<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 30日
アンタイディーが選ぶモダンプロダクト NO.1


今日から、特集企画
" アンタイディーが選ぶモダンプロダクト "

第1弾。



去年も紹介してますが、
ヴァーゲンフェルドのティーポット。

1931年デザイン。現在も復刻版が売られていますが、古いヴィンテージのもの2点。


どちらも1リットルの使いやすいサイズの大きさです。
製作時期の違いで個体差があるのが、また面白さでもあります。

e0111789_13545332.jpg


右が、デザイン当時初期。
現行と同じ蓋デザインのもの。

e0111789_13583004.jpg
この注ぎ口の美しさ、たまりません。
e0111789_14000889.jpg
取っ手はちょっと丸みがある。
e0111789_14004736.jpg

マークで年代がわかります。
東西分裂以前のもの。
e0111789_14024962.jpg
e0111789_14025053.jpg



ストレーナー部分に欠けがありますが、他は良好。
e0111789_11064248.jpg




左のほうは、戦後50~60年代のもの。
でも現行品にない、蓋デザインのバリエーションタイプです。
e0111789_11004989.jpg




こういうタイプも作っていたんですね。知らなかった。
資料参照。
e0111789_14043797.jpg

同じこの蓋です。
e0111789_14025166.jpg

注ぎ口の腕は右ダイプよりちょっと短い感じがあります。
e0111789_14004717.jpg


取っ手は、より角ばって、バウハウスのイメージが強調されてる感じ。
e0111789_14004645.jpg


マークはサーモのマーク。蓋。

e0111789_14025068.jpg


底のマーク。
e0111789_14025133.jpg



ちなみに、こちらで紹介の大きいタイプ、1.5リットル入りのものもあります。

それと今回の分と大きさを比べてみます。
大人数で入れる場合にはこちらが向きです。

e0111789_14223228.jpg


また、これと合わせてデザインされたティーカップ&ソーサーも2脚あります。
e0111789_14240444.jpg


どうぞ、ご注文はコメントでも、メールでも、電話でも受け付けます。




1Lポット 右 高さ11.6cm 幅26.5cm (Sold) ありがとうございました。
  ”   左 高さ12.5cm 幅26.1cm ¥38,000

1.5Lポット 高さ14cm 幅29cm ¥38,000 → ¥25,000
カップ&ソーサー  1セット¥8,000 → 2セット¥10,000





明日は、ガラスのジャグを2点、紹介です。
ヴァーゲンフェルドとタピオ ヴィルカラ デザインの品。






by muntkidy | 2017-06-30 12:00 | Comments(1)
2017年 06月 29日
ピアノ椅子


●明日からのブログは 
" アンタイディーが選ぶ、モダンプロダクト " の特集が、9日まで続きます。

使うものばかり。暮らしを豊かに、日々の周りに綺麗なものを。

モダンデザインファンでない方も、どうぞお楽しみに。
ファンの方にもお知らせ下さいませ。


●2日は大江戸骨董市に出店します。




今日は毛色の違った品を。

ヤマハのピアノ椅子です。

見た目より、ずっと座りやすいのが不思議な椅子。
可愛らしさもあります。色も好み。


e0111789_10190571.jpg
e0111789_10190486.jpg



背もたれが低い位置にあるのがなんとも子供っぽさがありまして。

大人が座ると、ちょうど仙骨の辺りに当たり、
これが姿勢の良さに繋がるようで、
なんだが、気持ちよく座れるのです。

e0111789_10190597.jpg
e0111789_10190548.jpg

背もたれ裏に、ヤマハの文字。
e0111789_10190575.jpg


座面、背もたれ部分を梨地に工夫して、布地っぽく見せてますが
全部スチール製です。

e0111789_10190466.jpg


これは実際座ってみたほうがいいです。
ご来店の方にどうぞ。




高さ68cm 座面サイズ32cm四方、座面高さ47cm (Sold) ありがとうございました。





by muntkidy | 2017-06-29 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 28日
赤いもの揃え


●あさって〜7月9日(日)のブログは
” アンタイディーが選ぶ、モダンプロダクト " という特集です。



●今度の日曜日は大江戸骨董市に出店いたします。
 16日は出店できないので、第一日曜日の出店です。



赤いものを2点。

e0111789_10190866.jpg

布の上に置いた人形から。

リリアンのキットです。
可愛いお顔。

e0111789_10203358.jpg
e0111789_10190878.jpg


錆びた棒の部分もヨシです。
e0111789_10190817.jpg
e0111789_10190818.jpg

日本で見つけてますが、
もしかすると外国のかも。



下に置いた刺繍布は、インドのバンジャラの人々のもの。
この細布はレアです。

植物染料の古手タイプ。
藍も色落ちした具合がとてもいい。

e0111789_10245607.jpg
e0111789_10245533.jpg
全体を分けて。
e0111789_10245672.jpg


こんな細いところに飾れます。


e0111789_10245661.jpg





リリアン  胴径 約2.5cm 高さ9cm (Sold)
バンジャラ布 幅8.7cm 長さ97cm (Sold) ありがとうございました。






by muntkidy | 2017-06-28 12:00 | Comments(2)
2017年 06月 27日
モダンプロダクト企画のスケジュール


本日は火曜日、定休日となっております。


ブログ企画のスケジュールをお知らせします。

最初に注文して、後日、また欲しいものが出てきたりして、
予算との兼ね合いで、困ったことがないように。
どんなものが出るかのお知らせです。



6月30日(金)〜7月9日(日) 
アンタイディが選ぶ、モダンプロダクト

6月30日(金) ガラスのティーポット

7月1日(土)  ガラスのジャグ

7月2日(日)  ホーローのもの

7月3日(月)  デミタスカップ&ソーサー

7月4日(火)  煎茶にもカップ&ソーサー

7月5日(水)  ティーカップ&ソーサー

7月6日(木)  スープ使いのできるカップ

7月7日(金)  鉢+皿のセット

7月8日(土)  取り皿

7月9日(日)  プラスチックのもの


e0111789_17293026.jpg
ご注文は、電話、メール、コメントでも受け付けます。

どうぞ、お楽しみに。












by muntkidy | 2017-06-27 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 26日
ブログ特集企画のお知らせ

本日は月曜日、定休日となっております。



今週の金曜日からの muntkidy ブログはいつもと違って、
ヴィンテージの品の紹介が10日間続きます。
そのお知らせを。


モダンデザインの椅子コレクターとして有名な福岡在住の永井さん、
そのコレクションは実は椅子だけでありません。
膨大な量で、小物から、何から、そりゃあ、すごいのです。
そんな中から、グッドデザインの小物をほんの少しですが、
分けていただくことができました。


ブログ上での企画です。

6月30日(金)〜7月9日(日)
アンタイディーが選ぶ、モダンプロダクト


ヨーロッパの著名デザイナーがデザインしたモダンデザインの品。
マスプロダクトの品ですが、もう今となってはレアな品も多いのです。

アンタイディーには、モダン系が好きという詳しいお客さまは少ないと思いますが、
使える自然なデザインのものを選んでいますので、
見てみて下さいませ。

また、普段、アンタイディーを知らない、モダンデザイン好きの方がいらしたら、
お知らせをお願いします。
珍しいアイテムもあると思います。



タイプに分けて、紹介します。
スケジュールは次の通り。


6月30日(金) ガラスのティーポット

7月1日(土)  ガラスのジャグ

7月2日(日)  ホーローのもの

7月3日(月)  デミタスカップ&ソーサー

7月4日(火)  煎茶にもカップ&ソーサー

7月5日(水)  ティーカップ&ソーサー

7月6日(木)  スープ使いのできるカップ

7月7日(金)  鉢+皿のセット

7月8日(土)  取り皿

7月9日(日)  プラスチックのもの


e0111789_12112713.jpg


 

ご注文は電話、メール、コメントのどれからも受け付けます。

どうぞ、お楽しみに。





by muntkidy | 2017-06-26 12:00 | Comments(1)
2017年 06月 25日
取り合わせの妙

●ブログ特集のお知らせ。

6月30日(金)〜7月9日(日)
" アンタイディーの選ぶモダンプロダクト " と題して、
ヨーロッパ ミッドセンチュリー期のモダンデザインの品を紹介します。

詳細は明日のブログで。


●7月2日(日)は晴れれば、大江戸骨董市に出店します。




本日はこちら。

日本の民窯の品でも、モダンデザインのようなフォルムのものがたまにある。
こんなものを見つけるととても嬉しい。

徳利には少し大きく、ボトルと言ったほうが "らしさ " がある。

高さの合う、カップと置いてみる。

e0111789_10184744.jpg

またしてもどこの焼き物かわからないのが、
グッとくるボトルを作ってくれたものだ。
e0111789_10184664.jpg


e0111789_10184663.jpg
e0111789_10184538.jpg


この首の細さがたまらない。
e0111789_10184670.jpg

肩のラインもいいです。
e0111789_10184505.jpg
e0111789_10184587.jpg


隣に置いたカップはデルフトのショコラカップ。18世紀。
珍しいタイプだと思う。

ブチ割れの金直しだらけで、私の本意とするものではないが、
この徳利と一緒に置くと、なんだかサマになるのに驚いた。

直しの金が、瓶の茶釉の色といいコーディネートになるのだろう。

e0111789_10184787.jpg
e0111789_10242740.jpg
e0111789_10242535.jpg
e0111789_10242739.jpg
e0111789_10242595.jpg
e0111789_10242659.jpg

肌はやはり、デルフトの光沢ある白が素敵です。

e0111789_10242636.jpg
e0111789_10242629.jpg


並べておきたい、感じだけど。




徳利  高さ24.5cm 底径7.8cm (Sold)
カップ 高さ6.8cm 直径6.8cm  (Sold) ありがとうございました。





by muntkidy | 2017-06-25 12:00 | Comments(3)
2017年 06月 24日
陣笠


アンタイディーが選ぶ、モダンプロダクト
6月30日(金)〜7月9日(日)まで、ブログで特集を企画しています。

詳しくは、26日、27日のブログで。


●7月2日(日)は大江戸骨董市に出店いたします。
通常の第3日曜日は、仕入れのため出店できないのです。




陣笠にも面白いものがあるが、
和のイメージが強すぎて、買ったことはなかった。

今回初めて買ってみた。

ちょっと珍しい形状だったからだ。
あまり日本の陣傘には見えない。
もしかすると陣笠ではないのかもしれない。
朝鮮の帽子っぽくも見えて、すばらしい。



まずは飾ったところ。

e0111789_13143588.jpg

カッコいいでしょ。

売人は紙縒りだと言っていたが、竹である。


e0111789_13143569.jpg
e0111789_13143448.jpg
e0111789_13143560.jpg
e0111789_13143418.jpg
e0111789_13143674.jpg



ずっと以前から、バンコクのディーラーに、売ってくれと頼んでいる帽子がある。

竹を編んで、漆が塗られているもの。
これはもう手に入らないから、売れない品だーと言って、
この数年譲ってくれない。
今はどうなってるだろー。きっと、そこは、普通の客は入れない場所だから、
まだあるだろう。

ま、それはそれでいいのだ。行ったら、見れるから。
バンコクにも早く行きたい。


で、コレ。なかなかいいアート帽子だと思います。
陣笠っぽくないでしょ。
帽子って、いろんな面白いモノがあるんですよ。



直径42cm 紐を含めた長さ80cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-06-24 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 23日
印判と縦縞


●特集企画のお知らせです。

" アンタイディーが選ぶ、モダンプロダクト" と題して
6月30日(金)〜7月9日(日)まで、web 特集を企画しています。

詳細は後日、詳しく披露いたします。

どれもヴィンテージのモダンデザインの品、
有名なのもありますが、知られていないグッドデザインの品も。

アンタイディーにはミッドセンチュリーモノ好きのお客さま、
そう多いと思いませんので、
知り合いの方にいらっしゃったら、知らせて下さいませ。
そう詳しくない方々も。
どれも、使える綺麗なフォルムの食器類ばかりです。
見てみるのも面白いと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


●7月2日は大江戸骨董市に出店いたします。




さて本日はこちら。
モダンデザインではないが、染み入る日本の雑器であります。

e0111789_10120791.jpg


まずは、赤絵の古伊万里、猪口。
これは麦わら手と言っていいのかな?
微妙なので、縦縞と言います。

ありそうで、ないと思う。

可愛らしい、ぐい呑として。

e0111789_10120822.jpg
e0111789_10120812.jpg
e0111789_10120767.jpg
e0111789_10120857.jpg
e0111789_10120994.jpg


印判のほうも、あまりないデザインです。
梅の花が全面に。

e0111789_10142086.jpg
e0111789_10142711.jpg
e0111789_10143658.jpg
e0111789_10143652.jpg
e0111789_10143639.jpg

どちらもクラシックな柄なんですが、
モダンさもちょっと感じるあしらいになっているかと。




のぞき猪口 直径4.2cm 高さ4.2cm (Sold)
印判皿 直径11cm 高さ2.1cm (Sold) ありがとうございました。






by muntkidy | 2017-06-23 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 22日
レアなキシ族貨幣


●7月の大江戸骨董市は、第1日曜日の2日に出店いたします。
 第3日曜日の16日は出店いたしません。
 どうぞ、ご注意下さいませ。





キシ族の貨幣、好きなので、よく扱ってきている。

 ここ や、ココ や、此処 も、kokoも。


貨幣であるから故、数はあるものなので、
もうそんなに新奇に眼には映らないのだが、
これは違った。
久々にパリのギャラリーで。

キシ族伝統の形、その同じタイプでありながら、
これは超レア。


一見背の高いタイプの同じものを束ねているように見える。

e0111789_09454357.jpg

e0111789_09454479.jpg

重ねているだけではないのだ。

e0111789_09454275.jpg

下に行くと。。

捻りが見える。
e0111789_09454382.jpg


ねじって、1本と化してある。

e0111789_09454447.jpg

e0111789_09454410.jpg


上から見た図。

e0111789_09454380.jpg


1本だけの捻りでない、束ねてさらに捻り。

繊細な1本が、重なって、より骨のある1本になっているのだ。



リベリア、キシ族貨幣。
アフリカンも、上級なタイプをどうぞ。





高さ49.5cm 幅11cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-06-22 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 21日
冷酒用のグラス


●7月の大江戸骨董市は、第1日曜日の2日に出店いたします。
 第3日曜日の16日は出店いたしません。
 どうぞ、ご注意下さいませ。



久々の福岡出張、速攻で帰ってきました。
ちょっとした企画を考えていますので、お楽しみに。


本日の紹介はこちら。

見立ての盃ですが、
この季節にぴったりのものを見つけました。

このサイズ、初めてです。

フランスの18世紀の吹きガラス。
コンフィチュール用の大きさはよくありますが、
猪口サイズです。
なんでもジュレとかを入れていたとの説明だった。


e0111789_10110778.jpg
e0111789_10110717.jpg
e0111789_10110797.jpg
e0111789_10110689.jpg


それぞれ、形、色調も違います。


右から。

e0111789_10120634.jpg
e0111789_10120557.jpg
e0111789_10120405.jpg
e0111789_10135521.jpg


中。

e0111789_10120486.jpg
e0111789_10120581.jpg
e0111789_10120546.jpg
e0111789_10135591.jpg



左は緑っぽい。

e0111789_10120733.jpg
e0111789_10183568.jpg
e0111789_10120577.jpg
e0111789_10135582.jpg

スタッキングできます。

e0111789_10120627.jpg

夏の一献にいかがかと。



右 直径6.9cm 高さ4.7cm
中 直径6.9cm 高さ3.6cm
左 直径7.2cm 高さ3.3cm (Sold) ありがとうございました。

どれも、 ¥12,000






by muntkidy | 2017-06-21 12:00 | Comments(0)