<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 10日
ヴァーゲンフェルドのソーメン鉢


●明日は午後1時からの開店となります。



使ってみてわかる使いよさ。
見ただけでは扱おうとは思わなかった。

ドイツ、バウハウス、W.ヴァーゲンフェルド デザインのガラスの器。
あまり、知られていないデザインの品。

ごく普通のボウル形、地味目なアピール度なのだが、
なんともサイズ感がいいのだ。

私も使っていて、とても重宝してる。ちなみにこちら

もちろんサラダボールにでもなんでも。
ま、時節柄、ソーメン鉢とタイトルしてみたということで。

e0111789_10131762.jpg
e0111789_10132003.jpg

e0111789_10332192.jpg

デザインの感じがわからないかな。
アップめの写真。
外側に格子の切り込み。もちろん型ガラスです。

e0111789_10332196.jpg
e0111789_10332199.jpg

e0111789_10142464.jpg


2枚あります。
e0111789_10140360.jpg

プロダクト製品なので、2枚の差はさほどないが、
ガラスの色が微妙に違います。


上が少しアンバーっぽい感じ。
写真で写したほうです。

e0111789_10202096.jpg

下の白っぽい感じのほうには、窯キズ(ガラスものにも言うのか?)があります。
e0111789_10223002.jpg



さらに、小皿もある。
薬味入れなど、セットで使える。

e0111789_10234987.jpg
e0111789_10234867.jpg

こちらは実は3枚あり。

e0111789_10235068.jpg


セットで置くと。

e0111789_10332253.jpg

どれにもチップはありません。


1938年のデザインと書いてあった記事もあったが、実ははっきりしません。
資料がない。
で、これがいつ頃作られたものかというと、
やはり、50〜60年代って感じでしょうか。




鉢  直径21cm 高さ7.5cm (Sold)
小皿 直径14cm 高さ3cm  (Sold) ありがとうございました。






by muntkidy | 2017-06-10 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 09日
小品小皿


今日は午後4時までの営業です。
青花の会に行って来るだに。



本日はこちら。

雑器でも侮れない小皿を2点。御深井と古伊万里。

ちょっと上に置いてみた感じ。

e0111789_10304970.jpg
e0111789_10305169.jpg


右の御深井から。
ひだのある皿、小さすぎず、使いやすいサイズ。
1枚だけ見つけました。

e0111789_10314223.jpg
e0111789_10314227.jpg
e0111789_10314287.jpg
e0111789_10314106.jpg

古伊万里のほう。

以前、甘手の同じ形のものを紹介したことがあるが、
これは焼き締められ、ちゃんと磁器になっています。

ただ、普通の古伊万里よりうす緑っぽいところがミソ。
灰釉気味の色調を微妙に感じさせる、渋さのある白磁なのです。

e0111789_10314761.jpg
e0111789_10314796.jpg
e0111789_10314867.jpg
e0111789_10314808.jpg

真っ白しろより、陶器主体の食卓に、一枚入れ込んでも違和感がないと思う。



上に置いた象さんも。
なかなか可愛い磁器の象さん。瀬戸産ですかね。

e0111789_10433885.jpg


これは左右が違うところが面白い。撮影してて気がついた。

目の位置を変えてある。
多分、大人の象と子供の象を一緒に表現したのだと思う。

母子の象さん像なのである。
e0111789_10434179.jpg
e0111789_10434507.jpg

やはり日本の焼き物はいいですね。
小品にも見所のある品をちゃんと作ってきたんだな〜と思います。



御深井  直径12.7cm 高さ2.6cm (Sold)
古伊万里 直径10.1cm 高さ2.5cm (Sold)
象さん  高さ2.5cm 幅1.8cm (Sold) ありがとうございました。






by muntkidy | 2017-06-09 12:00 | Comments(1)
2017年 06月 08日
ひょうけた彫像

●明日金曜日は午後4時で閉店させていただきます。

●18日は大江戸骨董市に出店いたします。




梅雨入りしたようですが、曇っています。





今日はアフリカン。お手軽な彫像を。


アダン族(と言われることが多くなった。
私が初めて知った時はガン族と聞いたものだったが。
どちらでも構わないので、アダン族にしておく。)



ポーズが可愛い。

ゲンコツの位置が違うが、
" どうもスイマセン " を思い出す人は、もう50代も後半以上だろう。

今の三平ではないよ。昔の三平ね。


e0111789_11274295.jpg
e0111789_11274395.jpg
e0111789_11274832.jpg
e0111789_11275163.jpg
e0111789_11274733.jpg



私はこのまっすぐな後ろ姿も気に入っている。





高さ18.2cm 幅6.5cm  ¥12,000 + tax




 


by muntkidy | 2017-06-08 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 07日
ロングネックボトル


●明後日、金曜日は午後4時で閉店させていただきます。

●18日は大江戸骨董市に出店いたします。




春の仕入れの品が残り少なくなってきたが、
まだここで、紹介していない品もある。




ロングネックボトル。けっこう迫力がある2本。

そして、並べていいバランスなのだ。

e0111789_10002091.jpg


長頸瓶のタイプ。ガラスの素材感が少々異なり、
色、透け感が違う点も一緒におきたい気分になる。
e0111789_10002367.jpg



背が高い方が、質感は雰囲気あり。
e0111789_10003020.jpg



でも首の長さや、肩の張り、口のぐりっと感、など、魅力ある骨格です。

e0111789_10041760.jpg

e0111789_10042119.jpg


低い方は、よりブラック。
e0111789_10003168.jpg

全体に艶豊かに、ぐっと迫って来る質感です。

首の捻りの筋がポイント。あまり、ない感じがします。
首の真ん中の細さもいいとこ。

e0111789_10071033.jpg
e0111789_10071309.jpg

底は似たような感じ。
これが背が低いほう。
e0111789_10085704.jpg

こちらはのっぽさんのほう。
e0111789_10085621.jpg

最初は別売りだったのだが、
ずっと置いていると、分かち難く、思えてきた。

細く、のっぽなビンだけに、
並べて、よりサマになる2本だと思う。

ペアで売ることにしました。


背高 高さ32.7cm 底径7.8cm
背低 高さ27.0cm 底径8.5cm  

(Sold) ありがとうございました。






by muntkidy | 2017-06-07 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 06日
火曜日は定休日


朝から上野に来ています。

ブリューゲル好きなもんで、バベルの塔です。

火曜、朝一でも、人いっぱいでした。


e0111789_11365026.jpg



ロッテルダムのボイマンス美術館は、とてもオススメな美術館。
中世のモノ、充実してます。





by muntkidy | 2017-06-06 12:00 | Comments(1)
2017年 06月 05日
象牙の淑女


本日は月曜日、定休日となっております。



昨日と変わって、ヨーロピアンな品をどうぞ。

ちょとアンタイディーらしくないかも。

象牙のマドモワゼル。
いや、幼き表情とはいえ、マダムを使うべきかの。
マダム ディボアール でございます。

日傘に使われていたという象牙の彫刻。


e0111789_10553416.jpg
e0111789_10544950.jpg
e0111789_10544948.jpg
e0111789_10544953.jpg


e0111789_10553474.jpg
e0111789_10544960.jpg
フランス 19世紀。


今日はこのあたりで。



台を含め、高さ9.8cm 幅3cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-06-05 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 04日
素直なお盆


昨日は入ってくる人が多いだけの日であった。
今日はどうかな。
来年からは出張を作ろうね。




さて、本日はこちら。

素直にグッドデザインのお盆を見つけた。
あざとさ丸でなしの、実に民藝のいい仕事。

e0111789_09593848.jpg



この後ろ姿がよろしいでしょ。

e0111789_09593826.jpg
e0111789_10041470.jpg


このお盆のポイントは、底の斜めのラインなのです。
カット具合が素晴らしい。
秀でた1枚となっていると思うのは私だけか。

e0111789_09593756.jpg
e0111789_09593877.jpg
真横から。
e0111789_09593950.jpg


もう1枚。こちらも素直さでは引けを取らず。

e0111789_10050485.jpg
e0111789_10050439.jpg
e0111789_10050478.jpg
e0111789_10050434.jpg


こちらの底は丸みを帯びたカット。
普通ですが、その変哲のなさがいいのです。
e0111789_10050313.jpg
e0111789_10050304.jpg



2枚を重ねて。

e0111789_10084864.jpg


大 直径35.7cm 高さ2.5cm (Sold)
小 直径29.1cm 高さ2.2cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-06-04 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 03日
拳のオブジェ


今日は朝から、阿佐ヶ谷まで、電車で1往復、自転車で1往復と、
やらかしてしまい、少々お疲れ気味。

本日の西荻、毎年恒例の茶散歩のイベント開かれる予定(明日まで)。
人出、多そうで、でも、アンタイディーはあまり関係なしなので、
居眠りでもしているやもしれぬ。




ということで、コチラ。サクッと軽く。



棒を握りしめ、固く結ばれた拳。

ドアノッカーではないと思うが、
何かに使われていたのもの。

錆びた様相に、小さきながら、存在感を持っています。



e0111789_10012884.jpg
e0111789_10012942.jpg
e0111789_10012850.jpg
e0111789_10012729.jpg
e0111789_10012892.jpg


イギリスのもの。


高さ6cm 幅(棒部分)6cm (Sold) ありがとうございました。








by muntkidy | 2017-06-03 12:00 | Comments(0)
2017年 06月 02日
ぺったりした皿


ぺったり平たい皿、2点。


キュノワとピューター。


e0111789_10210304.jpg

ご覧のとおり、キュノワのほうは、全く手擦れがない。
作りたてって、感じの風合いです。

ただ、欠けていたので、金の直しを。

直しが上がってきたので、紹介です。

e0111789_10212654.jpg
e0111789_10212677.jpg
e0111789_10212601.jpg

e0111789_10212525.jpg
e0111789_10212694.jpg


時代がないのが、ちょび残念な品であるのだが、
自分で使い込んでみたいという方にいかがかと、仕入れてみました。
サイズも小さいので、珍しいのですよん。

ぺったり感も、レアな1枚。

お値段は直し代ぐらいということなので、いかがでそうか。





ピューターのほうも、黒光りなしの
元色の質感のもの。

実際に食卓で使うには、このほうがオススメなのだ。

これもぺったり薄いので、フォルム気に入りであります。

e0111789_10270936.jpg
e0111789_10270968.jpg
e0111789_10270991.jpg
e0111789_10270956.jpg


2枚重ねた感じ。ぺったり感、魅力でしょ。

e0111789_10271256.jpg



キュノワ皿 直径19.5cm 高さ1.1cm  (Sold)
ピューター皿 直径24.4cm 高さ1.5cm  (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-06-02 12:00 | Comments(1)
2017年 06月 01日
朽ちた小像


水無月始まりました。
今月は18日の大江戸骨董市に出店いたします。


6月の初っぱなはこちら。


ドゴンの小像。
顔の判別付かず、もしかするとバンバラからもしれず。
マリ共和国からやってきたものです。

朽ち感、よろしく、くどさがないので、
日本の小宅には寄り添ってくれそうなトライバルアートです。

まずは、顔のアップ。

e0111789_10111310.jpg
e0111789_10110796.jpg


全体像は。

e0111789_10120578.jpg


e0111789_10110864.jpg
e0111789_10120470.jpg
e0111789_10120518.jpg
e0111789_10120467.jpg


ボディー部分、抽象的表現気味なとこも、私は好きなところです。
カクカクとして切り取っただけの感じで、うまく足や腕を表現しています。。

e0111789_10254941.jpg
e0111789_10121228.jpg
後ろ側。
e0111789_10120570.jpg

高さ18cmあまりと、とってもミニサイズ。

比べるべくもないですが、こちらの像。(下↓、特大ですが)
カレドニアのもの。
ちなみに、エスティメートで、12万ユーロ〜15万ユーロするんでっせ。

朽ち感は似たようなもんです。
e0111789_10121261.jpg



静かなアフリカン、ってことで。


代を含め、高さ19.0cm 台幅6cm ¥38,000







by muntkidy | 2017-06-01 12:00 | Comments(0)