<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2016年 12月 31日
16' 今年見つけたベストテン 後半


いよいよ大晦日となりました。
今年も1年、かかさず、ブログ更新することができました。
皆さまのご愛顧、どうもありがとうございました。

来年も変わらず、モノさがし、紹介とがんばっていこうと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


本日は、昨日に引き続き、
ベストテンの後半部をずらり。


実は、
可愛らしい品々、フォークアート系の品や、布などの平面系など
甲乙つけがたいものが、いろいろあるのですが、
これらを加えていくと、数が増えちゃうもんで、
今回器系のユースフルアイテムのほうから、選んじゃいました。

来年からは、
ベスト5を4部門に分けてやっちゃうことにいたします。
計20点ね。


初めて買うことのできた、パナリ。

e0111789_16465935.jpg

やっぱりこれは入れとかないと。皿はあっても、マグはない。
イギリス、スリップウェア。
e0111789_16470564.jpg


スウェーデンの箱。
1度逃したものが、やってきて、とても喜んだ品。
e0111789_16471804.jpg


スウェーデンの黒釉の角型の鉢。

マグ系はまたはいるかもしれないが、
下の角型の鉢はもう見つからないだろう。
e0111789_16472402.jpg

ルーマニアの壺。
フォルムも肌もバッチグーのジャグ。
e0111789_16472845.jpg



どうぞ、よいお年をお迎え下さいませ。






by muntkidy | 2016-12-31 12:00 | Comments(2)
2016年 12月 30日
16' 今年見つけたベストテン 前半


今年の営業は終了いたしました。
1月5日(火)まで、年末年始のお休みとなっております。
ブログは毎日更新続きますので、
よかったら、チェックしてみて下さいませ。


残すところ、2日となって、
本日は、今年見つけたお品、ベストテンの発表です。
お〜っと、出会ってうれしかった品、(プレシャスなモノのほうから。)
前半部、オブジェ系から。

順不同です。



マダガスカルの木彫像。

e0111789_16223890.jpg




ソンゲ族仮面。
e0111789_16224415.jpg


ズールー族、スナッフスプーン。
e0111789_16225054.jpg

ズールー族帽子。
e0111789_16225414.jpg


アフリカもんばかりが先になってしまったが、
これも会心の仕入。

ミャンマー、パゴダの先。

e0111789_18350400.jpg










by muntkidy | 2016-12-30 12:00 | Comments(0)
2016年 12月 29日
赤い動物たち



いよいよ、2016年の営業も今日までとなりました。
5日まで、お休みとなります。(ブログは毎日更新となります)


本日までは、お品紹介。

来年の吉祥を願って、おめでたく赤いものといたしましょう。


e0111789_11464657.jpg



来年は酉年なので、まずは雉子車から。

私は熊本出身なので、なんとなく懐かしいです。
熊本の人吉のものかな。

e0111789_11465226.jpg
e0111789_11465436.jpg



インドのナンディー。ヒンズーの神様、こぶ牛の像です。
けっこういい出来。
このレベル、ありそうで、ないです。

e0111789_11465887.jpg
e0111789_11533253.jpg


スウェーデンのダラナホース。

普通は木彫りなんだけど、これって、ゴム系のプラスチック。
工芸品というより、おまけみたいに作られたものかな。
そこがまたカワイイ。

e0111789_11534237.jpg
e0111789_11533722.jpg


赤い色は魔除けとも言われます。

来年もいい年になりますよう、お祈りいたします。




雉子車  長さ5.3cm      (Sold)
木彫牛 高さ8.3cm 幅8.2cm (Sold)
ダラナホース 幅4cm     (Sold)


by muntkidy | 2016-12-29 12:00 | Comments(0)
2016年 12月 28日
フィリピンの二口ボウル


あらら、昨日の投稿、文字が大きくなっている!
携帯からのメール投稿の時って、なんか、変な時がありますね。



今年の営業も明日までと、なりました。
明日までは通常どおりの紹介にして、
お休みの間は別の企画。
企画つっても、またもや毎年の恒例ですが。。

なお、残念ながら3日の大江戸骨董市には出店いたしません。
ここのところ、年末年始は九州滞在となっておりまして、
東京には不在なんだな。



さて、本日はこちら。

久しぶりに手にいれた東南アジアもの。

フィリピン、イフガオ族の木の器。

二口タイプは久しぶりに見つけました。
一木彫りです。

e0111789_10413862.jpg




e0111789_10423803.jpg
e0111789_10414207.jpg
e0111789_10414563.jpg
e0111789_10424470.jpg
e0111789_10424781.jpg
e0111789_10425201.jpg
e0111789_10425923.jpg

何を入れ分けようか、考えるのも楽しいかと。




長さ30cm 大ボウルの直径内径約15cm 小ボウルの直径内径約8cm 高さ8.5cm
¥18,000







by muntkidy | 2016-12-28 12:00 | Comments(0)
2016年 12月 27日
火曜日は

定休日となっております。


写真は、いつもながら、地味なクリスマス。
シュトーレンの食べ比べの図。



e0111789_12121989.jpg


by muntkidy | 2016-12-27 12:12 | Comments(0)
2016年 12月 26日
トアレグのマット


本日は月曜日、定休日となっております。
今年の営業は、水28日、木29日、2日間となりました。



お品紹介はこちら。

サハラ砂漠の遊牧民、トアレグ族の砂よけのマット。

以前から扱ったことはあるのですが、
これが1番美しいと感動して買ってきたものです。

革を折り込んだ文様が、全面じゃない分、
繰り返しの美しさが際立って見えるのかもしれません。



e0111789_16552435.jpg
e0111789_16553219.jpg
e0111789_16553508.jpg
e0111789_16553989.jpg
e0111789_16554167.jpg


152cm x 60cm ¥48,000











by muntkidy | 2016-12-26 12:00 | Comments(0)
2016年 12月 25日
ファミーユローズのボウル


年内は29日までの営業です。
30日(金)〜1月5日(木)、お休みさせていただきます。

ブログは一応毎日続きます。




メリークリスマスということで、
チアフルに行きましょう。

中国からの器ですが、
なんともヨーロッパの人が好みそうな花柄。
日本だと、粉彩(ふんさい)と呼ばれる手、
ヨーロッパだと、famille rose(ファミーユローズ)と呼ばれています。

カラフルに色彩満載の器が多いのですが、
そこは日本人が選ぶとしたら、こんなものではいかがかと。

e0111789_10572933.jpg
e0111789_10573299.jpg
e0111789_10573522.jpg
e0111789_10573805.jpg
e0111789_10574258.jpg

余白の多い、なんとも繊細な絵付けでありましょう。
この抑え気味さが、日本人ならではの選択眼かと思います。

カップ&ソーサーが多い中、初めて見たボウルサイズです。


e0111789_10574548.jpg


にゅうが数本あります。

e0111789_10574833.jpg


初春に向けてのお茶碗にもいかがでしょうか、と。

清 18後半~19世紀


直径13.5~14cm 高さ6.5cm (Sold)






by muntkidy | 2016-12-25 12:00 | Comments(0)
2016年 12月 24日
キリスト磔刑像


メリークリスマスってことで、こちら。


e0111789_11345881.jpg
e0111789_11350358.jpg
e0111789_11350772.jpg
e0111789_11350979.jpg




柘植の木の無垢です。
いい色に色づいています。

額もベルギーで見つけた古いものに取り付けています。


ベルギー、フランドール地方 18世紀

像 長さ26cm 額42.7cm x 32.1cm (Sold)





by muntkidy | 2016-12-24 12:00 | Comments(2)
2016年 12月 23日
フランスのストーンウェア


突然のお知らせですみません。
本日は都合により、午後5時半で、閉店させていただきます。


年内は29日までの営業です。



今日の紹介はこちら。

フランスからのストーンウェア。
大きさが小振りで、徳利にいいのです。

ころんと丸みを帯びた姿が愛らしくもありまして。


e0111789_10294832.jpg
e0111789_10295747.jpg
e0111789_10300127.jpg
e0111789_10300509.jpg
e0111789_10295346.jpg
e0111789_10301515.jpg

e0111789_10301064.jpg



フランス、ノルマンディーからのものと聞いてきています。
時代というと、意外に古いものとは思いますが、これまたはっきりしません。
民窯だと、時代が下っても、昔のタイプが焼かれていたこともあるとは思いますので。
ま、18世紀はあるのかな。


似たようなものを資料から。

先日まで、長野県信濃美術館で開かれていた " 西洋民藝の粋 村田コレクション " 図録より。
同じ器形だが、イギリス、13~14世紀との記載。

e0111789_10431570.jpg


" 西洋の古陶 " の本から。
これはノルマンディー地方窯炻器、17世紀との記載。

e0111789_10431547.jpg


日々の暮らしを彩るモノとして、大事にしたいですね。

縁までぎりぎりに入れて、ちょうど2合です。

高さ11.5cm 胴径 約9cm (Sold)







by muntkidy | 2016-12-23 12:00 | Comments(0)
2016年 12月 22日
襤褸なラリーキルト


昨日は冬至だったんです。
いただいた柚子がありましたので、柚子湯堪能いたしました。




久しぶりにラリーキルトを買わせてもらった。

最近みかけるラリーキルト、綺麗め系の新しいものが多かったのだけど、
使われて摩り切れた、イイ加減のものに出会ったから。

サイズも小さめでよろしです。


アップめの写真から。


e0111789_10385671.jpg
e0111789_10451188.jpg



全体はこんな感じ。おとなしめで、飽きがこないと思います。
実はこれは裏のほう。

e0111789_10383080.jpg

表、ピンクが強い。
私の個人的好みからすると、もう少し、鈍キタナ系のピンクのほうがお好みですが、
これはこれで、好きな方も多いでしょう。
(年になってきて、はでなピンクも、あり!になってきている傾向)
e0111789_10470918.jpg

e0111789_10444306.jpg

ここも、楽しいポイント。黄色のパッチ。
e0111789_11004580.jpg


でもやはり、床に敷くにはそう目立たぬほうが良しですので、
この裏のほうを表におきたい感じ。
ペパーミントグリーンのチェックが軽やかです。

e0111789_10385153.jpg



摩り切れ感をアップ。
e0111789_10413319.jpg

ま、布はネットでは雰囲気が伝わりません。
見て、触ってが、大事です。

どうぞ、ご来店して、見て下さいませ。


ラリーキルト、デカいのが多いので、
この小さめサイズは、少ないです。



約142cm x 101cm  ¥27,000










by muntkidy | 2016-12-22 12:00 | Comments(0)