と鉄を組み合わせている。
この石がパワーストーンなのだと思う。

e0111789_11051045.jpg
e0111789_11051004.jpg


ちなみに、ドゴンの祈祷師の写真。
e0111789_11033973.jpg

長さ55cm (Sold)







by muntkidy | 2016-09-02 12:00 | Comments(0)
2016年 09月 01日
籠 2種


9月となりました。

●9月10日(土)〜13日(火) 九州出張のため、お休みさせていただきます。
●9月18日(日) 大江戸骨董市に出店いたします。


使える籠を2点。スウェーデンと日本。

まずはスウェーデンから。

これ、チーズを作る時に使われたものだそうです。

直径38cmと特大のチーズ。
wikiで調べると、ここにある写真。形状がコレです。

透かし編みのある部分には、最初にラベルを貼るんですね。

e0111789_14375999.jpg
e0111789_14375885.jpg
e0111789_14375800.jpg
e0111789_14375809.jpg
どーんとでかいので、モノ入れにいいです。
毛糸とか入れておくのにも、よさそうである。
e0111789_14474573.jpg

もう1点は、日本の。
底の編みが丁寧で、気に入ったもの。

e0111789_14375878.jpg
e0111789_14375870.jpg
e0111789_14375822.jpg
e0111789_14375954.jpg

酒器関連の小さな器をちょっと伏せて置いておくのに、いいです。


2つの大きさを比べると、こんな感じ。
e0111789_14474598.jpg



スウェーデン 直径38.3cm 高さ18.5cm (Sold)
日本   直径 31cm  高さ8cm (Sold)








by muntkidy | 2016-09-01 12:00 | Comments(0)