<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2017年 09月 30日
ショップサイン


ショップサインというもの、欧米のほうが断然と評価が高い。
お店の看板の類、古さのそうない、戦後のものでも、
絵柄の面白さで、けっこうなお値段が付いてくる。
(フォークアートの分野になります。)
日本人は古さを重要視しますので、
そう古くないものに、大枚は払えないってことになるわけですな。
買えない分野の1つです。


で、今日紹介のこれも、買うか迷った品。
う〜む、売れない値段になってしまう、といった感じだったのだが、
ないし面白いし、え〜いと決断、買ってきた。
半年前の仕入れですが、紹介も伸び伸びになっていたもの。



手です。

フランスの道案内用に作られたもの。
1930年代。


e0111789_10120821.jpg
e0111789_10120833.jpg

横向きにこちらです、って感じで、壁に取り付けられたものだろう。

e0111789_10120722.jpg
e0111789_10120877.jpg


手のアップ。

グレーのマニキュアがイマドキじゃないか、と笑った。
e0111789_10120784.jpg

シワの表現も笑えます。
e0111789_10120718.jpg

取り付けの鉄部品部分。
e0111789_10120858.jpg


遊び心のある品もうまく取り入れたいもんです。
お店のディスプレイなどに、いいかと。
うまく生かしてくれる人いないかしらん。




49cm x 13cm 厚み1cm (Sold) ありがとうございました。






by muntkidy | 2017-09-30 12:00 | Comments(0)
2017年 09月 29日
蓮弁の銀匙


ブランドの良さもあるが、
ブランドじゃなくっても美しいものはある。

そういうものを探し出してくる喜び。



今日はラオスからの銀の匙、シルバーのスプーンです。

打ち出しの銀。

美しいフォルムだと思う。蓮弁を思わせるボウルの形状。
とてもエレガントです。


銀の光沢をもう少し出すために磨こうかと思ったが、
まだそのまま、見つけた状態の黒いままにしている。


e0111789_10434629.jpg
e0111789_10434720.jpg
e0111789_10434782.jpg
e0111789_10434626.jpg
e0111789_10434697.jpg

持ち手部分の意匠。
打ち出しのドット文様。

e0111789_10434844.jpg
e0111789_10434727.jpg

ボウル部分の膨らみ、テクスチャーもなかなか。

e0111789_10434518.jpg


ラオスの上流の家庭で使われてきたものらしい。
19世紀と聞いています。



長さ13cm 幅3.8cm  (Sold) ありがとうございました。






by muntkidy | 2017-09-29 12:00 | Comments(0)
2017年 09月 28日
東北からの珍品


なんなんだ。
権力欲の塊の人により、ゴタゴタになって、しっかりすべきもう1党解体?
合流だって。おいおい。
Mのていたらく。
は〜どうなるんだろう。これからの日本の政治。



さてさて、本日はこちら。

一見、黒釉のお皿に見え、
なんと、漆が掛けられてるんです。

素材感も不思議。
甘めに焼いた陶器に漆?
指で弾いた音の感じがそれとも違うように思えて。
土物だけど、もしかしたら、焼かれていないのかもしれない。

e0111789_10260621.jpg
e0111789_10260761.jpg
e0111789_10260799.jpg

近めで。

右から。

e0111789_10264603.jpg
e0111789_10264678.jpg
e0111789_10264673.jpg


e0111789_10264516.jpg
e0111789_10264494.jpg
e0111789_10264781.jpg
e0111789_10264508.jpg
e0111789_10264419.jpg
e0111789_10264549.jpg


真ん中の1枚の裏、漆が掛かってないとこがあって、
そこアップ。
固めてあるだけのように思えて。

e0111789_10264682.jpg


金属に漆は見たことありましたが、
こんなのは初めてでした。

珍品っていうのだけにとどまらず、肌の感じもよく、いいお品だと思います。


直径13.7~13.9cm 高さ3.7~4.0cm (Sold) ありがとうございました。









by muntkidy | 2017-09-28 12:00 | Comments(0)
2017年 09月 27日
タパのバッグ

ピグミー ムブティの人々のタパ、
飾るために買っていただくのは、日本ではやはり難しいものありまして、
思い切ってバッグにしようと決断して、半年以上。

やっと出来上がってきました。

ジャ〜ン。


オリジナルのタパを使ったバッグなんて、世界にひとつ。多分。

2つとない、貴重なバッグであります。


柄だって、悪くないのさ。
数多くの中から、絵となるものを選んできてる1枚ですから。

2個作りました。


e0111789_09563614.jpg


まず大きいほうから。

典型的なムブティのコーム文様、1枚を丸々使っています。

e0111789_09563668.jpg


e0111789_09563512.jpg

反対側まで足りないところは同じ系統色の硬い麻の生地。

e0111789_09563837.jpg

その麻の生地、日本の軍もののデッドストックで、内布にも使っています。
かなりの丈夫さがある。

男の人でもカッコいい気がします。


中には3つのポケット。
e0111789_09563682.jpg





一方、小さい方はデザイン重視、あまり多くは入らないサイドバッグ。
ぺったりと薄い作り。マチはありません。
ipad なんかは入りますね。

台形型にカットした形と、柄がうまくマッチしてると思う。

e0111789_09563723.jpg
e0111789_09563548.jpg

これはポケット1個。
e0111789_09563716.jpg


もった感じの写真を見てもらいましょう。

大きい方は肩から、ショルダーバッグに。どんと持てます。

e0111789_10064287.jpg


小さいほうは、携帯、財布ぐらいか。

e0111789_09563784.jpg


いないよ。こんなバッグ下げてる人。
わかる人にはわかるレアなバッグ。

てな具合。





大 マチ幅14cm 開口部幅50cm (Sold) ありがとうございました。
小 底幅39cm 口幅42cm ¥23,000 






by muntkidy | 2017-09-27 12:00 | Comments(0)
2017年 09月 26日
本日は、
火曜日、定休日となっています。

久しぶりに店内のカット一枚。

e0111789_11351662.jpg



by muntkidy | 2017-09-26 12:00 | Comments(0)
2017年 09月 25日
干支の占い棒


本日は月曜日、定休日となっております。


ヤオ族のシャーマンが使う、占い棒。


ボーンに、干支の絵が彫り込まれています。
中国側に住んでるヤオ族のもの。


e0111789_15500387.jpg

アップでいきましょう。


陰陽のマークから、子/ネズミ、丑/ウシ、寅/トラ

e0111789_15500316.jpg

下に行って、

卯/ウサギ、辰/タツ、巳/ヘビ
e0111789_15500199.jpg

裏返して、

午/ウマ、未年/ヒツジ、申/サル

e0111789_15500287.jpg

続いて、

酉/トリ、戌/イヌ、亥/イノシシ
e0111789_15500282.jpg


ちなみに来年は戌年。
これが犬なのかな?ロングヘアーでありますね。
e0111789_15500173.jpg


売れない買値だな〜と思いつつ、貴重なので、手に入れてきましたよん。



18,8cm x 2,2cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2017-09-25 12:00 | Comments(0)
2017年 09月 24日
大江戸骨董市
出店中です。

お散歩日和。

どうぞおいで下さいませ。

e0111789_09094931.jpg



by muntkidy | 2017-09-24 09:08 | Comments(0)
2017年 09月 23日
プリーツのスカート


明日は臨時開催の大江戸骨董市に出店いたします。
お店は午後4時からの開店となります。



北タイに住むモン族の藍のプリーツスカート。
素材はヘンプ。

子供用で短い、ショート丈。
だからこそ、
パンツの上にうまく着こなせそうな気がする。


うまく、ほんとオサレに身につけてもらいたいと思って買ってきた。
誰かいないかな〜

細身のパンツの上から、エプロンのように、腰に巻きつけて欲しいのだけど。




ブログではこの良さ、伝わりません。
明日の骨董市に持っていきます。



e0111789_14134440.jpg



藍の濃いほうから。

e0111789_14134625.jpg
e0111789_14134426.jpg
e0111789_14134572.jpg



薄いほう。


e0111789_14134566.jpg
e0111789_14134674.jpg
e0111789_14134480.jpg


丈26cm と 27cm ¥12,000 (濃いほうは売約済)










by muntkidy | 2017-09-23 12:00 | Comments(0)
2017年 09月 22日
端正なフォルム


あさって日曜日は、大江戸骨董市に出店いたします。
臨時開催です。知らない方も多いかもしれない。
どうぞ、お知らせ、広めて下さいませ。
お店は午後4時からの開店となります。




どちらも美しいフォルムの器を、タイから。


e0111789_18154422.jpg


素材感のいい、左から。
特にこちらは、建水にぴったりである。

タイ、スコタイ地域あたりから、発掘されてきている。

クメール地域発掘のものも多い、ブロンズ。
佐波理、佐張と言ったほうか聞こえはいいけど。

肌が地中で緑青を生み、いい味わいとなっています。

いろんな色調が混ざりあってて、魅力のある質感。

錆びていない深い碧っぽい色、緑青の薄グリーン、
こびりついた土の色など。
微妙にブルーになっているところも一箇所あって。

e0111789_18171420.jpg
e0111789_18171437.jpg
e0111789_18171417.jpg
e0111789_18171406.jpg



e0111789_18171539.jpg
e0111789_18171585.jpg



この後ろ側なんか、宇宙も見てるかのように気分にもなってくる。
e0111789_18171512.jpg
e0111789_18171698.jpg
少々厚みもあり、重みもあります。




右は托鉢器として、使われてきたもの。
素材は銅。

引く手あまたな鉄鉢ではありません。

そう古くもありませんが、
フォルムの美しさは変わらない。

ごくごく薄く、叩かれ作られている。


少し高さがあるので、これは建水よりも、花生けにおすすめしたい。


e0111789_18211498.jpg
e0111789_18211563.jpg
e0111789_18211620.jpg
e0111789_18211604.jpg
e0111789_18211534.jpg

ただ一箇所、ホールがある。
埋めること可能です。
e0111789_18211510.jpg

e0111789_18211668.jpg


左 ブロンズ 高さ6.8cm 口径17.2〜17.8cm  ¥18,000
右 銅 高さ9.9cm 口径14.7cm 胴径約17cm  ¥15,000






by muntkidy | 2017-09-22 12:00 | Comments(0)
2017年 09月 21日
ビルマのだるま


24日•日曜日は大江戸骨董市に出店いたします。
お店は午後4時からの開店です。



ミャンマーでも張り子のだるまが作られる。
ピッタインダウンと言われるらしい。
投げてもいつも起き上がるという意味だという。
起き上がりこぼしですね。

ちなみにタイにはない。



それを作るための型、モールドである。

5個あります。


e0111789_10505025.jpg
e0111789_10504992.jpg
e0111789_10504982.jpg
e0111789_10504963.jpg

このあたり、黒く塗って、古そうに見せて作っているのも多いが、
これはオリジナルに古いもの。

いい味肌で、顔がないとこがいいのです。


1個づつ。
右の小さいほうから。

A
e0111789_10505783.jpg

B(Sold)
e0111789_10505706.jpg




C(Sold)
e0111789_10505638.jpg




D (Sold)
e0111789_10505736.jpg



E (Sold)
e0111789_10505631.jpg



ちなみに、作られるペーパーマッシュのものは、絵付けなど、こんな感じ。
笑えますね。これはお寺のそばにある大きいタイプ。
(ヒゲはたまたまだけど、ほとんどは赤い彩色)

e0111789_11064066.jpeg


そう変わりはないと思いますが、好き好きに選んで下さいませ。
写真がざらついて写ってますが、もう少し、つるんとしています。


高さ9〜9.5cm 1個 ¥5,000











by muntkidy | 2017-09-21 12:00 | Comments(0)