<   2017年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2017年 01月 31日
火曜日は

定休日となっております。

家のipad. に、my instagram のページ。

iPhone の文字が見づらくなってきてるこの頃。。



e0111789_10152785.jpg



by muntkidy | 2017-01-31 12:00 | Comments(0)
2017年 01月 30日
鳥かご用の器


本日は月曜日、定休日となっておりますが、
お品紹介の日です。


軽くどうぞ。

フランス、白錫釉のファイアンス。

e0111789_15154942.jpg
e0111789_15161413.jpg
e0111789_15161417.jpg
e0111789_15161516.jpg
e0111789_15161552.jpg
e0111789_15161536.jpg



日本でも、瀬戸のものなんかで、小鳥の水やえさ用の容器ありますよね。
同じようにヨーロッパでも作られたんですね。
ちょっと大きめなので、食卓で使えそうです。
取っ手があるところがポイントです。

オリーブなんか盛ったらどうでしょう。


フランス 1800年前後

11.4cm x 9.5cm 高さ3.5cm ¥12,000










by muntkidy | 2017-01-30 12:00 | Comments(0)
2017年 01月 29日
白い彫像


本日はアフリカもの。

アフリカの彫像と言うと、どうしても力強いダイナミックさが売りのポイントも多く、
日本の家に置くには強すぎて、と考える人も多いかもしれないが、
優しげなものもあるのです。

こんなにピースフルな表情も珍しいかと思います。

ロビ族の彫像。
全体に白く塗られた点も優しさが加わっているところかと。


e0111789_10505027.jpg
e0111789_10505012.jpg



男女のペア。
1体ずつ。まずは男性像。

e0111789_11470095.jpg
e0111789_11465829.jpg
e0111789_11465944.jpg
e0111789_10510361.jpg
e0111789_10510466.jpg



女性像。

e0111789_11465989.jpg
e0111789_11470032.jpg
e0111789_11465923.jpg

e0111789_10510416.jpg
e0111789_10510363.jpg


後ろ姿。
そこはかと哀愁がただよって、長く連れ添った夫婦のようで。
e0111789_10504357.jpg


笑みを浮かべた表情が、見てるほうまでにっこりとさせてくれるんだな。
長くおつきあいできるオブジェではないでしょうか。


1体ずつの販売となります。
二人を分つのが寂しい方は、ペアでどうぞ。
その場合は1割割引となります。




男性像 高さ21cm (Sold)
女性像 高さ19cm (Sold) 








by muntkidy | 2017-01-29 12:00 | Comments(0)
2017年 01月 28日
見立て盆


味のついた木の盆かとも見えてしまう。

見立ての盆をどうぞ。

e0111789_14075536.jpg
e0111789_14080474.jpg



昨日のデルフト盃を置いてみる。
e0111789_14075518.jpg


なんとも言えない黒さになっておりますが。

e0111789_14080411.jpg
e0111789_14080581.jpg


写真ではわからないけど、
これ、実は、ホーローの調理道具。
黒いのは油が焦げたものですね。

裏を返すと。

e0111789_14080452.jpg
e0111789_14080535.jpg



うーむ、と、ちょっと残念がる人もいるか。
わ〜おもしろ〜と、楽しむ人もいるか。



29cm x 25cm  高さ2.3cm (Sold)






by muntkidy | 2017-01-28 12:00 | Comments(0)
2017年 01月 27日
デルフト盃


何を今さらな感のある人もいるかもしれないが、
まだあまり眼にふれていない人もいるかもしれないので、
紹介してないデルフトのクリームポット2点。



ヨーグルトの白と言うより、カフェオレ色に色づいた肌のもの。

これもあまり見かけない色調かもしれません。

e0111789_11120514.jpg


大きいほう。
なんとも言えない、色合で惹かれます。
ニュアンスっと言ったほうが似合いますね。



e0111789_11122219.jpg

e0111789_11122192.jpg
e0111789_11125141.jpg

e0111789_11125140.jpg
e0111789_11125222.jpg
e0111789_11125138.jpg
e0111789_11125284.jpg

小さいほうは
フォルムにグリっと感があって、沁み具合も深く、
ワイルドさがあるような。
色の変化を見るのも面白いです。
e0111789_11180930.jpg
e0111789_11181330.jpg
e0111789_11181726.jpg
e0111789_11182491.jpg
e0111789_11182566.jpg
e0111789_11182523.jpg
e0111789_11182495.jpg


フランスものの白釉とはまた違った落ち着きがあり、
古格があるのがデルフトです。
発掘ものならでは、時代を感じさせる盃となっています。


17~18世紀

大 直径7.5cm 高さ4.7cm ¥20,000
小 直径5.9cm 高さ4.2cm ¥20,000










by muntkidy | 2017-01-27 12:00 | Comments(0)
2017年 01月 26日
和洋の曲げわっぱ


オランダと、日本の曲げわっぱをどうぞ。

漆塗りの後、黒ずんだ日本の曲げわっぱと、無垢の木が自然に色づいたオランダの曲げわっぱ。



e0111789_11183522.jpg


日本のほうから。
無機質な感じがあり、和すぎない点が選べたお品。
e0111789_11190795.jpg
e0111789_11192111.jpg
e0111789_11192164.jpg
e0111789_11193203.jpg
形も端正、色合いもグッドです。
中は
e0111789_11193732.jpg
e0111789_11193812.jpg

収める箱にピッタリです。
旅もち、茶箱にどうだろか。



オランダのほう。

e0111789_11233519.jpg
e0111789_11234275.jpg
e0111789_11234265.jpg
e0111789_11234990.jpg


ホント薄く裂いた木を曲げています。
繊細さがなかなかのもの。
e0111789_11235992.jpg
e0111789_11240267.jpg
こちらは小さなコレクションをしまう箱としてはどうだろか。



2つの大きさ比べ。

e0111789_11254771.jpg


収めるものを考える楽しさもあり、
うまく使っていただきたい箱。


雰囲気の違いで、好みは分かれますが、もっと大きな違いあり。。

曲げわっぱなど、木のものに関して、西、中ヨーロッパはすこぶる評価が高い。
これに絵が書いてあったりすると、驚くほどの値段になっちゃいます。

この2つも同じような大きさで、なんら変わりがないようですが。。


あらら。

日本 内寸20.0cm x 10.2cm 内寸の高さ7.8cm (Sold)
オランダ 内寸17.6cm x 10.2cm 内寸の高さ6.8cm ¥14,000





by muntkidy | 2017-01-26 12:00 | Comments(0)
2017年 01月 25日
土師器の小壺


どうも、風邪を引いたみたいである。
昨日、充分に睡眠は取ったのだけど、のども節々も痛し。
熱はないので、店は開けてます。




本日はこちら。

ころんとカワイイ、土師器の壺。

端正な形なのですが、
一面の景色に魅力があります。


e0111789_10582576.jpg
e0111789_10583322.jpg


この黒ずみと赤い部分の1面がいいのですね。

e0111789_10583720.jpg

アップで、、がさがさ感の表情をどうぞ。
e0111789_11150190.jpg
e0111789_11150010.jpg



裏はこんな。こちらはちょとつまらない。。
e0111789_10582944.jpg
e0111789_10584166.jpg
e0111789_10585263.jpg


おだやかな優しさのある土器ですね。
弥生と比べて、手に入れやすさのある土師器。
表情豊かなのがうれしいです。


落としを入れて、花で遊んでいただきたく。

古墳時代〜平安。



高さ7cm 胴径約11cm ¥10,000







by muntkidy | 2017-01-25 12:00 | Comments(0)
2017年 01月 24日
火曜日は


定休日となっております。

窓際の植木の写真をどうぞ。

早く暖かくならないかね。



e0111789_09534694.jpg






by muntkidy | 2017-01-24 12:00 | Comments(0)
2017年 01月 23日
グラタン皿


本日は月曜日、定休日となっております。

暖まる料理にどうぞ。こちら2点。


e0111789_15264817.jpg



写真、色悪くてすみません。
光線の感じで、ちょっと色調が青っぽくなってるような。
どうぞ、ご来店して、色調チェックをお願いします。


四角いほう。

e0111789_15202581.jpg
e0111789_15202557.jpg
e0111789_15202462.jpg
e0111789_15202444.jpg
楕円は普通なので、角型はどうでしょう。


丸いウネウネ皿。

これもあまり見たことないタイプ。
側面のグリーン輪線が魅力です。

e0111789_15203739.jpg
e0111789_15203703.jpg
e0111789_15203829.jpg
e0111789_15203763.jpg
e0111789_15203825.jpg

どちらも普通に盛り皿としてもいいですね。


こげなもんで。


角 27cm x 20cm 高さ4cm (Sold)
丸 直径26.0cm 高さ4.6cm ¥12,000








by muntkidy | 2017-01-23 12:00 | Comments(0)
2017年 01月 22日
カタンガクロス


今日はさくっと、
アフリカの貨幣を。



アンタイディーでは、オブジェとして、よく扱っている品ですが、
いい風合いな、小さめサイズってことで、紹介です。

貨幣の中では象徴的なフォルムで、評価の高いほうなのですが、
リーズナブルに見つけました。




e0111789_10482823.jpg
e0111789_10482834.jpg
e0111789_10482796.jpg
e0111789_10482835.jpg
e0111789_10482795.jpg

バッテンの形もさることなるがら、
銅の黒ずみがほどよく、平坦ではないテクスチャー魅力です。


アフリカンオブジェの手始めには、いい品。
モダンな品や、他の分野のものとも一緒に飾れると思います。

台を作りたい方は、別途に承ります。



1辺の長さ17.5cm (Sold)







by muntkidy | 2017-01-22 12:00 | Comments(0)