<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 20日
福岡出張中

本日は火曜日、定休日となっております。

突然の思いつきで、福岡一泊。

今夜またトンボ帰りです。

写真撮れず、以前の奈良旅行の時の写真なり〜。



e0111789_09174552.jpg



あらあら。久々に店主登場。















by muntkidy | 2017-06-20 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 19日
ミャンマーで見つけたもの


本日は月曜日、定休日となっております。






昨日の大江戸骨董市で、同業者の見回りをやっていたら、
あれ、見覚えのあるモノを見つけた。


おっ、私が掘り出してきたものじゃないか??


もしかして、、と尋ねると、やはり、買っていただいたお客さまから出たものであった。


いつの仕入れだったのか、
もうミャンマーには行かなくなって、10年ぐらいにはなるので、
それ以前。まだまだ今みたいに民主化されてないころのものだ。

何を売っているのか、わからないような軒先のガラスケースの中にあった。


私としては、おおーーアートじゃないか、と感動して買ってきたのだが、
やはりヘンなものを求める日本人だな=と訝しげな顔をされたもの。
まっ、ジャンクなんですけどね。


久々の再会に感動し、また買いまして、アンタイディーにやってきています。

ぷぷっ、コレですがな。


e0111789_15521248.jpg
e0111789_15521178.jpg
e0111789_15521130.jpg
e0111789_15521283.jpg


さびたヘアピンを束ねたもの。


(Sold) ありがとうございました。









by muntkidy | 2017-06-19 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 18日
大江戸骨董市

出店中です。

寒いです。

雨降らないよう、願いつつ。



e0111789_09310946.jpg



by muntkidy | 2017-06-18 09:29 | Comments(0)
2017年 06月 17日
ロシア/フィンランドの刺繍布

明日は大江戸骨董市、出店です。
お店は午後4時からの開店となります。




昨日は、早仕舞いして、
ステーションギャラリーのアドルフ・ヴェルフリ展を見にいったのだ。
全然その情報を知らず、お客さんが教えてくれたのだが、
見逃さずによかった。
アール・ブリュットのアーティスト。
あの書き込みのパワーは(パワーというとちょっと違う感じかも)何なんだろう。
印刷物のイメージより、色鉛筆の色合いがよろしく、
なんだかお茶目な感じもあり。
行ってほしい展示会だけど、残念ながら、明日まで。

民藝館の " 江戸期の民藝 " 展も明日まで。
アフリカモノの部屋も1部屋併設されてまして、
早くここで書いておくべきだったのだが。
とてもいいマスクが出ています。


ずっと前から思っているのだけど、
公式のインスタグラムを日本民藝館もやってほしいのですね。
民藝館の場合、メインの展示以外にも、
併設の部屋のもので、とてもいいものが展示されるし、
そういうのも、アピールできると思うのだ。
あと、飾られた花のしつらいだの、撮るところはいっぱいある。
若い入館者を増やすためにも、うまく利用できると思う。インスタグラム。
外国のミュージアムはうまく利用しています。
(日本ではミホミュージアアムはやっていますが、他ちょっとだけ。)

ぜひ、民藝館の関係者の方々にお願いしたい。




長くなりましたが、品紹介はこちら。


全くの初めてもの。
日本で見つけたものだが、どこのものかわかったところで、紹介です。

ロシアとフィンランドの国境あたりに、carelia という森林が広がる地域があるらしい。
全然知らなかった。
そこの人々による伝統的な刺繍布。


まずはアップから。

e0111789_10342805.jpg
e0111789_10342967.jpg

全体像はこんな。
とても薄い麻製。幅46cm に、長さ250cm と長い。
タペストリーか。はっきり用途はわからないが、
多分、セレモニー用に飾るのだろう。

e0111789_10342957.jpg

イニシャルがあるほうに、しみ、焼けが多い。
e0111789_10342878.jpg

刺繍部分の裏はこんな。
e0111789_10342931.jpg


端はこんな。レース?になっているのかな。ニードルレース?
染織の技法など得意なほうではありませんが、
なんか、ここもよくできてるな〜と感心なところ。

e0111789_10342927.jpg


ネットで探すと赤い色の刺繍ばかり。
これは、ブルーの色との合わせで、色落ちしたフェード具合もよく、
デザインもとてもセンスがいいと思う。

日本ではほとんど紹介がないと思う、ヨーロッパの伝統的手工芸のもの。
なんだか、とても貴重な気がします。




幅46cm 長さ250cm ¥18,000







by muntkidy | 2017-06-17 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 16日
とろとろのサカナくん


●突然で申し訳ありません。本日は午後6時半で閉店させていただきます。

●18日日曜日は、大江戸骨董市出店です。
お店は午後4時からの開店となります。


野際陽子が亡くなったというニュース。びっくりだ。
確か最近も話題のドラマに出てたはず。まだまだー若い風貌だった。
私たちの年代はキーハンターから。
とても、憧れる年のとり方でした。
ご冥福をお祈りいたします。



本日はこちら。


アンタイディーには珍しい、トロトロ真っ黒の自在鈎。

フォークアート的ユーモラスさのある彫刻に反応しました。

ずんぐり笑える体躯であります。

可愛いさのある古民藝。


e0111789_16360638.jpg


e0111789_16360697.jpg
e0111789_16360752.jpg

胸ビレの表現がまたなかなかなのだ。


e0111789_16360687.jpg
e0111789_16360505.jpg
e0111789_16375027.jpg
e0111789_16361033.jpg


幅17cm 奥行7cm 高さ9,5cm ¥23,000






by muntkidy | 2017-06-16 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 15日
モダンな民藝


●18日は大江戸骨董市に出店いたします。
お店は午後4時からの開店となります。




なんとモダンなフォルムなんだろう。
それでいて自然。


これを作った陶工のセンスに脱帽であります。


e0111789_09145731.jpg
e0111789_09270143.jpg

e0111789_09270169.jpg


細長頸の作りはもちろん
漆黒で艶のある飴釉の質感も、あまり和を感じさせない点か、

日本の大徳利と言うより、ヨーロッパのモダンデザインのボトルと言った風情。

でも、それにありがちないやったらしいところもなく、健やかな存在となっている。


e0111789_09270211.jpg
e0111789_09151438.jpg
e0111789_09151104.jpg


どこの焼き物がわかりません。
東北? どこなんだろう。
やっぱり瀬戸かな。



高さ23.5cm 胴径 約13cm (Sold) ありがとうござました。







by muntkidy | 2017-06-15 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 14日
アジアの民藝


●18日は大江戸骨董市に出店いたします。
お店は午後4時からの開店となります。




久しぶりにガツンと骨のあるアジアの民藝が手に入った。



インドネシアのチキンバスケット。


もうこんな仕事のものはなくなってしまった。
現地に行ってもない。

ポロっと日本の古物市場に出てくるのを待つしかない。
私は日本の古物市場には行かないので、なかなか出会う機会はないのだが、
これは嬉しい出会いだった。

20年ほど前にはまだ眼にしていたと思う。
でも、ここまでいい味わいの存在のものは、もっと以前に作られ、使われ、
その当時の眼のある人々により、日本にやってきたもの。
そして、長き時間を経て、また市場に出てきた。


ニワトリを運んだ籠。これはかなり大きめです。

力強く、堂々たるフォルム、古びた椰子の葉の味わい。

日々の暮らしに根付いた伝統的な形が用途を離れても
眼を楽しませてくれる存在になっていて、
これは貴重な民藝の逸品だと思っています。


e0111789_10124059.jpg
e0111789_10124109.jpg
e0111789_10124091.jpg
e0111789_10124055.jpg
e0111789_10124290.jpg
e0111789_10124154.jpg
e0111789_10124207.jpg


大事に持っておいて、次代に繋げていってほしい。




高さ 約46cm 幅 約47cm  (Sold) ありがとうござました。







by muntkidy | 2017-06-14 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 13日
火曜は定休日



今日は遠出して、佐倉の川村美術館に来ています。

東京駅から直行のバスで。
遠いんだよね。ここ。
ロスコ以来の6.7年ぶり。

ヴォルス展。

本人の写真。



e0111789_11380241.jpg

ちょちチンピラなイメージの写真が気に入り、来てみたのです。












by muntkidy | 2017-06-13 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 12日
赤瀬戸小皿


●18日日曜は大江戸骨董市に出店します。
お店は午後4時からの開店となります。


本日は月曜日、定休日となっております。


お品紹介はこちら。



素朴なヨーロッパのスリップウェアだと思ったのだ。
ポルトガルなんかのイメージ。

でも、日本のだよ! と。
赤瀬戸という説明だった。

瀬戸にはこんなのもあるんですね。
びっくりした雑器でした。

大きいと、この色はうるさいかと思いますが、
小皿だったら、オッケーでしょ。

なかなか可愛いのだ。

e0111789_16555851.jpg

e0111789_16481674.jpg
e0111789_16481629.jpg
e0111789_16481756.jpg
e0111789_16481593.jpg


やっぱり日本の焼き物は奥が深いです。

今日はこんなとこで。


約11cm x 9.5cm (Sold) ありがとうございました。








by muntkidy | 2017-06-12 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 11日
ガラスの器と思いきや


本日は午後1時からの開店となります。

●18日日曜日は大江戸骨董市に出店します。
お店は午後4時からの開店となります。



本日は昨日に引き続き、夏の食器を。




" ガラスの器と思いきや " というタイトルから、して。

多くの方々が、手に取り、失望の表情を浮かべた品。

来店して、目で確かめ、そして手に取り、同じように、驚いてほしいと思っている。

ここまで、言えば、素材は何だとわかろうものかと。



e0111789_13001147.jpg
e0111789_13001025.jpg
e0111789_13001103.jpg
e0111789_13001064.jpg

e0111789_13001078.jpg

素晴らしいデザインだと思うのだよ。


だが、しかも安いのに、売れないのだ。
モダンデザインの店に置かれていると、もっと高い値段で売れるよな。


プロダクトデザイン、ガラス作家の方々、参考品にいかがかと。



直径23.5cm 高さ8.5cm (Sold) ありがとうございました。






by muntkidy | 2017-06-11 12:00 | Comments(0)