<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2017年 05月 21日
大江戸骨董市
出店中です。
暑くなりそうだけど、今のところ爽やかです。


e0111789_09203351.jpg



楽しみましょう。




by muntkidy | 2017-05-21 09:19 | Comments(0)
2017年 05月 20日
ブルービーズ


明日は大江戸骨董市に出店です。
お店は午後4時からの開店となります。
暑くなりそうです。日焼け対策整えて、お出かけ下さい。



珍しくアクセサリー、ガラスのビーズです。

ガラスのビーズは、日本ではトンボ玉とも呼ばれ、
紀元前からつくられてきた、歴史あるもの。
実は奥が深いのですね。(あまり踏み込まないようにしてますが。)

今日紹介のビーズは、18,9世紀からヨーロッパで作られ、
トレードビーズとして、アフリカやアジアに渡って行ったもの。

ホワイトハートと言って、芯が白く、外側が色ガラスのものをことを言いますが、
赤い色のものが多いかと思います。

冬の仕入れでブルーの古手を数本見つけ、今やっとの紹介です。
現地で組んだ連のものが数本売れて、もう残りわずか。

とっても魅力的な色。

e0111789_09572594.jpg


ブレスに加工したもの3本。↓   ラフィアで組まれた連は3本のみです。↑
e0111789_09572689.jpg

ブレス、つけてみる。
左の3連。ちょっと捻っている。
e0111789_09572653.jpg
中の2連。
e0111789_09572714.jpg
その2個を一緒につけてみたところ。
e0111789_09572738.jpg

ブルーの色が違うタイプ。
e0111789_09572717.jpg

ビーズの色合いをアップで比べてみる。

下は、2本ある、連のままの極細タイプ。ターコイズブルーです。
右上のブレスの色合いが、その色が少し鈍くなった感じで、
とてもオサレ、だと思うのです。
e0111789_09572643.jpg

これらは実際つけてみたりしないと、わからないもの。
明日の骨董市に持って行く予定です。



3連ブレス (Sold)
2連ブレス (Sold)
1連ブレス ¥2,000
ラフィアで組まれているままの1本(Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-05-20 12:00 | Comments(2)
2017年 05月 19日
赤い輪線

●本日は、都合により、午後5時半で閉店させていただきます。

●明後日21日日曜日は、大江戸骨董市に出店いたしますので、
お店は午後4時からの開店となります。
暑くなりそうですね。





フランスから、錫白釉ファイアンスの器。

ピンクっぽい赤の輪線。
白釉もキラリと輝いた釉調で、なんだか初夏のイメージ。



e0111789_09303942.jpg
e0111789_09303831.jpg
e0111789_09303884.jpg
e0111789_09303897.jpg


このピンクは嫌いじゃありません。
e0111789_09391313.jpg



縁の欠けが残念なところではありますが、気にならない方に。

e0111789_09391356.jpg
e0111789_09303955.jpg

女性らしい丸みと色調。
意外に重みあります。

フランス、ムスチエあたりの南の窯だと思います。
19世紀。



口径11.4cm 高さ8.2cm (Sold) ありがとうございました。










by muntkidy | 2017-05-19 12:00 | Comments(0)
2017年 05月 18日
オサカナくん


●明日19日金曜日は、都合により、午後5時半で閉店させていただきます。

●21日日曜日は、大江戸骨董市に出店いたしますので、
お店は午後4時からの開店となります。




雑貨的に、こちら。

おサカナ3匹。イギリスのものです。


e0111789_10141167.jpg
e0111789_10141053.jpg
e0111789_10141060.jpg

上のはマザーオブパール、貝でできた、糸巻きだったもの。
以前はよく見かけていたのですが、最近見なくなりました。19世紀。


下の2匹は、ホーン、角製です。
これはゲームトークンとか、カウンターチップとか言われるもの。
単なる幾何学形ではなく、遊び心がありますね。


3匹セットの販売です。






下に置いていた小皿は、オランダのままごと用のお皿。

ディナープレートなんだけど、ままごと用なので、小皿となっています。

ぺったり薄い。

日本だと、日々の食卓に使えます。

e0111789_10141085.jpg
e0111789_10141160.jpg


おサカナ3匹セット (Sold)
小皿 直径12.4cm 高さ1.2cm (Sold)ありがとうございました。





by muntkidy | 2017-05-18 12:00 | Comments(2)
2017年 05月 17日
折りたたみ椅子


●19日金曜日は、都合により、午後5時半で閉店させていただきます。

●21日日曜日は、大江戸骨董市に出店いたしますので、
お店は午後4時からの開店となります。



ゆったりとした奈良にて、リラックスした楽しい時間を過ごして来ました。
今日からはまた新たな1週間です。



本日はこちら。

イギリス、子供用の折りたたみ椅子。
細身で、飾り台向けです。


変哲のない実直なデザインなのですが、細身なので、洒落たイメージとなっています。

色づいた木肌の色艶も暗すぎず、良しです。


e0111789_09553666.jpg
e0111789_09553356.jpg
e0111789_09553577.jpg


足のラインが綺麗です。
e0111789_09553536.jpg
e0111789_10094645.jpg
e0111789_09553504.jpg
e0111789_09553497.jpg
e0111789_09553402.jpg


高さ65cm 幅26.7cm (Sold) ありがとうございました。



by muntkidy | 2017-05-17 12:00 | Comments(0)
2017年 05月 16日
奈良から

一泊の奈良旅行。
昨日は、大宇陀、松山地区、
江戸時代からの古い家屋が残ってる街並み散策。
その中から。


薬草園から、屋根を見る。
e0111789_22182337.jpg


ベタに、薬屋の家。

e0111789_22182462.jpg



この普通にボロな家が気に入った。下。

e0111789_22182448.jpg







by muntkidy | 2017-05-16 12:00 | Comments(0)
2017年 05月 15日
売約の品


本日は月曜日、定休日となっております。

2年に1回の奈良旅行に出かけています。
今回は大宇陀を散策の予定。



今日はここで、紹介しようと思っていたのに、
その前に売約になった品をちょっぴり。



子供用のあぶみ、イギリス19世紀。
この仕事はすごい。
底は薄い鉄の板に革を巻いてある。
革の色艶も素晴らしく、うなってしまった。
e0111789_15580451.jpg



ソンゲ族のパスポートマスク。
オリジナルを見つけられて、よかった。
e0111789_15580470.jpg


オランダ、17~18世紀のガラスボトル。

e0111789_15580574.jpg



こんなとこで。






by muntkidy | 2017-05-15 12:00 | Comments(0)
2017年 05月 14日
傷だらけの片口


本日は日本のもの。


よく見かける瀬戸の片口ですが、
なんとまあ、傷だらけ。

でも、この傷がなかったら、買わなかったと思うのだ。

ヒビ、欠けが、普通の片口を見事に雰囲気のあるものに仕立てている!というか。
絶妙なすたれ具合。
これには佇まいという言葉が似合うかと。

大振りです。



e0111789_10265976.jpg
e0111789_10270082.jpg
e0111789_10331159.jpg
e0111789_10270142.jpg
e0111789_10265937.jpg
e0111789_10265980.jpg
e0111789_10265957.jpg
e0111789_10270035.jpg

こういうものはちょっと暗めな空間に置いたほうが、よろしいようです。



直径21cm 高さ10.9cm (Sold) ありがとうございました。




ちゃんと整備した自転車がやってきました。やった〜。
いろいろと無料駐輪場を調べないといけないな。




by muntkidy | 2017-05-14 12:00 | Comments(0)
2017年 05月 13日
紙もの


●本日は午後6時で閉店させていただきます。
ご来店はお早めに。



今日、紹介しようと用意していたイギリス19世紀の
子供用の鎧 (あぶみ)が売約となってしまったので、急遽、変更。


あまり紹介の少ない紙ものを、ちょっと。
紙ものって、立体ブツのほうが得意な私にとって、買ってくるのがちょと難しいアイテム。
見るのに時間がかかるので、紙ものを持ってる人をすっ飛ばしてしまうのですね。
紙もの専門のフェアだと、じっくり見ることはできるのだけど。



今日の紹介はその紙もの。

エッチングに手彩色の博物図鑑からの1枚。

色調がバッチリ私好み。

サルもいれば虫もいて、海中のものも。
この取り合わせもなんだか、クスリとさせられる。


どこかの地域に生息する生き物をまとめたもの、ですね。
どれも尻尾の長いサル、アフリカのどこか、多分。


e0111789_09562564.jpg

部分的にアップ。なんだか、ファニーな顔、しています。

e0111789_09563206.jpg


ブルーのドット模様がいいぞな。
e0111789_09563261.jpg
e0111789_09563205.jpg

これも不思議なイメージ。花が化石化したもの? 
seleniteは鉱物を意味するらしいので、これは石ですよね。
e0111789_10410611.jpg

この取り合わせで編纂、編集した人って面白い。

エッチングのスミ版に、グリーン、茶、ポイントにイエロー、ブルーの色彩。
渋いながらもオサレな取り合わせで、経年変化で黄ばんだ紙もうまくマッチしてるかと。



イギリス、19世紀前半

26.7cm x 21.5cm (Sold) ありがとうございました。









by muntkidy | 2017-05-13 12:00 | Comments(0)
2017年 05月 12日
ヴィンテージのスリップウェア


●明日は6時で閉店させていただきます。




そう古くないのだけど、可愛らしいナリのスリップウェアを見つけた。
20世紀半ばぐらいのスタジオポッタリーです。イギリス。

18世紀ものはなかなか見つからないので、
気軽に買えるヴィンテージものをどうぞ。
クリーマー。小さいので、コロンと飾れます。

形や作り、けっこうきちっとしてて、いい焼き物だと思う。


e0111789_10102237.jpg
e0111789_10102211.jpg
e0111789_10102273.jpg
e0111789_10102161.jpg
e0111789_10233127.jpg
肌。
e0111789_10233153.jpg


中もベージュに色づいています。
e0111789_10233103.jpg


縁には細かい欠けがいっぱいありますが、
土が茶色のせいか、あまり目立たない。
e0111789_10233160.jpg


schofield の文字。19世紀からある窯です。

e0111789_10102111.jpg



高さ8.0cm 底径5.3cm (Sold) ありがとうございました。





by muntkidy | 2017-05-12 12:00 | Comments(0)