<   2017年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2017年 03月 14日
本日は火曜日

定休日となっております。

いよいよ、春の仕入れの時期が近づいてきました。
例年より、早い出発、早い帰国となりまして、
なんと、すっぽり桜の時期に不在となってしまいます。
部屋のベランダ前の桜を拝めないのか残念!

24日金曜日から、帰国は4月11日となります。


ということで、今日の写真は、数年前、イギリスからオランダ移動のフェリーの中から、朝を迎えるようす。



e0111789_10112279.jpg


なんてことない写真ですな。








by muntkidy | 2017-03-14 12:00 | Comments(0)
2017年 03月 13日
バンバラのドアロック

本日は月曜日、定休日となっております。


お知らせです。

週末19日、日曜日は大江戸骨董市に出店いたします。
お店は午後4時からの開店となります。



本日はアフリカン。

これも抽象的な彫刻。
2本の角が象徴的で、かっこいいです。

これは写真より、見た方が断然いいかな。

e0111789_18095082.jpg


e0111789_18095117.jpg
e0111789_18095071.jpg
e0111789_18095039.jpg


ちょっと遠目で、飾ったところ。

e0111789_18095139.jpg

静かながらも、フォルムに力があると思います。

ぬるいオブジェが多い昨今、
キリッとして、構造がしっかりした彫刻に、はっとさせられたい気分。


マリ、バンバラ族。(バマナ族と言われることもある)


高さ42cm 幅27cm ¥48,000 + tax







by muntkidy | 2017-03-13 12:00 | Comments(0)
2017年 03月 12日
カルキを取った!


ジャ〜ン、先日紹介のアルミケトル、
中のカルキがひどくて、
やっぱり皆さま、敬遠しているに違いないと、いうことで、
努力いたしました。


ルーターマスターという道具のセットを買い、
こびりついたカルキをルーターで丹念に落とし、
(買ったのは先端工具が81個もついてるルーターマスターというミニセット。
 ユザワヤで安売りしてたのね)
薄くなったら、クエン酸使い。

この1週間の賜物。
固まったカルキが重層で、セメントみたいに固く、結構苦労いたしました。
ルーターの先につける砥石の方が、軒並み磨耗して、使えなくなったのが、数本。
同じ姿勢で、同じ作業、続くと腰がしびれてくる始末。

でもなんとか、
元のアルミの肌になりましたよん。
元からの腐食部分もちょっとありますね。

ほ〜ら。

e0111789_10373516.jpg


前の写真と比べて下さいね。この記事の下にあり。

e0111789_10375314.jpg
e0111789_10375560.jpg

どうぞ、やかん、お探しの方、これで、存分に使えます。


この形、なかなかないです。

e0111789_10412687.jpg
e0111789_10412995.jpg



底部分17.5cm x 14.0cm 高さ27.3cm (Sold) ありがとうございました。








by muntkidy | 2017-03-12 12:00 | Comments(0)
2017年 03月 11日
白と黒


東日本大震災から、6年となりました。
日々は続く、です。
サバイブするために、前を見て、ただやっていくだけですね。




本日はこちら。
いい具合のお皿、白と黒です。

フランスと日本の地方窯。


e0111789_18160036.jpg

まずは左。ご存知、お得意のキュノワール。

小さめが見つかりました。
e0111789_18160875.jpg
e0111789_18162791.jpg
e0111789_18162782.jpg
e0111789_18403949.jpg

好ましい焦げ茶のお尻です。




黒い鉄釉のお皿は、日本のどこのかわからない。

e0111789_18162590.jpg
e0111789_18160823.jpg
e0111789_18160833.jpg
e0111789_18162852.jpg

普段使いのお皿にはとても良いかと思っています。
和洋関係なく、使える、今の日本の食卓にぴったりの2枚。

重ねると、
e0111789_18162715.jpg



キュノワ皿 直径22,5cm 高さ4.7cm (Sold)
民窯の黒皿 直径17.3cm 高さ3.8cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-03-11 12:00 | Comments(0)
2017年 03月 10日
ハートのクイーン


久しぶりに西洋古カルタを見つけた。
(トランプって言いたくないから、古めかしく言い換えてみました。)


もう、ヨーロッパではなかなか出会えない、18世紀もの。フランス。
(あったら、結構高いです。)
多分日本でポロっと出てくることの方が多いでしょう。これもそうだし。


オリジナルの額に入れています。
e0111789_10284403.jpg



顔の表現が古手ですね。

細かく観察するとまた面白いのです。
靴やネックレス。
木版でスミを刷り、色の方はステンシルのやり方ですが、
ブルーの色が薄く、かすれたようになっている。
e0111789_10290100.jpg



裏には手書きの文字。
Rはイニシャルかな。Nonは、借りはナシってことかしらん。
e0111789_10345227.jpg

薄く、小さなフレームにしました。
ちょっとした狭いスペースに飾れます。
e0111789_10345316.jpg

棚においてもいいです。
e0111789_10350069.jpg

フレーム裏はこうなっています。

e0111789_10345213.jpg


ちなみにカードの本から、
フランスのパリ版。

e0111789_10420984.jpg
e0111789_10420174.jpg

これもパリ版と考えていいのかな?
どうでしょう。



額サイズ 16.5cm x 13.5cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-03-10 12:00 | Comments(1)
2017年 03月 09日
見立て盃 2種




きりっと好みのフォルムの盃を見つけた。

2点どうぞ。

e0111789_10570878.jpg


右が先日見つけたもの。

中を見ると、釉がかかっていない。

香炉なのでした。
ミニ香炉。瀬戸の灰釉。

でもほとんど使われていない様子。

気兼ねなく盃として使えるような気がしてます。
もちろん、普通に香炉としての使用もいいのですよん。



e0111789_14452551.jpg
e0111789_14452649.jpg
e0111789_14453666.jpg



ここが(下写真)ちょっとの変化の部分。釉がちょっと溜まってる。
こんなとこがあるのとないのでは、また愛着に関わってくる。


口当たりも意外によろしいです。

金の直しもとても上品に上がっていて、好ましいナリとなっているかと。

艶が増すと、格が上がりそうです。

e0111789_10571629.jpg


e0111789_14453864.jpg
e0111789_14453994.jpg
e0111789_14453810.jpg



右の黄釉はオランダより。
外に釉がかかっていない、よくあるタイプ。

筒の感じが多いと思いますが、
ちょうど、猪口と行った風情をもつ1品。

黄色が柔らかで、春の盃に見立てて欲しいもの。


e0111789_10572951.jpg
e0111789_10572804.jpg
e0111789_10572940.jpg
e0111789_10573008.jpg
e0111789_10572931.jpg
e0111789_10572948.jpg





花見に季節、春の一献にいかがかと。




瀬戸  直径5.4cm 高さ4.8cm  ¥8,000
オランダ 直径5.1cm 高さ3.9cm ¥8,000




  



by muntkidy | 2017-03-09 12:00 | Comments(0)
2017年 03月 08日
静かな立像

本日はアフリカンで行ってみましょう。


あどけない表情の彫り。
力の抜け具合が程よく、寄り添ってくれる人物像です。

プリミティブなアイテムの中でも、こんな感じを探したいと思っています。


バウレ族のスリングショット。パチンコです。

まずはアップめを。
e0111789_10481476.jpg




椅子に腰掛け、ちょこんと座った様子が彫り込まれています。
e0111789_11011264.jpg
e0111789_11011119.jpg


全体像は。
e0111789_10481414.jpg


e0111789_10481461.jpg



使われ、古びてきた様子。

e0111789_10482668.jpg


白っぽいところは、手が当たって擦れてるってこと。
e0111789_10482641.jpg


小品ですが、なかなかの彫刻だと思っています。

静かなアフリカの彫像、いかがでしょう。



台は作っていませんが、
承ります。


高さ18cm 幅8cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-03-08 12:00 | Comments(0)
2017年 03月 07日
店内写真 07/03/2017



本日は火曜日、定休日となっております。

バッグ展後の店内写真をどうぞ。

e0111789_09043594.jpg


下のはインスタアップの写真。

e0111789_09043537.jpg







by muntkidy | 2017-03-07 12:00 | Comments(0)
2017年 03月 06日
白いホーロー2種


本日は月曜日、定休日となっております。


無事にバッグ展、終了いたしました。
多くのお客さまにご来店、ご購入いただき、ありがとうございました。
メンテナンスも万全にいたしますので、
時期が経った後も、お気軽におもち下さいませ。
これからもよろしくお願いいたします。



さて、通常のお品の紹介。

サクッと、軽めに。
ホーローの品を2点。

e0111789_18502044.jpg

平たいトレーがレアアイテム。

e0111789_18502694.jpg
e0111789_18502667.jpg
e0111789_18502740.jpg
e0111789_18502788.jpg

ぺたんと薄く、菓子敷なんかに、新しい感覚。

露天の市で買わせていただきましたが、
どこのか聞き忘れた。
厚み、グリーンの色調から、日本のものではないように思います。
やっぱりヨーロッパ産かな。




お皿もリムなしのシンプルタイプ。

e0111789_18503550.jpg
e0111789_18503612.jpg
e0111789_18503633.jpg
e0111789_18503515.jpg


これはイギリス製です。
たまに見つかるタイプですが、
サイズが大きめ。
最近は数がすくなくなっているかと。


こんなとこで。



角皿 24cm x 34cm      (Sold) ありがとうございました。 
丸皿 直径26.5cm 高さ2.5cm ¥4,800






by muntkidy | 2017-03-06 12:00 | Comments(0)
2017年 03月 05日
バッグ展最終日、裂織バッグ。


スウェーデンの布を使ったバッグ展、本日までとなりました。

最後に裂き織りのマットを使ったバッグを、2個紹介しよう。


丁寧によく作られております。機能的に。
ただ可愛いだけじゃあ、ないんですね。


A

e0111789_17134458.jpg
e0111789_17134326.jpg

全体に優しい春の色合いなのですが、黒っぽいラインが効いています。
中は、ベージュの裏地をつけ、ポケットも2個。

e0111789_17161316.jpg


さらに、ここが他にはない、アンタイディーオリジナルならではのポイント。
大塚作品ならでは技です。


外の脇に、ポケットがあるのです。
パンツのポケットのような感じで、深さも少々あります。

e0111789_17172835.jpg

ここには携帯や、wifiのルーターなんか入れておける。
もちろん鍵の場所と、決めておけば、中をごちゃごちゃ探さずにすむってわけ。
便利ポケットです。



もう1個のもうちょいほんわかした方。

B

e0111789_17134364.jpg
e0111789_17134305.jpg

全体にパステルトーンです。

中はキリッとブルーのギンガムチェック。

e0111789_17215631.jpg

これにももちろん、脇ポケありです。
e0111789_17172886.jpg



ちょいと持ってみたアンタイディー店主の姿。


e0111789_17231421.jpg
中が全開しないように、上に閉めるスナップもつけております。





なぜか売れていない2個。通販の注文もOK。

これは会期が終わっても置いておくことにいたします。


¥24,000 +tax










by muntkidy | 2017-03-05 12:00 | Comments(0)