<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2017年 07月 31日
楔 / くさび


スウェーデンの楔。

鉄の塊に文様。
意外に、オブジェとして飾れるかと。

日本のにも、同じような刻みの柄があるようだ。
たまたまなのか、世界共通なのか。

これには使い込んだ味があり、
鉄の持つ力強さがシンプルな形にも表れていると思う。


e0111789_10541953.jpg
e0111789_10551405.jpg
e0111789_10541860.jpg


e0111789_10541810.jpg
e0111789_10541823.jpg






高さ14.8cm 幅4.5cm 奥行3.7cm (Sold) ありがとうございました。










by muntkidy | 2017-07-31 12:00 | Comments(1)
2017年 07月 30日
北欧の花模様




可愛らしい花模様をスウェーデンから。

アンタイディーの雰囲気ではないかな、いや許せる花文様であります。


2個。



e0111789_13344190.jpg

貯金箱の右。

e0111789_13345908.jpg
e0111789_13350016.jpg
e0111789_13350135.jpg
e0111789_13350192.jpg
e0111789_13350191.jpg

1937年生まれ。

バックの鈍緑の色で、落ち着きがあるのだと思う。




左。

北欧ならではの曲げわっぱ、蓋のデザイン。

e0111789_13350144.jpg
e0111789_13350022.jpg
e0111789_13345984.jpg
e0111789_13350099.jpg

楚々とした、色合いがいいよな〜




右 高さ10cn 底径6.3cm ¥6,800
左 高さ5cm 幅10cm 奥行4.5cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-07-30 12:00 | Comments(0)
2017年 07月 29日
南米のタパ


初めてモノです。

タパ / 樹皮布 を伝統的に衣として作ってきたのは、
アフリカのピグミーの人々か、オセアニアの人々とばかり思っていたのだが、
他の地域にもあったのだった。

樹木があるところだったら、考えられることではありますね。


ということで、アマゾン。南米です。


ただはっきりした資料があるわけではない。

譲ってもらったディーラーも多分、だろう、、、という見解であり、
他のアメリカ大陸方面に強い知り合いのディーラーに聞いたら、
多分、ブラジルだろう、、ということだった。



南米にもタパがあるって、ぜんぜん知らなかったので、即ご購入です。

絵の面白さが第1。

e0111789_10162583.jpg
e0111789_10162724.jpg
e0111789_10162523.jpg
e0111789_10162681.jpg
e0111789_10162653.jpg
e0111789_10162621.jpg


けっこう厚みがあり、しっかりしています。

キースへリングの絵のようで、楽しい!





ちなみにネットで調べると、南米のタパもの、いくつか見つけました。
この感じですね。(写真拝借いたしました)



cubeo / クベオと読むのかな、アマゾンインディアンとか書かれています。

e0111789_10291443.jpg
e0111789_10291782.jpg






101cm x 41cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-07-29 12:00 | Comments(0)
2017年 07月 28日
薄ブルーの楕円皿


●本日は午後1時からの開店となっております。



本日は使える食器をどうぞ。

夏に涼しげに、ほんのりブルーに色づいたお皿です。

フィンランド アラビアの60〜70年代のもの。

e0111789_15145523.jpg

楕円の形も、ボールをひしゃげて、
自然に横に広がったような感じ。
あまりないかな。

e0111789_15145403.jpg
e0111789_15145573.jpg
e0111789_15145443.jpg


丸皿はケーキ皿サイズ。2枚あります。

e0111789_15145624.jpg
e0111789_15145648.jpg
e0111789_15145569.jpg





楕円 30.7cm x 23.3cm 高さ2.8cm ¥9,000
丸皿 直径17.1cm 高さ1.3cm 1枚 ¥3,000









by muntkidy | 2017-07-28 12:00 | Comments(1)
2017年 07月 27日
焦げ文様付きの曲げわっぱ


●明日は午後1時からの開店となります。




今回の仕入れでは、北欧民藝のピンのピンというものは見つからなかった。

時代のあるその類のものは、もう専門店か高級なアンティークショーに行かないと
手に入らないようになってきている。
そうすると、バカ高いのだな。

でも、使って楽しく、心に染み入る古道具としての優品はまだ見つかる。




そんな今回の曲げわっぱはこれ。

側面に素朴な文様。
線刻の部分に煤の焦げ。

何もなくてもいいのに、こんな意匠を施し、楽しむ。
北欧の庶民の素朴な暮らしを感じさせてくれます。

e0111789_14054439.jpg
e0111789_14054413.jpg
e0111789_14054365.jpg
e0111789_14054339.jpg
e0111789_14054205.jpg
e0111789_14054476.jpg
e0111789_14054370.jpg

保管箱として、うまく使ってほしい。





直径15~15.5cm 高さ9.3cm 内部内径13.2cm 高さ6.8cm (Sold) ありがとうございました。









by muntkidy | 2017-07-27 12:00 | Comments(0)
2017年 07月 26日
泡だらけのガラス


本日はヴィンテージの品。

ガラスを2点どうぞ。


e0111789_10245798.jpg



右のクリアなコブレット型のガラスは、カイフランク デザイン。
フィンランド、nuutajaruvi(ヌータヤルヴィ)というガラスメーカーでの作。


丸いボール部分とステムの直線の対比がデザインのミソですかね。

なんだか、ユーモラスさもあって、暖かみを感じさせるガラスとなっている。



e0111789_10253478.jpg
e0111789_10253512.jpg
e0111789_10253536.jpg
e0111789_10490213.jpg
ステムの部分も空洞になっています。
e0111789_10490231.jpg
e0111789_10490170.jpg
気泡の入り方がまた面白い。
ここは普通だが。
e0111789_10523493.jpg

こんなところも。わかるかな。
e0111789_10490151.jpg


底には、nuutajaruvi notsjo とハンドサイン。

e0111789_10253563.jpg






印象的な右の緑は、エリックホグランのガラス。

わざとらしくない可愛いフォルムと緑の色で、選んだものです。

エリックホグランファンの方でなくても、持てる品かと。

e0111789_10252487.jpg
e0111789_10252336.jpg
e0111789_10252412.jpg
e0111789_10252359.jpg

ポイントはやはり、この部分かな。
人の顔の型押しマーク。

e0111789_10252335.jpg


どちらの花生けにいいですが、置いておくだけでもいい感じ。

写真では右のコブレット型、色がクリアーなだけに、あまり主張してませんが、
形に存在感あります。






カイフランク  口内径10.5cm 胴径約14.5cm 高さ15.3cm (Sold)
エリックホグラン(緑)  底径7.0cm 高さ13.3cm       (Sold) ありがとうございました。 









by muntkidy | 2017-07-26 12:00 | Comments(0)
2017年 07月 25日
本日は火曜日


定休日となっております。
ゆっくり休養です。


写真はヘルシンキで行った国立博物館の展示会から。

フィンランドの先史時代の遺物。
溶けた氷河の下から発掘されたもの。

こんなん欲しい。



e0111789_10385138.jpg


e0111789_10385157.jpg



e0111789_10385142.jpg










by muntkidy | 2017-07-25 12:00 | Comments(2)
2017年 07月 24日
アフガンのお守り


アフガニスタンは民藝の宝庫だ。(というか、だったはず。)
今はどうなのだろう。
紛争の場になって久しく、もうだいぶ以前から行くのは危険な場所になっている。

そんなアフガニスタンの民藝が、ヘルシンキで手に入った。

なんとも心温まる品である。


なんなのだろう?

e0111789_11275448.jpg




山羊などの家畜につけるお守りらしい。

誰の羊かがわかるようにとの、目印でもあり、無事に生きますようにいうお守りでもある。

なんとも、人間の暖かい心根が表れた彫り。
壮大な作品よりも、こんなもののほうが心は癒されるんだな=



後ろの3点。

e0111789_11365106.jpg

左から。A。高さ10.3cm

人のようにも見える。
e0111789_11371415.jpg
e0111789_11371492.jpg

中。B。色が浅い。

H.9.4cm 

色の違うところがある。
ここは、中にお守りとしての文言(多分コーランの一部)が書かれた紙か何かが、
入っているらしい。

中を取り出したものを見せてくれた。(これではない)
e0111789_11374033.jpg
e0111789_11371381.jpg


右。C。 H.9.5cm
e0111789_11371439.jpg


取り出した後。
e0111789_11371512.jpg

小さい方から。
一番小さいこれは売約となっています。でも写真だけ。
e0111789_11405063.jpg

D。H.7cm 

これも私は好き。

e0111789_11405188.jpg
e0111789_11405077.jpg

後2点あります。

E  H.8cm
e0111789_11405155.jpg
e0111789_11404916.jpg
e0111789_11405146.jpg


小さい、立たないタイプ。F

長さ8cm

e0111789_11405272.jpg
e0111789_11405004.jpg


2個置きしたりすると、また可愛い。BとD.。

e0111789_11550133.jpg



全部(Sold) ありがとうございました。








by muntkidy | 2017-07-24 12:00 | Comments(0)
2017年 07月 23日
焦茶のカップ2点


フランスから、使えるマグカップを2点。

意外にあまりない品だと思う。



e0111789_10403678.jpg

左のキュノワール。

丸底で、取っ手付き。ありそうでない。

ちょうど使える大きさで、コーヒー飲みにいいです。

e0111789_10405919.jpg
e0111789_10405913.jpg
e0111789_10405957.jpg
e0111789_10410051.jpg
e0111789_10410010.jpg
e0111789_10410035.jpg

この底の雰囲気、なかなかいい。

キュノワールの良さは、中が柔らかさのある白で、
外が深みのある茶色の点。黒に近い焦茶のほうがより好ましい。
コーヒー色が映えるのです。





右は、かなりの焼きの甘さで、不思議感のある焼物。
素焼きっぽく、焼きが締まってない。
こんなのは見たことなかった。

釉が5分の4ぐらいまでで、その下が素地が出てるところも面白い点。

ラスター彩っぽい虹色の光沢が出ています。

e0111789_10471543.jpg
e0111789_10471578.jpg
e0111789_10471509.jpg
e0111789_10471574.jpg
e0111789_10471407.jpg
e0111789_10471447.jpg

実はこういうのの皿がもっと出てきてほしいのだけんど。







左(キュノワ)  直径10.4cm 高さ6.7cm  (Sold) ありがとうございました。
右(素焼きっぽい) 直径9.8cm  高さ9.1cm  ¥12,000






by muntkidy | 2017-07-23 12:00 | Comments(1)
2017年 07月 22日
今回は木皿1枚


スウェーデンに行ったのだから、
当地のものを紹介せねば、ね。


定番の木皿は今回は1枚だけ。

数はあるのだが、選べるのは少ないのだ。


e0111789_10031640.jpg
e0111789_10031506.jpg
e0111789_10031654.jpg
e0111789_10031659.jpg
e0111789_10031550.jpg
e0111789_10145489.jpg


これは虫喰い跡と、乾いた肌が魅力です。
もうお持ちの方が多いとは思いますが、
未だの方、どうぞ。


直径19cm 高さ1cm (Sold) ありがとうございました。





隣に置いた黒釉のお皿は直し後の紹介となります。


今回この平小皿3枚があって、とても嬉しかった。
この黒釉をずっと集めていたディーラーさん、
" きっと好きなものがあるよ " と
自宅のキッチンに連れて行ってくれました。感謝です。

2枚はSold となっています。↓

e0111789_10031527.jpg








by muntkidy | 2017-07-22 12:00 | Comments(0)